ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 夜の丸の内 企業対抗リレー | メイン| 川崎国際EKIDEN「ハーフ」新設 »

2019年5月30日 (木)

祝ベスト サブスリー②

Photo

 「祝ベスト」最終回は、不本意な結果だった大会を冷静に分析し、再調整して臨んだ昨シーズン最終戦でサブスリーをゲットした小泉緑さん(30)=神奈川県=です。

 高い目標を掲げて仲間同士が切磋琢磨する「Breakthrough」(ブレイクスルー=限界突破の意味)に入会した昨年5月から、サブスリーを意識し始めた小泉さん。福岡国際(Aグループ2時間27分以内)、びわ湖(2時間30分以内)出場を目指す男性、東京エリート(2時間52分以内)資格取得が目標の女性と接して目を見張った。30代から50代までのメンバーたちが必死で走り込む姿に、「みんなの日ごろの意識や取り組み方を学べば、サブスリーも夢ではない」と思った。
 毎週土曜日は都内のトラックや公園を使ってのブレイクスルー練習会。ペース走などの設定タイムは各自で考え、終了後にはフェイスブックに「振り返りメール」を送る。仲間のメールには「意見やアドバイス」コメントが返信され、「目標へのプロセスをみんなで考え、全員でやっていこうというスタイルが刺激になった。きっかけやヒントをメンバーにもらい、最後は自分の力で考えていく癖がつきました」と小泉さんは振り返る。
 月に350キロほど走り込んで臨んだ昨年11月のつくばは3時間0分23秒。サブスリーまであと一歩だったが、「勇気がもてずギリギリのラインを狙い過ぎ。給水ができない所もあって後半、上げられなかった」と敗因を分析した。
 初出場となった今年1月の大阪国際女子は、直前に気管支炎にかかり3時間15分7秒。体調は最悪だったが、「次につながる展開でいこう。弱気になったつくばの反省を生かそう」と前半から飛ばした。後半は大きく失速したものの、無理は承知でテーマをもって走り切った。
 その翌日、「楽しく走って今シーズンを終えたい」と3月のソウル国際にエントリー。2月の走行距離は245キロに抑え、強度も落とした。疲労回復と自信を取り戻すことを最優先とした。
 初めての海外レースだったが、気負わずリラックスしてスタート。気温2~10度と走りやすい環境下、1キロ4分15秒前後のペースをキープした。道路幅が狭くなり、地元の人たちが熱い応援を繰り広げる30キロ付近では「おねえさん、カッコいいよ」という声援をもらった。気分よく2時間59分6秒でゴール。シーズン最終戦でサブスリーランナーになった。
 2012年に迎えた初フルは4時間52分だった小泉さん。「走り始めたころは、サブスリーなど夢にも思いませんでした。ただ、様々な仲間と知り合って、ここまでくることができた。新しい方と出会うことで自分の考えも変わる。ブレイクスルーでは改善とアクションの繰り返しで、これは仕事にも生かせてます。共に練習し、たくさん応援してくれた皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです」(終わり)

 写真=ソウル国際を走り終え、仲間と健闘をたたえ合う小泉さん(左から2人目。白いシャツ姿)

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.