ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« ビールはじっくり味わいましょう | メイン | 献杯・・・ »

2015年9月20日 (日)

冬ビアガーデンの挑戦

Ncm_0573 

 以前、コラムで紹介したことがある池袋の「東京とり日和~天空ビアガーデン~」に行きました。屋上ビアガーデンは、夏で燃え尽き9月に閉店が常識なので、様子を見に行ったのです。伊藤彰浩オーナーに聞くと10月以降、そして冬も継続を決めたそうです。冬メニューのおでん(盛り合わせ1500円)、牡蠣のガンガン焼(2000円)を試食しました。1人では食べきれない大盛りで、安い。下から注入するビアサーバー「トルネード」も健在で、フル稼働中でした。あとは防寒対策に期待したいところです。下記は6月の開幕時の記事です。参考までに。

Img_8890_2

 池袋で“秘境”ビアガーデンを見つけた。今月オープンした天空ビアガーデン。パチンコ店「楽園」の屋上(5階)に植物園のような緑が広がっていた。木のテーブルに床は人工芝。都会のビル街で、バーベキューの雰囲気が味わえるのだ。
 飲み放題は1980円(女性1800円)。ビアサーバーはアサヒスーパードライの「トルネード・ディズペンサー」=写真=。専用カップの下部に逆止弁があり、ノズル口に装着するとカップの下からビールが竜巻のように渦を巻いて湧き出てくる。プシューッという手応えが楽しいのだ。3年前の開発時に体験したことがあるが、イベント用だった。飲み放題のビアガーデンで注ぎ放題というのは貴重だ。今夏、話題の氷点下マイナス2度のブラックニッカ「フリージングハイボール」も飲み放題だ。
 本店は愛知の「とり日和」。「うちは酒の肴(さかな)ばかりを集めています」と伊藤彰浩社長(50)。とり三昧セット(モモ、セセリ、ナンコツ、ムネの焼き肉ほか2000円)など鶏がメーンだが、オリーブオイルとニンニクで鶏と魚介を煮込むアヒージョ(1500円)が気に入った。ムネ肉にイカとエビが融合して、いい海鮮だしが出ている。タコのマリネ(500円)もうまい。
 9月30日までの期間限定営業だが、「秋からちゃんこ鍋をやろうかな」と社長。相撲部屋と交渉中という。屋上の野外飲みも、ちゃんこと一緒なら冬でも楽しめるかもしれない。
 ◇東京とり日和~天空ビアガーデン~ 東京都豊島区南池袋1の24の5楽園タウン屋上(TEL070・2637・3235)。JR池袋駅東口徒歩2分。150席(雨天席50席)。営業時間は16時(土日祝14時)~23時。無休。

(2015年6月26日付スポーツ報知)

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.