ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

2019年3月 8日 (金)

80歳 連日20キロ走

Img_7930

 「元気な80代」最終回は17日の板橋Cityマラソンで今季ベストを狙う市田進さん(80)=東京都=。「もういいやと思ったらおしまい」と戒め、連日、20キロのジョギングを行っています。

 市田さんの1日は午前中が仕事で午後はランニングが中心。仕事は月に20日ほど近所の駐輪場で働き、レースの遠征費などを稼ぎます。その後、日没前に1キロ6分30秒前後のペースで20キロの走り込み。「瞬発力が落ちてきたから、ゆっくりジョギングを休まず継続する」ことを心がけ、月間走行距離は600キロ前後になるそうです。
 今季のフルマラソンの成績は11月の神戸が3時間58分59秒、12月の青島太平洋が同58分2秒、1月の勝田全国が同55分30秒。最終戦が今月17日の板橋Cityで、「少しずつタイムを上げてきたので板橋は52分台が目標。1キロ5分30秒ペースでどこまでいけるか。風がないとうれしいね」と、さらなる記録向上を狙ってます。
 還暦記念で初フルを経験。予想外に走れたことで練習を続け、64歳でベスト記録の3時間1分44秒(荒川、現板橋City)をマークした市田さん。日々のジョギングに加え、週1回の30~40キロ走とレースより速いペース走を課し、全日本マラソンランキングの上位が「定位置」に。しかし、加齢とともに練習メニューは変化。76歳の時、練習時に転倒して右肩を強打したことで体調不良となり、負荷の高いポイント練習はやめ、ゆっくりジョグ中心の内容に変えました。
 「年をとったという事実は受け入れるしかない。ただ『80歳になったからもういいやと』と思ったらおしまいだから、毎日の20キロ走に挑戦しています。レースではスピードがない分、突っ込めなくなったけど、20キロ走のおかげで前半と後半のタイムがほぼ同じになった。最近は整理運動もするようになって、次の日にダメージや疲れが残らないようにしています」
 156センチ、50キロの小柄な大ベテランの楽しみはビールと焼酎水割りの晩酌。今月末に81歳を迎え、来月は大好きなボストンマラソンに11回目の出場となります。昨年は大雨で強風という悪条件の中、4時間22分10秒で80歳以上の部で1位となり、今年のエントリー費が無料になりました。
 「ボストンはラン仲間3人と一緒に頑張ってきます。タイムの落ち込み幅を抑え、あと2年はサブフォーをキープすることが今後の目標。欲を言えば85歳まで4時間を切りたいなあ。ほかにやることもないから走り続けますよ」 =おわり=

 写真=近所の公園内を走る市田さん

2019年3月 6日 (水)

姉妹そろってサブスリー

2019

 本日も東京マラソン(3日)をリポートします。ランナーにはおなじみの福島姉妹がそろってサブスリーを達成。タレントの和可菜(36)=写真右=は2時間59分47秒、妹の舞さん(33)=同左=は2時間54分51秒と、冷たい雨を吹き飛ばすナイスランでした。
 ベスト記録が2時間57分51秒で芸能界最速女王と呼ばれる和可菜は「寒くて辛くて苦しかったけど、最高に楽しい42.195キロでした! 記録更新は逃しましたが人生3度目のサブスリー!! 今回はゼッケンも名前ということでランナーや沿道の皆様にたくさん声を掛けていただき、ありがとうございました!」
 見事に自己ベストを更新した舞さんは「雨で寒かったですが、応援が本当に力になりPBを更新できました! 目標タイム通りだったのもうれしいです。練習、調整もうまくいき、今回のマラソンが今まで走った中で1番楽しく余裕をもって走り切ることができました」
 和可菜は全国各地の大会ゲストに引っ張りだこ。舞さんはトレイルレースでも実力を発揮。函館市出身で、ともに元陸上自衛官のアスリート姉妹が輝いてました。

2019年3月 5日 (火)

仲間とバンザイ 感動ゴール

20192

 本日も東京マラソン(3日)からのリポートです。知的障がい者の奥泉健太郎さん(39)は伴走の舟橋潤さん(54)と4時間24分40秒でゴール。2人でしっかり準備し、当日は家族やラン仲間の声援に後押しされ、夢のフィニッシャーになりました。

