ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 【プロレス】大仁田&渕の121歳コンビが日本最古のアジアタッグ王座奪取!第100代王者に | メイン | 【プロレス】大仁田が10月に還暦電流爆破デスマッチ「もう引退という言葉は使えません」旧川崎球場で最後の花道 »

2016年11月28日 (月)

昭和の全日本プロレス

Img_7684

 全日本プロレスの両国国技館大会を取材しました。10月に昭和の新日本プロレスが蘇る日というイベントを取材しましたが、今回はまさに昭和の全日本プロレスが蘇る日でした。

 メインは平成の新エース、宮原健斗の三冠ヘビー級選手権でしたが、アンダーカードでは、ドリー・ファンク・ジュニア、ザ・グレート・カブキ、大仁田厚、チャボ・ゲレロら昭和の全日本を代表するレジェンド選手が出場しました。蔵前国技館に響いた往年の入場テーマ曲が両国で流れると、オールドファンは熱狂しました。その中には懐かしい顔もいるもので、大学時代の先輩との再会もありました。

記事は以下

【プロレス】75歳ドリー・ファンク・ジュニアが68歳カブキ組に勝利! (11月28日 00:00) 

【プロレス】大仁田&渕の121歳コンビ、日本最古のアジアタッグ王座奪取!第100代王者に (11月28日 00:00)

【プロレス】最年少三冠王者・宮原、“諏訪魔超え”果たし両国メイン締める (11月28日 00:00) 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.