ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« RENA | メイン | 夢の対決 »

2016年2月17日 (水)

土佐のカツオと日本酒

Ncm_0022

 銀座にある高知県アンテナショップ「まるごと高知」2階、TOSA DINING「おきゃく」で開かれた、高知県メディア情報交換会で、カツオの藁焼きたたきと純米酒「土佐鶴 土佐のおきゃく」を頂きました。

 たびたび出てくるキーワード「おきゃく」とは、酒を飲んで親交を深める宴会のこと。

4月に香南市で開催される「どろめ祭り」では、酒一升を大杯に注いで飲み干す早飲み大会があるそうです。優勝ラインは、12・5秒とか。救急車を待機させる「万全の体制」とは言うものの、適正飲酒の時代に、こんな儀式が県をあげて行われていることに驚きました。批判ではなく、あっぱれだ。
 サイコロのようなコマを回して、酒器と飲む人を決めて、一気飲みするゲーム「べく杯」や、逆さにしたおちょこを並べ、その一つに菊の花を入れておき、ロシアンルーレットのように順番に引き、当たった人は、空いているおちょこすべてに日本酒を注いで飲まないといけない「菊の花」など、お座敷遊びも、地元ではさかんのようです。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.