 9回目の応募で、やっと出場権を得た奥泉さん。当初は父親の久雄さん(71)が伴走する予定でしたが、同じ横浜緑走友会のサブスリーランナー・舟橋さんが「大役」を引き受けました。舟橋さんも伴走は初めてだったため、1月から2人で走り込み。毎週、鶴見川のサイクリングロードで20~25走を繰り返し、本番での「共同作業」を確認してきたそうです。
 大会当日は舟橋さんが奥泉さんの斜め後方に待機。「健ちゃんがいつも視界に入るような所をキープし、臨機応変に動くつもりだった」と舟橋さん。ペースの上げ下げを指示し、給水や給食ポイントでは先回りして相棒に紙コップやバナナなどを手渡し。25キロ過ぎまで設定した1キロ5分30秒ペースで走り通しました。
 しかし、この日は氷雨で最高気温は6度台。奥泉さんも体力を消耗したようで、30キロ付近で左太もも裏側がけいれん。立ち止まってストレッチをする回数が増える中、34キロのJR田町駅前にいた横浜緑走友会のメンバーたちが「健ちゃん頑張れ~」と大声援。舟橋さんも前方に出て「みんなが応援してるよ。さあ、行こう」と励まし続けました=写真(舟橋さんは伴走者のビブス着用、奥泉さんは右側の緑のTシャツ姿)=。
 後半は1キロ7~8分台まで失速しましたが、奥泉さんは東京駅前の残り200メートルは足を引きずってラストスパート。舟橋さんとバンザイしてゴールゲートをくぐり抜けました。
 舟橋さんは「足が何度もつったのに、健ちゃん頑張った。僕も緊張したレースだった」。コースで見守った久雄さんは「健太郎は(15キロ地点の)浅草では楽しそうだった。田町ではもう、いっぱいいっぱい。よくやったよ」とホッとした表情でした。
 帰宅した健ちゃんは「疲れたけど楽しかった。舟橋さんに感謝したい」。目標タイムの3時間50分は遠かったものの、幸せな1日になったようです。

2019年3月 4日 (月)

雨の東京 それぞれの物語

Img_9605

 本日も3日に開催された第13回東京マラソンをリポートします。1日中、冷たい雨が降り続くあいにくの天候でしたが、完走した皆さんのコメントには喜びがあふれてました。

 【初出場の幸せ】
 黒瀬 秀樹(45=3時間9分34秒)「大会がキラキラしていて沿道の応援に力をもらった。ベストも出せて泣きました」
 五十嶋 初夫(55=3時間30分37秒)「函館から参加。スカイツリーはすごく高く、東京タワーに都会を感じたなあ」
 水口 忍(56=4時間31分57秒)「大阪から参加。スカイツリーと東京タワーが大きく、遠近感が狂いそうになった」

 【何度出ても感動】
 廣瀬 誠(51=2時間56分3秒)「50代の初フル。すぐ自分のペースになってサブスリーで走れて楽しかった」
 水落 豊(48=3時間0分45秒)「ボランティアさんの働き、エイドの充実、途切れない応援はいつも素晴らしい」
 與口 亜紀子(38=3時間3分5秒)「3時間を切れずレースとしては70点。でも、銀座ではテンションが上がった」
 衣笠 祐子(43=3時間5分32秒)「雨と寒さが試練になったけど、スカイツリーを見て銀座を走れて光栄でした」
 木本 義之(45=3時間33分54秒、阪神ユニで参加)「沿道からたくさん声援された。がむしゃらに走りました」
 景山 ひさよ(45=3時間35分49秒)「福岡から参加。浅草の雷門、スカイツリー、東京タワーの景色が好きです」
 小林 玲子(57=3時間53分6秒)「沖縄マラソンでの抽選に当たって参加。寒くて50分を切れずちょっと残念」
 藤原 祥子(45=4時間8分36秒)「雨と寒さのせいか空気がきれいに感じた。銀座の風景がクリアに見えました」
 牟田口 元(45=4時間19分48秒、巨人ユニで参加)「新コースを初めて走った。ほぼ坂がなくなってよかった」
 渡辺 秀二(70=4時間29分22秒)「歩かず走れた。東京は特別な大会で、出場した年は年賀状で報告してます」
 北岡 知子(46=4時間43分34秒)「雷門や東京タワー、増上寺など、東京ならではの景色をいつも楽しんでます」
(記録はネットタイム、敬称略)

