ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

【プロレス】大仁田が10月に還暦電流爆破デスマッチ「もう引退という言葉は使えません」旧川崎球場で最後の花道

 元参院議員でプロレスラーの大仁田厚(59)が29日、都内で記者会見を開き、還暦を迎える来年10月に“引退”興行「さよなら大仁田、さよなら電流爆破」を開催することを発表した。会場は、1995年5月5日に「引退試合」を行った旧・川崎球場の富士通スタジアム川崎と交渉中であることを明かした。
 「今年で43年目になりますが、引退という言葉をあまりにも使いすぎて、ウソだとか、詐欺だとかいろいろ言われて申し訳なく思ってます。これが限界だなと思って(辞めて)も、プロレスが大好きなもんですから、それを繰り返してきましたが、来年60歳の還暦で自分の中でけじめをつけます」と決意を語った。
 会見に先立ち、富士通スタジアムを訪れたという。95年の引退試合は5万8250人の球場最多の観客動員を記録したことで、プロ野球の張本勲氏、王貞治氏と並んで、記念ブースができていたという。開催日は、誕生日の10月25日を希望しているが、アメリカンフットボールやサッカーとの兼ね合いで現時点では未定。
 最終興行は、ファイーヤープロレス、ZERO1、FMW、全日本プロレスなどの協力で「さよなら大仁田実行委員会」を結成する。試合形式は代名詞のノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ。対戦相手には、初代タイガーマスク(佐山サトル、58)、柔道王・小川直也(48)、元横綱・曙(47)の名前を挙げた。27日に同期の渕正信(62)と獲得した第100代アジアタッグ王座も「巻き続けたい」と言い、全国ツアーだけにとどまらず、米国で電流爆破デスマッチを開催する夢も語った。

2016年11月28日 (月)

昭和の全日本プロレス

Img_7684

 全日本プロレスの両国国技館大会を取材しました。10月に昭和の新日本プロレスが蘇る日というイベントを取材しましたが、今回はまさに昭和の全日本プロレスが蘇る日でした。

 メインは平成の新エース、宮原健斗の三冠ヘビー級選手権でしたが、アンダーカードでは、ドリー・ファンク・ジュニア、ザ・グレート・カブキ、大仁田厚、チャボ・ゲレロら昭和の全日本を代表するレジェンド選手が出場しました。蔵前国技館に響いた往年の入場テーマ曲が両国で流れると、オールドファンは熱狂しました。その中には懐かしい顔もいるもので、大学時代の先輩との再会もありました。

記事は以下

【プロレス】75歳ドリー・ファンク・ジュニアが68歳カブキ組に勝利! (11月28日 00:00) 

【プロレス】大仁田&渕の121歳コンビ、日本最古のアジアタッグ王座奪取!第100代王者に (11月28日 00:00)

【プロレス】最年少三冠王者・宮原、“諏訪魔超え”果たし両国メイン締める (11月28日 00:00) 

【プロレス】大仁田&渕の121歳コンビが日本最古のアジアタッグ王座奪取!第100代王者に

 ◆全日本プロレス アジアタッグ選手権 〇渕正信、大仁田厚(14分17秒、片エビ固め)青木篤志、佐藤光留●

 元参院議員で来年10月の還暦で引退を宣言している大仁田厚(59)が、古巣の全日本プロレスに登場し、同期の渕正信(62)とのタッグで、現存日本最古のタイトル、アジアタッグの第100代王者に就いた。
 2人合わせて121歳の全日本草創期の新弟子コンビは、全盛期と言える王者チームの青木篤志(39)、佐藤光留(36)を相手に、ベテランの域を超えた狂乱ファイトで圧倒した。
 王道マットに有刺鉄線電流爆破バットを持ち込んだ大仁田は、先発するといきなり電流スイッチをオン。サイレンが鳴り響いたが、すかさず渕が制止。バットは封印したが、大仁田は机上パイルドライバー、イス攻撃、そして赤い毒霧で2人の顔を赤く染めた。とどめは渕がバックドロップ7連発で佐藤をフォールした。
 1973年に全日本に入団し、翌74年にデビューした同期。当時は“若手三羽ガラス”としてもう一人いた。87年11月28日に飛行機事故で亡くなった薗田一治さん(享年31)。マジック・ドラゴンとして活躍した薗田さんの遺影にタッグベルトを捧げた。大仁田は「新弟子時代は六畳一間で3人で寝た」、渕は「お互いいじめられながらやってきたことを思い出した」としみじみ。
 1985年に全日本で1度目の引退式を行った大仁田が全日本に出場するのは、01年1月の「ジャイアント馬場三回忌追悼興行」(東京ドーム)、14年12月の渕のデビュー40周年興行(大阪府立体育会館)に続く禁断の遭遇。大仁田は「申し訳ないが、僕は僕のプロレスをやって、引退まで防衛する。今度は(電流爆破バットを)止めないで」と要求。渕は「チャンピオンは悔しいでしょう。一番負けたくない相手に負けたんだから」と“邪道”を連れてきた罪悪感を少しだけにじませた。(酒井 隆之)

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.