ブログ報知

 スポーツ報知 |  ブログ一覧

紙面紹介

2019年7月30日 (火)

川内&野口 お笑い連携

Ps1ae8i0458_2

 明日31日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、20日に都内で開催された「トレーニング&コンディショニングセミナー2019 ~高機能食品がスポーツパフォーマンスを支える~」(報知新聞社主催)を見開き2ページで特集します。
 パネルディスカッションには(写真左から)プロランナーに転向した川内優輝(32)=あいおいニッセイ同和損保=、アテネ五輪の女子マラソン金メダリスト・野口みずきさん(41)、9月の東京五輪マラソン代表選考レースMGCに服部勇馬ら4人が出場するトヨタ自動車陸上長距離部・佐藤敏信監督(56)、日本陸連科学委員会委員長を務める日体大・杉田正明教授(53)ら4人が出席しました。
 昨年4月、雨中のボストンマラソンを2時間15分58秒で制した川内。その話になると「私にはゴールでぶっ倒れるというイメージがあるけど、ボストンは呼吸も余裕があって元気でピンピン。わけの分からない日本人(川内)が飛び出し、有力なケニアの選手がつられて追っかけて混乱しちゃった。集団のペースが上がって下がって体力消耗し、みんなが変になって私が勝ちました」と絶口調。場内に笑いと拍手が続く中、野口さんが「川内君、止まんない。タイムキーパーさんが青くなってるよ」と続け、さらなる爆笑を誘ってました。
  

2019年7月10日 (水)

函館マラソン 紙面で大特集

Img_8596

 明日11日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は7日に開催された函館マラソンを特集します。
 2016年にフルの部が新設後、人気が急上昇した函館マラソン。今回はフルとハーフの部に過去最多の計7436人が出場しました。「全国区」となったことで、各地からランナーが集結。明日の紙面では、遠方から来て大会をエンジョイした人たちを取り上げてます。
 大阪府の女性(40代)は航空券が取れず東海道・東北・北海道の3つの新幹線を乗り継いで参戦。福岡県の女性(70代)は左腕に各関門の閉鎖時間を書いてゴールを目指しました。津軽海峡を望む漁火通や赤レンガ倉庫を巡り、海鮮丼や冷やし塩ラーメンなどの地元グルメの給食を楽しむ観光地ならではの大会ですが、号砲が鳴ると皆さん、真剣でした。

 写真=ゴールしたランナーをハイタッチで祝福するボランティアの高校生

2019年5月14日 (火)

富士五湖ウルトラ 来年は30回大会

Img_7191

 明日15日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、先月21日に山梨・富士吉田市などで開催された「チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン」特集です。
 ここ3年間は天候に恵まれて富士山がクッキリ。ピンクの桜、赤紫のツツジも見ごろとなって、多くのランナーがスマホを向けてました。明日の紙面でも、そんな絵はがきのような写真をド~ンと掲載しております。
 1991年、出場者13人で始まったレースは来年、記念の第30回大会。企画・運営を担うランナーズ・ウエルネス社長で、日本テレビ系「24時間テレビ」のマラソントレーナーでおなじみの坂本雄次さん(71)は「私がサラリーマン時代に立ち上げたので、ずいぶん時間がたった気がします。競技運営面では富士吉田市陸上競技協会、ボランティア面ではいくつかの銀行など、地元の皆さまのご協力があってここまでこれた。5つの湖ごとに色や形が変わって見える富士山の姿を、今後もランナーに体感してもらいたい」と話してました。
 
 写真=残り約20キロ、富士山を見上げながら進むランナー

2019年3月12日 (火)

慶大応援指導部がエール

Img_9835

 明日13日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、10日に開催された立川シティハーフマラソンを特集します。
 併催の日本学生ハーフマラソン選手権に箱根駅伝を目指すトップ選手が集まるため、一般ランナーも彼らに引っ張られて「ガチ走り」になりがち。一方、元気な応援パフォーマーたちがコース上などに現れ、エンターテインメント性も満点です。
 上の写真は慶大応援指導部がスタート地点の陸上自衛隊立川駐屯地の滑走路で行った応援風景。神宮球場でおなじみの応援歌「若き血」などが演奏され、ランナーたちも手拍子で楽しみ気合を入れてました。
 このほか、創価大チアリーダー「パンサーズ」もエネルギッシュなダンスを披露。ステージではキャンディーズのコピーバンド「ハニー・キャンディー・トラッパーズ」が登場し、ヒット曲「年下の男の子」「ハートのエースが出てこない」などを熱唱して大受けでした。

2019年2月19日 (火)

青梅 おいしいビールで乾杯

Img_7854

 明日20日のスポーツ報知(東京本社版)「ランナーズ報知」は、17日に開催された第53回青梅マラソン(報知新聞社など主催)を特集しています。
 メイン企画では静岡市のランニングクラブ「静岡走ろう会」をクローズアップ。1975年に発足した同会は、これまで青梅マラソンのバスツアーを約40回実施しており、ベストを尽くして大会を楽しむ「特別な1日」を追いかけました。
 青梅市役所駐車場では今年もグルメフェスティバルが開催され、青梅麦酒VEPAR、奥多摩のVARTERE(バテレ)、福生の石川酒造TOKYOクラフトビール、天王洲T.Y.HARBOR BREWERが出店した「クラフトビールフェア」が大人気。10キロの部をそろって完走したチーム「おば3」の皆さんは即、おいしいビールで祝杯をあげてました=写真=。