 写真=浅草・雷門前を通過するランナー

2019年3月 3日 (日)

平成最後の東京マラソン

Img_9501

 第13回東京マラソンが3日に開催され、フルと10キロの部にエントリーした約3万8000人のランナーが雨中の都内を駆け抜けました。
 一般ランナーの抽選倍率は3年続けて12倍を突破。10万円を寄付して出場できる今回のチャリティー枠は申し込み開始から3日間で定員の4700人に達しました。難関をクリアしてやっと走れる「晴れ舞台」だけに、皆さん、誇らしげで真剣です。
 上の写真は7キロ付近の神保町を通過するランナー。靖国通りの片側4車線が使われてますが、見渡す限りランナーで埋めつくされていました。
 平成最後の「東京」を明日4日、5日もリポートします。

2019年2月27日 (水)

80歳 気力のサブフォー

20191

 「元気な80代」第7弾は、24日の世界遺産姫路城マラソンを3時間58分49秒で完走した中橋富雄さん(80)=奈良市=。今季3本目のフルでシーズンベストのサブフォーを達成しました。

 昨年2月の愛媛マラソンを3時間49分14秒で完走後、11月の大阪は4時間3分54秒で「初めて4時間を切れなかった」とショックを受けた中橋さん。12月の奈良も4時間33分16秒と低迷し、その突破口として昨年末からハーフの大会に3回出場。11月のあいの土山を1時間52分50秒、今年1月の十津川温泉郷を1時間52分34秒、2月のいかるがの里・法隆寺を1時間45分44秒と次第に調子を上げ、24日の姫路城マラソンに臨みました。
 姫路城の目的は「サブフォー」。さらに、全日本マラソンランキング1位(17年度79歳=3時間47分4秒、大阪)を死守するため、「3時間45分」がターゲットに。そんな熱い「おじいちゃん」の背中を、ずっと追ってきたのが同じ奈良市民走ろう会の吉川泰子さん(60)。彼女も今季、故障が長引き姫路城が4時間切りのラストチャンスとなり、「おじいちゃんにも勝ちたい」と闘志を燃やしてました。
 姫路城での師弟対決は、中盤まで中橋さんが先行。29キロ過ぎで吉川さんが追いつき「じいちゃん来たよ。行くよ」と声をかけると中橋さんが再びリード。34キロ付近で歩き出した師をとらえた弟子は「これ飲んで追いかけてきて」とジェルを手渡し。「敵に塩を送って先に行きよった」と嘆く師を一気に引き離し、弟子は3時間54分20秒でゴールしました。
 右アキレス腱、ふくらはぎを痛めていた中橋さんは、40キロ地点でペーサーが引っ張るサブフォー集団に抜かれて「これはいかん」。残り2.195キロを12分18秒で盛り返し、3時間58分49秒でフィニッシュできました。
 54歳の時、単身赴任先の愛媛・松山市でダイエット目的でランニング開始。57歳でトライアスロンも始めて心肺機能を高め、64歳でマークした3時間4秒がベスト記録に。73歳で腎臓がんが見つかり腎臓一つを、75歳で胃がんを発症して胃の3分の2を摘出。それでも「腎臓は二つ、胃は3分の1が残ってる。体重が減ってよかった」と前向きにとらえ、いつでも最善を尽くすのが中橋流です。
 毎朝、6時からの7~8キロのジョギングが日課。春からは夕方も走り込んでマスターズ陸上に挑み、秋以降のフルマラソンに備えます。「今回は吉川に抜かれたけど、また背中を見せたる。今年以上の成績が来季の目標ですわ」。奈良のおじいちゃんはバリバリの現役です。

 写真=姫路城マラソンに出場した中橋さん(右から2人目。左端が吉川さん)

2019年2月25日 (月)

7・7函館 イカとビールで乾杯

2

 7月7日に開催される「2019函館マラソン」のエントリーが本日25日21時から始まります。函館は楽しく・おいしく・走りがいのある「イチ押し」大会です。
 メインのフルの部は津軽海峡や函館山、赤レンガ倉庫群などを望めます。エイドステーションには漁り火がごめ丼、はこだて冷やし塩ラーメン、チーズオムレットなどの名産がズラリ。フィニッシュ後の「おもてなしフェスタ」も好評で、昨年は函館牛乳、がごめみそ汁、イカめしなどが振る舞われました。
 旅人をもてなすロケーションと運営は満点。津軽海峡からの風が厳しい年もありますが、イカとビールで函館アフターを満喫しませんか。
 詳細は下記の通りです。
  
