ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 秋晴れ 札幌マラソン | メイン

2019年10月 7日 (月)

ウルトラ女王の底力

Img_8854

 本日も6日に開催された札幌マラソン(報知新聞社など主催)をリポートします。走り始めると記録がぐんぐん伸び、あっという間に福岡国際や大阪国際女子などのトップ大会に出場するレベルに達する人がいます。その典型的なケースが女子ハーフの部を1時間18分7秒で制した藤澤舞さん(45)=エクセルAC=です。
 この日は序盤から独走。20~30代の選手に6分以上の大差をつける圧倒的な脚力を見せつけました。「前半は同じペースの男性についていった。後半はほぼ1人になったけど、河川敷の向かい風もなく走りやすかった。自己ベストに数秒届かず、ちょっと残念」と余裕十分でした。
 今年は連戦連勝の藤澤さん。フルマラソンは洞爺湖、千歳JAL国際、かすみがうら、函館を、ウルトラ100キロはサロマ湖で頂点に。得意の100キロでは世界大会に9回出場。来月はヨルダンで開催されるアジアオセアニア100キロ選手権に、10度目の日本代表として出場する予定です。
 中学校ではバレー部、高校ではテニス部に所属。2007年にダイエット目的で走り始めると、一気に才能が開花しました。現在は札幌市内の病院の非常勤職員として勤務。最近は週1回のスピード練習に取り組み、昨年の洞爺湖は2時間44分20秒で走りフルのベスト記録を更新しました。
 「ハーフは苦しいから苦手」と言いながら、先週は旭川ハーフマラソンを1時間19分26秒で優勝。159センチ、45キロのきゃしゃな体には途方もないスタミナが詰まっています。

 写真=女子ハーフの部を制した藤澤さん

コメント

コメントを投稿

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.