ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 2019年6月 | メイン | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月 3日 (水)

サロマ湖ウルトラ 完走率上昇

2019

 第34回サロマ湖100kmウルトラマラソンが6月30日に開催され、100キロと50キロの部に出場した計3770人が北海道東部の北見市や湧別町、佐呂間町を駆け抜けました。
 100キロのスタート時(午前5時)は曇りで気温14.8度。11時以降は晴れて最高気温は24.8度(午後1時)まで達し、各給水所では「かぶり水」をする人が目立ちました。
 完走率は100キロが74.2%で50キロは87.1%。昨年に比べて100キロが1.6、50キロが4.2ポイント上昇しました。大会関係者はその結果を「風の吹く終盤のワッカは気温が低くなって走りやすかったはず。昨年のように気温が一気に下がることもなく、完走率を押し上げたのでは」と分析しています。
 
 写真=青空の下、ワッカを通過するランナー(大矢宏一さん提供)

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.