ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月11日 (土)

とちあずま2

 夏場所を前に、スポーツ報知東日本版レジャー面で連載中の「酒の魚」でネタにした元大関・栃東の店を引用しておきます。

Img_8154

 大相撲夏場所(東京・両国国技館)が12日に初日を迎える。元大関・栃東の玉ノ井親方(36)の店へ、馬力(相撲用語で酒)をつけに行った。「ひものばー とちあずま」は、東京・足立区は西新井大師の参道、門前「華永路(はなようろ)」にある。入口の角の一等地で、店頭は干物の土産売場「まるとち」で、奥がひものばーだ。
 現在は日本相撲協会の副理事で、部屋持ち師匠の栃東も暇を見つけてたまに立ち寄る。協会幹部の親方には失礼ながら、現役時代に番記者を務めた私としては、この原稿では「栃東」で通したい。
 干物は栃東が現役時代に全国を巡って、うまいと思ったこだわりの魚を集めた。栃東は巡業では他の関取とは群れなかったが、地元スタッフとは積極的に交流していたっけ。鮮度勝負ではなく、干物で味わい深く、というのが玄人受けした栃東らしい。干物焼きは、高級魚のつぼ鯛(1600円、沼津など)が肉厚で食べごたえ十分。これは酒が進む。
 酒は栃東の兄で店主の志賀和昭さん(46)のこだわり品。コンビニのような大型冷蔵ショーケースに瓶ばかり何と約120種が並ぶ。「獺祭(だっさい)」の純米大吟醸50(1合900円)や「四万十川」の純米吟醸(同700円)を始め、ビール、洋酒、何でもある。1合瓶の地酒シリーズ15種(各700円)が楽しい。店内のレトロTVから流れる昭和の映像もいい。さすが“昭和”を逆さにした“和昭”店主だ。
 父で先代・玉ノ井親方(元関脇・初代栃東)の志賀駿男(はやお)さん(68)もふらりと現れた。うれしくて飲まずにいられない。先代の故郷・福島の酒「会津ほまれ」は、「特製つみれのチャンコ」(1人前1300円)によく合った。夜は店じまいが早い参道で、時間を気にせず午前0時まで飲める。あえて会話は書かないが、栃東とタイムトリップを楽しんだ。

 ◇ひものばー とちあずま 東京都足立区西新井1の5の9門前「華永路」内(TEL03・3857・1023)。東武鉄道「大師前」駅すぐ。開店は午後6時~12時。月曜定休。日曜と毎月21日(大師の日)は正午から開店(ランチあり)。

(2013年5月8日付スポーツ報知より、店情報データは当時のものです)

2013年5月 7日 (火)

とちあずま

以前、予告しました元大関・栃東の店を8日付スポーツ報知レジャー面(東日本版)で掲載します。

Img_8996

2013年5月 2日 (木)

夢と魔法の王国30年

Img_8790_2

 5月3日付スポーツ報知レジャー面(東日本版)は、マダコ釣り特集と毎週金曜掲載の「ディズニー報知」です。

  ディズニー報知は、東京ディズニーランドで7日に開幕する「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」の新グッズについて書きました。

 

 東京ディズニーリゾートは今年30周年を迎えました。「ディズニー報知」で過去に3回連載した「夢と魔法の王国30年」を再構成して、引用しましょう。


 1983年4月15日にグランドオープンした東京ディズニーランド(TDL)。翌16日の報知新聞の記事を振り返ってみると、こうある。
  ◇―――――――――――――――◇
 米国以外では初めてという東京ディズニーランドが15日朝オープンした。広さは後楽園球場の15倍、1日の収容人員約8万人の超大型レジャーランドの幕開けだ。本場とのそっくりぶりが見もので、園内は「冒険とロマンの世界」や「宇宙と未來の世界」など5つのテーマランドに分けられ、それぞれに乗り物やアトラクションが用意されるなど、内容は米国のものとほとんど同じ。
 入園料は大人2500円、小学生1500円。この日はあいにくの雨だったが、午前8時半の開門時間には家族連れや高校の修学旅行の団体客ら約300人が列を作り、開門30分で約3000人が入場した。
  ◇―――――――――――――――◇
 開園3年目の85年春に、電飾の夜間パレード「TDLエレクトリカルパレード」がスタートした。95年6月に終了すると発表されたときは、悲しんだものだが、2001年6月に「TDLエレクトリカルパレード・ドリームライツ」として復活、現在も伝統を引き継いでいる。
 JR京葉線の舞浜駅が開業したのは88年12月1日。それまではバス通いが中心で不便だった“夢と魔法の王国”が一気に近くなった。この年4月15日の開園5周年に「第2テーマパーク建設構想」が発表された。これが01年に東京ディズニーシー(TDS)として実現することになる。

  第2のパーク、TDSのグランドオープンは2001年9月4日で、一昨年に10周年を迎えたばかりだ。
 あくまでもTDLの30周年なのだが、運営するオリエンタルランド社は、2000年1月1日に「リゾート宣言」を行い、東京ディズニーリゾート(TDR)という名称を編み出した。そのおかげで、まだ11年半のTDSも今年30周年イベントを開催でき、30周年グッズを販売できるのだ。25周年の時も思ったが、まさに商売上手。ダッフィーのぬいぐるみも、1年前まで「10th」のロゴが入っていたのに、今回はいきなり「30th」のロゴ入りで売り出される。
 00年7月7日には、初のディズニーホテル「ディズニーアンバサダーホテル」、複合型商業施設「イクスピアリ」がオープン。01年3月1日には国内最大級のディズニーショップ「ボン・ヴォヤージュ」が開店し、TDRが形成されていった。
 TDSは、日本にしかないディズニーのテーマパーク。四方を海に囲まれた島国だけに、海は身近な存在として、受け入れられた。日本一夢のある港町といえる。浦安市民として、98年のTDS着工式から、突貫工事を見てきたが、ショベルカーでプロメテウス火山ができていく過程には感動した。いやいや、この世界では、火山は自然現象によって誕生したのであった。

 最近の10年で書いておかねばならないのは、2011年3月11日の東日本大震災だ。当時、仕事休みで、浦安市の自宅で被災した私は、震災直後のTDRへ行き、液状化したTDSの外周道路で、泥土に足を突っ込みながら写真を撮った。
 仕事を済ませると、TDLから避難してきたゲスト(客)を車に乗せて都内まで輸送した。翌日から開園以来初の休業が決まった。敷地内の液状化被害は駐車場の一部のみで、すぐに改修されたものの、浦安市が計画停電の対象になるなど、電力問題も重なり、再開は開園記念日の4月15日まで待つことに。同時にスタートした春のイベントはTDL「ディズニー・イースターワンダーランド」。見事な復活祭となった。
 TDLとTDSの2パーク合計の累計入園者数は今年3月終了時点で、5億6769万4000人と発表された。5億人を突破したのは2010年8月27日で、5億人目のゲストを祝うセレモニーが行われた。
 2012年度は両パーク合計の入園者数は、2750万2000人で、2008年度の2722万1000人を抜いて、過去最多となった。昨年度は、7月9日にオープンしたTDSのアトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」が人気を集め、初開催となったTDS春のイベント「ミッキーとダッフィーのスプリングヴォヤッジ」(今年も開催中)やTDL夏のイベント「ディズニー夏祭り」が好評を博したという。30周年企画が春から冬まで続く今年度は、さらに最多を更新することが予測される。そろそろ第3のパーク構想が聞こえてくるか。

(スポーツ報知2013年3月29日、4月5、12日掲載)

 

 

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.