ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 福寿で乾杯 | メイン | 記者も汗をかこう »

2016年1月 4日 (月)

開高健碑参拝

Ncm_0515


 帰阪して必ず立ち寄るのが、開高健文学記念碑です。実家の最寄り駅、近鉄「北田辺」駅に建てられています。

 北田辺は芥川賞作家・開高健氏が少年時代を過ごした町で、北田辺小学校の大先輩ということになります。記念碑には北田辺のことが書かれた「破れた繭」の一節が引用されています。川でフナやナマズを捕ったという述懐です。開高氏の金言はこのブログのコンセプトにもなっている「オーパ」の一節です。「一時間幸せになりたかったら酒を」「一生幸せになりたかったら釣りを」です。今年も時間を見つけて、酒と釣りの楽しさを伝えていきたいと記念碑に誓ったのでした。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.