ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

紙面紹介

2019年1月15日 (火)

人生変えた「60キロ減量」

Img_0258

 明日16日のスポーツ報知(東京本社版)は、13日に東京・荒川河川敷で開催されたハイテクハーフマラソン(報知新聞社後援)を特集します。
 メイン企画ではハーフの部を好タイムで完走した安岡昌彦さん(59)と山﨑絵里子さん(32)をクローズアップ。安岡さんは約60キロの減量に成功してサブ3.5を、山﨑さんは難病を克服してサブ3を達成したランナーです。
 上の写真はバブルの時代、毎晩、ドンチャン騒ぎを続けた結果、体重120キロに達した安岡さんの姿。糖尿病に痛風も併発し、医師から「やせないと死にます」と怒られ、ダイエットを決意したそうです。
 明日の紙面では安岡さんと山﨑さんが難局を乗り越えた後、ランニングと出会って人生が変わった「STORY」を紹介。どうぞ、お楽しみ下さい。

2018年12月19日 (水)

ハンデに負けない物語

Img_5920

 明日20日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、16日に開催された「神宮外苑チャレンジフェスティバル 第36回JBMAユニファイドラン」をドーンと掲載します。
 メイン企画では10キロ視覚障がいの部に出場した2人をクローズアップ。林かよみさん(61)=大阪府=は女子視覚障がい者で最速の51分1秒で、岩井正孝さん(60代)=東京都=はゆっくり1時間22分43秒で完走しました。
 林さんは23日の加古川マラソンが勝負レース。昨年、同大会でマークした3時間41分41秒を更新しての自己ベスト達成が目標です。岩井さんは体調がすぐれない中、月4~5回は伴走者と走り、週1回はスポーツジムのランニングマシンを使っての早歩きなどで体力をキープしてきました。
 生まれつき全盲の林さん、途中失明の岩井さんの「ドラマ」にご期待下さい。

 写真=伴走者と息の合った走りを見せた林さん(中央、ゼッケン907)

2018年12月13日 (木)

さいたま&湘南 同時掲載

Img_5382

 明日14日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、第4回さいたま国際マラソン(9日)と第13回湘南国際マラソン(2日)の熱闘を掲載します。
 さいたま国際は急死した仲間のため、代表チャレンジャーの部で全力を尽くした刀水アスリートクラブ(埼玉・越谷市)を、湘南国際は「エコ・ランナー」としてコース上のゴミを拾いながらマナー向上を呼び掛けた浦安ランナーズクラブ(千葉・浦安市)をクローズアップしてます。
 両大会フルの部で、自己ベストをマークした方のコメントも掲載。ご期待下さい。

 写真=浦和駒場スタジアム付近を通過するさいたま国際マラソンのランナー

2018年11月27日 (火)

120店が「ランナー応援店」

Img_4739

 明日28日のスポーツ報知「ランナーズ報知」は、25日に開催された小江戸川越ハーフマラソン(埼玉・川越市)を見開きワイド紙面で特集します。
 25日は、つくば、富士山、大阪という大きなフルマラソンが行われました。小江戸川越はこの3大会に規模では劣りますが、熱気では負けてません。川越市内には江戸情緒が残る蔵造りの街並みに加え、個性的な居酒屋もたくさんあって「アフター」を楽しむには最適の町なのです。
 毎年、大会前日から3日間、市内の飲食、製菓店など120店が「ランナー応援店」として、生ビール1杯サービスやお買い上げ金額の5%割引などの特典を用意。500円割引券を進呈する「居酒屋ビッグ」本川越店、同本川越駅前店、同川越駅前店は大会当日、正午に開店。本川越店は午後1時前に満席となって、夕方までランナーたちの打ち上げが続いてました=写真=。

2018年11月15日 (木)

銭湯の魅力

Img_3649

 明日16日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、ランナーに好評な東京都内の銭湯を紹介します。
 湯船にゆっくりつかることで疲労が回復し、都内の銭湯なら入浴料460円でランニングステーションと同じ荷物預かりサービなどが受けられます。ランステの使用料は1000円前後ですから、銭湯はけっこうお得なんです。
 現在、都内の銭湯数は540。最盛期の1800(昭和43年)から大幅に減り、家庭の98%にお風呂がある状況ですが、近藤和幸・全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会理事長(東京・大田区で『はすぬま温泉』経営)によると「各店とも経営は成り立ってます。家にお風呂のある1人暮らしのお年寄りがおしゃべり目的で来店したり、親と一緒に来た子どもたちは昔ながらの銭湯文化に触れられる。最近はランナーさんが増えており、銭湯のニーズが多様化してますよ」とか。
    
