ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 筋肉食 | メイン | 月曜酒場 »

2016年3月13日 (日)

天海地

Ncm_0129

 大相撲春場所初日を前にちゃんこを食べに行きました。東京・江東区のちゃんこ「天海地(てんかいち)」(江東区牡丹2-10-1)。旧二子山部屋の元小結・浪之花こと、浪乃花教天(かずたか)店主の店です。

Ncm_0134

 同じ1969年生まれの同世代(浪乃花さんは早生まれ)ですが、私が大相撲担当になったのは97年初場所から、浪之花が引退したのが翌春場所初日。そのまま相撲協会を退職したため、ご縁がない存在でした。スポーツの番記者をしていると、気になっていても縁がないまま終わってしまう選手は多いもので、デスクになって余裕ができてから、訪ねて行っても、行方不明なんてこともあります。  ちゃんこ「天海地」は、移転しながらも20年近くも続けているからこそ、いろんな縁をつないでいるのでしょう。

Ncm_0124


 刺し身のセレクトもさすがで、3点盛りは(左から)シマアジ、マグロ、アイナメでした。
ちゃんこは、醬油、味噌、塩の3種(各1人前2916円)ですが、最近は塩が人気だとか(あるバラエティー番組でも優勝しましたが、この話はまた別の機会で)。
 浪乃花さんは、佐渡ヶ嶽親方(元関脇・琴ノ若)と初土俵同期ということで、大関・琴奨菊の綱取りを願っているそうです。春場所とともに店も盛り上がることでしょう。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.