ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 荷物は軽く 宿舎で洗濯 | メイン| 暑いよ 日本一長い直線 »

2019年8月 7日 (水)

球児に負けない?熱闘レース

2019

 「TRANS・YEZO」(トランス・エゾ)は6日、第3ステージ(羽幌ー北竜、85.3キロ)を終えました。一行は朝4時に羽幌をスタートし、前日に続き日本海を右手に見ながらオロロンラインをひたすら南下。途中、北海道(北加伊道)の名付け親で探検家・松浦武四郎の像やにしん番屋などを通って50キロ先の留萌を目指しました。
 JR留萌本線は2年前、留萌―増毛間が廃線となり、現在は留萌駅が同線の終着駅。後半は、その留萌から約35キロ内陸に入って美葉牛峠を越え、ひまわりの里・北竜町がゴールです。早朝は曇りで涼しかったのに、すぐ蒸し暑くなって気温は28度まで上昇。午後3時を過ぎても26度までしか下がらず、ランナーを苦しめたようです。
 本日7日は第4ステージ(北竜ー栗山、87.7キロ)。北海道内陸部は30度前後まで気温が上がりそうで、今年は暑~いレースとなっています。

 写真=宗谷岬から200キロ地点を通過

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.