 写真=青い薬湯を入れ開店準備が進む薬師湯(墨田区)

2018年11月 1日 (木)

幸せ横浜 ウェディングラン

Img_3410

 明日2日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、先月28日に開催された横浜マラソン特集です。
 フルマラソンと7分の1フルマラソン(6.0278キロ)、車いすの7分の1フルマラソンと2キロの部を合わせて過去最多の2万7824人が出場。昨年は台風の影響で開催中止となり、多くのランナーが「2年分」の思いをもって走ったようです。
 大会1週間前に結婚式を挙げたS夫妻は、タキシードとウェディングドレスの仮装で完走。沿道で応援する人、周りのランナーから何度も「おめでとう」と祝福されたそうです。「一緒に走れてよかった」という新婚さんの写真が、明日の紙面を飾ってます。
 
 写真=ランナーで埋まった山下公園沿いの道路

2018年10月18日 (木)

ダート駅伝&金哲彦さん連載最終回

Img_3001

 明日19日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、13日に開催された第7回船橋競馬場ダートランニングフェスタ(千葉・船橋市)を取り上げてます。
 1周1250メートルのダートコースを1チーム5人以内で15周(第1走者のみ1400メートル、計約19キロ)する駅伝競走に、男子、男女混成の部を合わせ過去最多の204チーム、1020人が参加。競走馬専用の深さ9センチの砂にもがき苦しむレースは、船橋競馬場だけで体験できます。
 金哲彦さんの連載「フルへの準備」は今回が最終回。緊張して冷静さを失いがちなレース当日の対処法を紹介してます。
 ①オーバーペースは禁物。最初の5キロはウォーミングアップと割り切り、ゆっくり入ること②30キロ以降はペースを落として体と対話。猫背になっていないか、体の真下で着地しているか、つま先がまっすぐ踏み出せているかなど、基本をチェックする。金さんはこの2点を強調しています。
 
 写真=タスキの受け渡し。重いダートに消耗して立ち止まるランナーも(右側)

2018年10月 4日 (木)

シーズン目前 ガチ走り

Img_2379

 明日5日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、先月29日に埼玉・戸田市で開催された「GREEN PARKマラソン in 彩湖」を取り上げてます。今月の横浜、水戸、来月のつくば、大阪など、フルマラソンシーズンが近づき、ハーフの部の参加者は真剣そのもの。雨が降り続く中、設定したタイムやペースで追い込んでました。
 金哲彦さんの連載「フルへの準備」は4回目。今回は勝負レースに臨む1か月前の調整方法がテーマです。筋力を落とさないことと故障のリスク回避がポイントで、金さんのお勧めは4時間ほどのウォーキング。着地した足がちゃんと地面をとらえているか、骨盤より上の体幹の筋肉を使っているか、肩甲骨を後ろに引く腕振りができているかなど、ランニングにつながる正しいフォームで歩くことを強調しています。
 
 写真=彩湖の周回コースを飛ばすランナー

2018年9月20日 (木)

丹後ウルトラ 紙面で特集

Img_2191

 明日21日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、16日に開催された第18回歴史街道丹後100kmウルトラマラソン特集です。世界ジオパークに認定されている丹後半島の海岸線と七竜峠、碇高原の山間部を駆け抜ける関西屈指の人気大会の面白さ、タフさを取り上げてます。
 メインの100キロの部からは、2001年の第1回大会から続く連続完走数を「17」(昨年は台風の影響で開催中止)に伸ばした大阪府の男性(53)、70歳ながら11時間台でゴールした東京都の男性、初100キロの厳しい洗礼を受けた徳島県の女性(42)の奮闘ぶりをクローズアップしました。
 金哲彦さんの連載「フルへの準備」は3回目。11月のフルマラソンに向けた30キロ走、足裏のセルフマッサージなどの方法を解説してもらいました。
 
 写真=残り約20キロ。力走する100キロの部のランナー

2018年9月 6日 (木)

32回連続完走

Img_1427

 明日7日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、先月26日に札幌市で開催された北海道マラソンを特集します。
 1987年の第1回大会から連続完走するランナーは4人(男性3、女性1)。地元・石狩市の石崎千恵子さん(61)は今回、4時間23分19秒でゴールし、連続完走数を「32」に伸ばしました。30歳から厳しい夏フルに挑み続け、女性でただ1人、全大会を走り切ってきた「STORY」に迫ってます。
 なお、6日未明には北海道胆振地方を震源とする震度6~7の大きな地震が発生。被災したランナーも多く、心よりお見舞い申し上げます。

 写真=平岸通を下るランナー(6キロ過ぎ)

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.