ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月10日 (水)

大仁田厚が10・31後楽園で7年ぶり7度目の引退試合「今回だけはプロレスラーに二言はありません」

 元参院議員でプロレスラーの大仁田厚(59)が10日、東京・千代田区の闘道館で会見を開き、「さよなら大仁田、さよなら電流爆破 大仁田厚ファイナルツアー」の日程を発表。10月31日に後楽園ホールで引退試合を行うことが決まった。1985年の最初の引退から復帰、引退を繰り返してきた大仁田にとっては、7年ぶり7度目の引退となる。
 「引退、引退、引退…」指折り数えた大仁田は「7度目の正直はたぶんあると思います」と言った。1985年1月3日に後楽園ホールで、師匠・ジャイアント馬場に送り出された引退式から、1995年5月5日に川崎球場を超満員にした“涙の引退試合”は社会現象にもなった。大仁田厚として6回引退し、6回復帰。また別人格のグレート・ニタは大阪・南港に消えてから何度も“蘇生”した。
 「どの口が言ってるのかと言われるかもしれませんが、今回だけはプロレスラーに二言はない」「各方面のみなさんに迷惑をかけ、腹の立つ人もいるでしょう」と過去の弁明を繰り返した。議員時代の中断を差し引いてレスラー生活40年と位置付け、還暦とともに去る。これ以上の引き際はもうないだろう。
 発表されたシリーズ日程は、9月9日に大阪・エディオンアリーナ第2、9月16日に福岡・博多スターレーン、10月29日に愛知・名古屋国際会議場。
 最終戦の10月31日・後楽園ホールは電流爆破デスマッチはできなため、直前に「さよなら電流爆破」を関東で開催予定。8月5日に米国フィラデルフィアで電流爆破の海外遠征も決まっている。

 ◆大仁田「引退↓撤回」の軌跡
 ▽1984年12月2日 左膝粉砕骨折から復帰もマイティ井上に敗れ引退を決意
 ▽85年1月3日 後楽園ホールで1度目の引退式
 ▽88年12月3日 グラン浜田戦で復帰
 ▽95年5月5日 川崎球場でハヤブサと引退試合(2度目の引退)
 ▽96年12月11日 駒沢体育館でミスター・ポーゴと組んでテリー・ファンク組との8人タッグで復帰
 ▽05年3月26日 明大卒業式の後、後楽園ホールでプロレス卒業試合
 ▽06年4月1日 靖国神社で奉納試合として3度目復帰。1日限りとして4度目引退
 ▽07年2月11日 4度目復帰
 ▽09年12月28日 5度目の引退式
 ▽10年2月21日 5度目の復帰
 ▽5月5日 新木場1stリングで6度目引退式
 ▽11月22日 6度目復帰
 ▽17年10月31日 7度目引退

2017年5月 8日 (月)

スポーツ報知大相撲ジャーナル

2_2

  ついに発売されました。「スポーツ報知 大相撲ジャーナル」。まさか弊社が大相撲の月刊誌を作ることになるとは…元大相撲担当としては何もしないわけにはいきません。今年創刊145周年を迎えるスポーツ報知(報知新聞)が見続けてきた大相撲の過去記事紹介を連載することになりました。

  報知新聞は、1872年(明治5年)6月10日に、「郵便報知新聞」として創刊しました。この年の出来事として、大相撲の女性、子供の見物が自由になったことが記録されています。この頃から元祖“スー女”がいたことになります。大衆に開かれた大相撲を見続けた報知の歴史的記事を掘り起こします。第1回は2001年夏場所千秋楽、貴乃花の「感動」優勝です。

「スポーツ報知 大相撲ジャーナル」が5月8日に発売 (5月6日 12:00) 

東京ディズニーシーの新アトラクション取材にも行ってきました。

【ディズニー報知】TDS「ニモ&フレンズ・シーライダー」公開…小魚になった気分 (5月8日 11:29)

【ディズニー報知】TDS「タートル・トーク」のクラッシュが復活 (5月8日 19:21)

 

2017年5月 6日 (土)

TDR巌流島

Img_0001_2

  東京ディズニーリゾート(TDR)内にある舞浜アンフィシアターで開催された格闘技イベント「巌流島」を取材しました。

 かつてのシルク・ドゥ・ソレイユ取材やCM発表会見で訪れたことがりますが、ここで格闘技を見るのは初めてです(巌流島の開催は今年1月3日に続いて2回目)。

 そう言えば、かつてTDRには東京ベイNKホールというのがあり、そこで格闘技を取材したことがありました。NKホールも舞台ありの会場でしたが、円形で前方にステージがあるアンフィシアターは四方のうち一方を花道に使用する格闘技には最適かも。独特の闘技場を使用する巌流島の常設会場に見えてくるほどマッチしていました。

 夢のリゾートで、幻の無差別級総合格闘技は幻想たっぷり。アンフィシアターでは先日、別のイベントで悲しい事故があったばかりですが、開会前に黙とうを捧げるなどぬかりないと思わせる場面もありました。

詳細は以下記事で

【巌流島】舞浜アンフィシアターで事故死した吉野さんに黙とう捧げる (5月6日 17:47) 

【巌流島】超重量級対決は“シュレック”関根が勝利…ボビーが祝福 (5月6日 18:33) 

【巌流島】NEO柔道の小見川が、体重差42キロの巨漢ジャイロを巴投げでTKO (5月6日 20:06)

【巌流島】57キロ差の無差別級に挑んだ菊野が右すね裂傷流血で無念の無効試合…土下座で涙 (5月6日 20:31)

【巌流島】5・6舞浜大会…全試合結果 (5月6日 20:31) 

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.