ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 祝完走 祝リベンジ | メイン| 川内村で平成ラストラン »

2019年4月26日 (金)

祝ベスト サブフォー①

Dsc_2222

 昨年度(2018年4月~19年3月)のフルマラソンで自己ベストをマークした人の歩みや練習方法などを聞く連載「祝ベスト」を、今週から掲載します。第1回は9本目のフルで念願のサブフォーを達成した福地恒夫さん(62)=千葉県=です。

 大学時代は登山、社会人になってからは週1回のテニスを続けていた福地さん。13年6月に流山市に転居後、走り始めた。同年10月、流山ロードレースの10キロで初レースを迎え、55分41秒で完走。「若者や年配の方、いろんな人たちと一緒に自分も走れた。ここは晴れ舞台なんだ」と感動し、各地の大会に出場するようになった。
 16キロ、ハーフ、30キロと距離を延ばし、16年10月の水戸黄門漫遊が初フルとなり4時間10分40秒でゴール。翌11月のつくばにも出て、こちらは4時間12分49秒だった。両レースとも「35キロ以降は別世界。何てきついんだろう」と痛感。同時に「4時間を切りたい。でも1人で走っていては限界がある」と感じ、17年6月に地元のランニングクラブ・流山CJ(コミュニティ・ジョガーズ)に入会した。
 サブスリーを目指す30~40代、しっかり練習してサブフォーをキープする60~70代の会員の姿に刺激を受けた。「4時間を切るには月200キロの走り込み」「レース直前の30キロ走」など、ランナーに必要なテクニックも聞いた。多くの情報に接して人脈も広がったが、ここから福地さんの苦闘が始まる。
 18年2月の愛媛マラソンは4時間1分21秒。目標まであと一歩だったが、4月のかすみがうらはガス欠で同25分41秒、10月の水戸黄門漫遊は両ふくらはぎのけいれんで同23分4秒、11月のつくばは両太もものけいれんで同18分53秒に終わった。
 「こりゃダメだ」と落胆したものの、毎週水曜夜には都内の練習会に参加。トラックを使った1キロ4分30~50秒のインターバル走をこなしてきた。今年1月、9本目のフルとなった勝田全国では、けいれん対策として5キロごとに塩タブレット、20キロと30キロ地点でジェルを補給。1キロ5分台のイーブンペースを守り、ついに3時間58分46秒のサブフォーをゲットした。
 「つくばは塩タブレットを忘れて失敗。なかなか結果を出せなかったけど、流山CJにはお手本になる先輩が多く、目標を突破する力になりました」と福地さん。3月の羽生さわやか(ハーフ)では1時間45分21秒のベスト記録もマーク。63歳で迎える今季も、さらなる進化が期待できそうだ。

 写真=羽生を走り終え、ラン仲間と健闘をたたえ合う福地さん(中央右)

 ★「祝ベスト」次回は5月3日に掲載します

コメント

おかげ様で、第4回水戸黄門漫遊マラソンで、3時間55分27秒の自己ベスト更新しました。

おかげ様で、第4回水戸黄門漫遊マラソンで、3時間55分27秒の自己ベスト更新しました。

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.