ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 北の湖さん一周忌 | メイン | 【プロレス】大仁田&渕の121歳コンビが日本最古のアジアタッグ王座奪取!第100代王者に »

2016年11月28日 (月)

【プロレス】75歳ドリー・ファンク・ジュニアが68歳カブキ組に勝利!

 ◆全日本プロレス(27日・両国国技館)

 全日本プロレスの黄金時代に活躍したドリー・ファンク・ジュニア(75)、チャボ・ゲレロ(67)、ザ・グレート・カブキ(68)の“レジェンド”レスラーがスペシャル8人タッグマッチに登場した。
 元NWA世界ヘビー級王者のドリーは、チャボ、ウルティモ・ドラゴン(49)、TAJIRI(46)と組んで、カブキ、西村修(45)、吉江豊(42)、木高イサミ(35)と対戦。ザ・ファンクスのテーマ曲「スピニング・トーホールド」が国技館に流れると、オールドファンは大喝采。タレント・山田邦子(56)から花束贈呈されると、ムチをマットに打ち鳴らすパフォーマンスで応えた。
 長袖シャツ、ジーパンのまま試合を行ったドリーは、カブキのアッパーを耐えると、ふらつきながらもエルボー・スマッシュを打ち返した。“伝家の宝刀”スピニング・トーホールドを逆に仕掛けてくる西村に、ドリーは首をつかんでそのまま丸め込み、12分9秒、首固めの勝利。「日本で試合ができてうれしいです」と日本語で喜ぶドリーにチャボは「アミーゴ(友だち)!」と握手して抱きついていた。

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.