ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 仲間と思い出作り | メイン| 東京マラソン「狭き門」 »

2019年8月18日 (日)

風雨のフィナーレ

2019_17

 北海道を縦断する「TRANS・YEZO」(トランス・エゾ)は17日、第14ステージ(浜頓別~宗谷岬 60.7キロ)を終え、2週間の行程が閉幕しました。
 台風10号通過に伴う暴風雨の中、一行は浜頓別からひたすら北上。襟裳岬から500キロ地点を経て9キロ続く直線道路へ。オホーツク海沿いに出てからは砂浜を2キロ走る予定でしたが、海が荒れて波が高かったため砂浜は回避。初日の4日に通った宗谷丘陵を上り、眼下に見える日本最北端の宗谷岬を目指しました。
 今大会の制限時間内完走者は、宗谷岬と襟裳岬を往復する「アルティメイト・ジャーニー」(1102.4キロ)の田畠実さん=204時間13分=、襟裳岬から宗谷岬までの「toそうや」(556.4キロ)の根本孝寿さん=98時間8分=の2人。最終日は根本さんが先行してましたが、ゴール手前で田畠さんが追いつき一緒にゴールしました。

 写真=強風の宗谷岬に到着した参加者たち

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.