ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 炎の隠れミッキー | メイン | 酒の師匠と忘年会 »

2016年12月17日 (土)

ミルカと美しい布たち

Img_7909 江東区白河の骨董店「幾何」で17、18日の2日間限定で「SING BIRDSミルカと美しい布たち」を開催中。ミルカが描く鳥の絵と欧米ではBOROとして人気が高い日本の古い布の展示即売会です。絵画や古物には縁がない私がなぜ、ここに来たかというと、場所が北の湖部屋(現山響部屋)に近いからではなく、謎の芸術家ミルカが私の姪だからです。

Img_7914 古物商の岩橋直哉さんが、ミルカの絵に感動してくれたらしく、自身の古い布と同時展示を企画してくれたのです。私自身、ミルカの鳥の絵を見るのは初めてで、背景がすべて小さな音譜で埋め尽くされているのでした。岩橋さんは「鳥は静止しているのではなく、色とりどりのハーモニーを歌っている」と解説します。

 すでに作品を買って頂いた人がいたことにも驚きました(私が決して買わない値段で)。

 また、「無造作でランダムな補修の跡」が美しいとされるBORO(古い布)の味わい深さも実感しました。芸術とは縁がない私を異空間に誘うスペースでした。

江東区白河3ー7-13「幾何」で18日午後7時まで。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.