ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月17日 (金)

ミャンマーの国技ラウェイに挑んだIGF奥田が見せたプロレスの可能性…金曜8時のプロレスコラム

 16日に後楽園ホールで開催された「ラウェイ イン ジャパン2~レガシー~」を取材した。地上最も過激な格闘技といわれるミャンマーの国技ラウェイに、プロレスラーの奥田啓介(25)=IGF=が挑んだのだ。
 奥田は少年時代、アントニオ猪木参院議員(73)ゆかりの空手流派「寛水流」で鍛え、拓大レスリング部を経て、猪木が主宰するプロレス団体IGFでデビュー。4月に旗揚げされるIGFの新団体NEWの主力メンバーだ。「プロレスが一番過激。プロレス最強を証明する」と宣言して未知のリングに上がった。
 ジャン・コー(26)との対戦(75キロ契約)は、相手の打撃によって左目が大きく腫れ、4回開始前に無念のドクターストップ(TKO負け)。だが、プロ選手としての見せ場を毎回作ってみせた。1回のフロントスープレックスは「一本勝ち」と言ってもいいほど豪快に決まった。2回には右バックスピンブローでダウンを奪った。3回には左からの浴びせ蹴り。裸足の蹴りで相手の顔面をパチンと鳴らせ、超満員の観衆は大いに沸いた。この日の6試合で最も“見せる”プロの試合をした選手に奥田を認定したい。かつて、佐山聡が猪木の命を受けて、キックボクシングのリングに上がり、マーク・コステロにダウンさせられながらも何度も立ち上がってKOを阻止(判定負け)した格闘技大戦争(1977年)を思い出した。
 ラウェイの公式ルールは3分5回戦(インターバル2分)。グラブを着用せずバンテージのみの立ち技格闘技で、かみつき、指で目をえぐる、突く、爪でひっかく、首を絞める、意図的な金的攻撃などの反則をのぞいて何でもあり。KO、TKO(1回3ダウンまたは累計4ダウン)で勝敗を決め、判定がないためフルラウンドで決着が付かなければすべて引き分け。
 ダウンしてもセコンドが1回だけ「タイム」を申告でき、2分のインターバルがもらえる独特のルールがあり、一発KOが難しい。足がもつれた選手をセコンドが無理やりコーナーに連れ戻すシーンが何度もあった。ダメージを蓄積しながら試合が続行されるから、選手寿命は短いだろう。ミャンマーの出場選手は18歳~26歳だった(日本選手は奥田以外は30代)。
 ここまでやらなくてもいい。相手にダメージを与え続ける殺伐とした試合を見て、プロレスというジャンルの可能性を見た気がした。奥田がやったような緊迫感の中での見せ場のある攻防。これに最後はドラマチックなフィニッシュホールドが決まれば、猪木が唱えてきた“格闘芸術”と言えそうな気がする。
 NEWの顧問・藤原喜明組長(67)が「殺気のあるプロレス」を唱えた時、奥田は「それでお客さんは来るでしょうか」と純粋に質問していた。“プ(ロレス)女子”というファン層が加わった今だからだ。明るいプロレスだけではダメ、かといって殺気ばかりでもいけない。奥田は、新しいプロレスを体現できる実力を秘めている。(酒井 隆之)

2017年2月16日 (木)

振る舞いちゃんこ

Img_8721_2

  北の湖部屋を継承した山響部屋の新部屋上棟式が江東区東砂で行われ、地元への振る舞い酒と振る舞いちゃんこを取材してきました。旧北の湖部屋の面々や、故北の湖親方のおかみさんのとみ子さんにもあいさつができました。

 山響親方(元幕内・巌雄)は、相撲担当時代に仲が良かった力士です。それが日本相撲協会の理事になり、部屋持ちの師匠に。この出世ぶりにあやかろうと祝杯をあげたしだいです。

山響部屋が上棟式、伝統の塩味のちゃんこを住民に振る舞う (2月16日 15:52) 

2017年2月12日 (日)

元K-1石井館長がUWFへの思い語る「前田日明と戦えるはずだった」

 「1984年のUWF」(文藝春秋)の出版記念トークが12日、東京・渋谷区のロフト9で開催され、元K-1プロデューサーの石井和義氏(63)が登場した。著者の柳沢健氏(56)、格闘家の平直行氏(53)らと伝説のプロレス団体UWFについて、トークショーを繰り広げた。
 K-1のテーマとともに石井氏が登場すると、「館長!」の声援とともにライブハウスが盛り上がった。石井氏が創始した正道会館がプロのリングに進出する際、「格闘技の祭典」(1988年)での空手トーナメントに出場。「優勝したら(当時UWFのエース)前田日明とやれると聞いていた」と明かした。弟子の柳沢聡之が優勝したことで、前田と本格交渉しようとすると「聞いてないよ」と言われ、主催社のハッタリだったことが判明。
 その後、UWFから派生した前田のリングスに門下の佐竹雅昭や角田信朗らが参戦。結局は、前田との対戦は実現しなかったが、弟子の試合は真剣勝負だったことを強調した。角田がアントニオ猪木とエキシビションマッチで戦ったことについては、「角田から事後報告で聞いた。関わってない」と苦笑していた。
 ガチンコ質問の柳沢氏とのトークでは、税金のことも話題になり「その時は空手の先生ですから税金のことはわかりませんでした。すいません」と自身の脱税過去をネタにして笑わせた。今後の夢について、100億円争奪格闘技大会を北京「鳥の巣」で開催する構想も明かした。

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.