 ・種目   フル ハーフ(ともに定員4000人)
 ・スタート フル=9時10分 ハーフ=9時
 ・参加資格 フル=5時間30分以内で完走 ハーフ=3時間以内で完走
 ・参加費  フル=9000円 ハーフ=5000円
 ・申し込み 2月25日~4月19日(定員になり次第、締め切り)
       ランネット、JTBスポーツステーション(宿泊付き)
 ・大会HP https://hakodate-marathon.jp/

 写真=赤レンガ倉庫前を通過するランナー。愛媛県から参加した新婚さんはタキシード&ウェディングドレスでフルの部を完走した(昨年の大会)

2019年2月19日 (火)

青梅 おいしいビールで乾杯

Img_7854

 明日20日のスポーツ報知(東京本社版)「ランナーズ報知」は、17日に開催された第53回青梅マラソン(報知新聞社など主催)を特集しています。
 メイン企画では静岡市のランニングクラブ「静岡走ろう会」をクローズアップ。1975年に発足した同会は、これまで青梅マラソンのバスツアーを約40回実施しており、ベストを尽くして大会を楽しむ「特別な1日」を追いかけました。
 青梅市役所駐車場では今年もグルメフェスティバルが開催され、青梅麦酒VEPAR、奥多摩のVARTERE(バテレ)、福生の石川酒造TOKYOクラフトビール、天王洲T.Y.HARBOR BREWERが出店した「クラフトビールフェア」が大人気。10キロの部をそろって完走したチーム「おば3」の皆さんは即、おいしいビールで祝杯をあげてました=写真=。

2019年2月18日 (月)

青梅30キロ フル向けガチ走り

Img_7879

 本日も17日に開催された第53回青梅マラソン(報知新聞社など主催)をリポートします。
 上の写真は1万3178人が出場した30キロの部のスタート直後の様子。フルマラソンに向けた「練習」とするなら、30キロはより実践的です。完走された方のコメントを紹介します。

 清水和典(57=1時間59分51秒)「初参加。下ってからの平坦が長かった。マスターズの埼玉県記録を更新できました」
 佐々木寿子(49=2時間2分52秒、40歳代1位)「前半の上りを頑張れば後半が楽。来月の名古屋ウィメンズで3時間を切りたい」
 野口直樹(49=2時間13分51秒)「最近は56歳の会社のライバルと同じ大会で勝負。今日は僕が勝って2勝3敗になった」
 岩瀬友香(43=2時間18分56秒)「4年連続の参加。今回は調子が良くてベストを15分更新でき、びっくりしました」
 松崎ゆき子(62=2時間35分8秒)「ここのアップダウンで頑張るとフルが楽になる。来月の東京は3時間40分を切りたい」
 柴田実奈子(57=2時間38分47秒)「去年と同じぐらいのタイム。上りがあって下りもあるのが青梅の好きな所です」
 西尾文宏(60=3時間14分42秒)「沿道の途切れない応援がうれしい。最後の5キロを気持ちよく楽しく走れるのが最高」
 木村亜紀子(48=3時間18分25秒)「初参加。景色に応援、エイドが素敵。私設エイドで食べたみかんがおいしかった」
 井上敦史(33=3時間41分32秒)「目標は3時間半だったけど…。練習不足で足が動かず、上りは歩いてしまった」(敬称略)

2019年2月17日 (日)

青梅 53回の伝統

Img_7831

 第53回青梅マラソン(報知新聞社など主催)が17日に開催され、30キロと10キロの部にエントリーした約1万9000人のランナーが青梅路を駆け抜けました、
 1967年に始まり半世紀を超えた大会には「伝統」が詰まってます。スタート直後、ランナーが耳にするのはJ R青梅駅近くのCDショップから大音量で流れる松村和子の「帰ってこいよ」、奥多摩の山と川が織りなす美しい景観、次第にきつくなるアップダウン、疲労がたまる後半に一息つける私設エイドの多さ。大都会・東京とは思えない豊かな自然とちょっと懐かしい雰囲気が、リピーターが増える要因でしょうか。
 さて、今年はどんなドラマが待っているのか。18日、19日も青梅からリポートします。

 写真=東青梅駅付近を通過する10キロの部のランナー

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.