2019年1月15日 (火)

人生変えた「60キロ減量」

Img_0258

 明日16日のスポーツ報知(東京本社版)は、13日に東京・荒川河川敷で開催されたハイテクハーフマラソン(報知新聞社後援)を特集します。
 メイン企画ではハーフの部を好タイムで完走した安岡昌彦さん(59)と山﨑絵里子さん(32)をクローズアップ。安岡さんは約60キロの減量に成功してサブ3.5を、山﨑さんは難病を克服してサブ3を達成したランナーです。
 上の写真はバブルの時代、毎晩、ドンチャン騒ぎを続けた結果、体重120キロに達した安岡さんの姿。糖尿病に痛風も併発し、医師から「やせないと死にます」と怒られ、ダイエットを決意したそうです。
 明日の紙面では安岡さんと山﨑さんが難局を乗り越えた後、ランニングと出会って人生が変わった「STORY」を紹介。どうぞ、お楽しみ下さい。

2018年12月19日 (水)

ハンデに負けない物語

Img_5920

 明日20日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、16日に開催された「神宮外苑チャレンジフェスティバル 第36回JBMAユニファイドラン」をドーンと掲載します。
 メイン企画では10キロ視覚障がいの部に出場した2人をクローズアップ。林かよみさん(61)=大阪府=は女子視覚障がい者で最速の51分1秒で、岩井正孝さん(60代)=東京都=はゆっくり1時間22分43秒で完走しました。
 林さんは23日の加古川マラソンが勝負レース。昨年、同大会でマークした3時間41分41秒を更新しての自己ベスト達成が目標です。岩井さんは体調がすぐれない中、月4~5回は伴走者と走り、週1回はスポーツジムのランニングマシンを使っての早歩きなどで体力をキープしてきました。
 生まれつき全盲の林さん、途中失明の岩井さんの「ドラマ」にご期待下さい。

 写真=伴走者と息の合った走りを見せた林さん(中央、ゼッケン907)

2018年12月13日 (木)

さいたま&湘南 同時掲載

Img_5382

 明日14日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、第4回さいたま国際マラソン(9日)と第13回湘南国際マラソン(2日)の熱闘を掲載します。
 さいたま国際は急死した仲間のため、代表チャレンジャーの部で全力を尽くした刀水アスリートクラブ(埼玉・越谷市)を、湘南国際は「エコ・ランナー」としてコース上のゴミを拾いながらマナー向上を呼び掛けた浦安ランナーズクラブ(千葉・浦安市)をクローズアップしてます。
 両大会フルの部で、自己ベストをマークした方のコメントも掲載。ご期待下さい。

 写真=浦和駒場スタジアム付近を通過するさいたま国際マラソンのランナー

2018年11月27日 (火)

120店が「ランナー応援店」

Img_4739

 明日28日のスポーツ報知「ランナーズ報知」は、25日に開催された小江戸川越ハーフマラソン(埼玉・川越市)を見開きワイド紙面で特集します。
 25日は、つくば、富士山、大阪という大きなフルマラソンが行われました。小江戸川越はこの3大会に規模では劣りますが、熱気では負けてません。川越市内には江戸情緒が残る蔵造りの街並みに加え、個性的な居酒屋もたくさんあって「アフター」を楽しむには最適の町なのです。
 毎年、大会前日から3日間、市内の飲食、製菓店など120店が「ランナー応援店」として、生ビール1杯サービスやお買い上げ金額の5%割引などの特典を用意。500円割引券を進呈する「居酒屋ビッグ」本川越店、同本川越駅前店、同川越駅前店は大会当日、正午に開店。本川越店は午後1時前に満席となって、夕方までランナーたちの打ち上げが続いてました=写真=。

2018年11月15日 (木)

銭湯の魅力

Img_3649

 明日16日のスポーツ報知「ランナーズ報知」(東京本社版)は、ランナーに好評な東京都内の銭湯を紹介します。
 湯船にゆっくりつかることで疲労が回復し、都内の銭湯なら入浴料460円でランニングステーションと同じ荷物預かりサービなどが受けられます。ランステの使用料は1000円前後ですから、銭湯はけっこうお得なんです。
 現在、都内の銭湯数は540。最盛期の1800(昭和43年)から大幅に減り、家庭の98%にお風呂がある状況ですが、近藤和幸・全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会理事長(東京・大田区で『はすぬま温泉』経営)によると「各店とも経営は成り立ってます。家にお風呂のある1人暮らしのお年寄りがおしゃべり目的で来店したり、親と一緒に来た子どもたちは昔ながらの銭湯文化に触れられる。最近はランナーさんが増えており、銭湯のニーズが多様化してますよ」とか。
    
 写真=青い薬湯を入れ開店準備が進む薬師湯(墨田区)

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.