ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

« 2019年10月 | メイン

2019年11月

2019年11月26日 (火)

川越一丸 ランナー応援

Img_9119

 明日27日発売のスポーツ報知に掲載される「ランナーズ報知」は、24日に開催された小江戸川越ハーフマラソン(報知新聞社後援)を特集します。
 蔵造りの町や晩秋の田園地帯を駆け抜ける大会は記念の10回目。ハーフと10キロ、ファンラン(約4キロ)に約1万人がエントリーする人気大会となりましたが、川越が一丸となって盛り上げるお祭りのようなレースです。
 発着地点の水上公園では川越高応援団が大太鼓をたたいて魂のエール。ハーフの11キロ付近では鯨井中吹奏楽部がスキマスイッチの「全力少年」、テレビアニメ「忍たま乱太郎」の主題歌「勇気100%」の2曲を演奏し、運動部の生徒たちがハイタッチでランナーを激励しました。
 川越市内に工場をもつ特別協賛企業のサミーも応援で大会をバックアップ。約3.5キロ地点の蔵造りの通りでは応援団「セガサミールーターズ」の5人とチアリーダー2人が太鼓と声と手拍子で「フレーフレー川越」「ゴーゴー川越」と元気なパフォーマンスを披露しました=写真=。

2019年11月25日 (月)

雨中の小江戸川越ハーフ

Img_9170

 小江戸川越ハーフマラソン(報知新聞社後援)が24日に開催され、ハーフと10キロ、ファンラン(約4キロ)にエントリーした約1万人が江戸情緒が残る蔵造りの町や晩秋の田園地帯を駆け抜けました=写真=。朝から雨が降り続く天候となったものの、地元の中高生やボランティア、協賛企業が記念の第10回大会をバックアップ。熱い応援と心のこもった運営がランナーたちの背中を後押ししました。
 ハーフの部の完走コメントを紹介します。

 松尾 優祐(35=1時間30分53秒)「雨が降って後半は向かい風。ペースが上がらず目標の90分を切れなかった」
 高瀬真紀子(45=1時間45分8秒)「初めてAブロックからスタート。自然にペースが上がってしまい5キロで撃沈した」
 松田 博(61=2時間26分28秒)「家が近所で午前中に走り終わるので3年連続出場。雨は気にならず楽しかった」
 高橋 邦寛(51=2時間28分15秒)「初参加。雨でぬれるのは苦手で疲れた。中学生のブラスバンドが印象に残った」
 上原 恵里子(38=2時間35分42秒)「初ハーフ。1キロ7分~7分30秒ペースで走った。自分との闘いでした」(敬称略)

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.