ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

大仁田厚が7年ぶり7度目の引退試合で藤田組に勝利「ありがとよ!」

 ◆大仁田厚ファイナル・引退式(31日、東京・後楽園ホール)

 元参院議員でプロレスラーの大仁田厚(60)が31日、東京・後楽園ホールで行われた「さよなら大仁田、さよなら電流爆破 大仁田厚ファイナルツアー」最終戦「大仁田厚ファイナル 後楽園ホール大会・引退式」でプロレスを引退、リングに別れを告げた。大仁田の引退は2010年5月5日の新木場1stRING大会(ターザン後藤とのタッグで勝利)以来、7年ぶり7度目。
 引退試合は、後楽園ホールが火気厳禁のため、電流爆破デスマッチは29日に愛知・名古屋国際会議場で開催した「さよなら大仁田 最後の電流爆破in名古屋」で封印(異種格闘技ランバージャック・電流爆破6人タッグデスマッチで青柳政司に勝利)。引退試合は「大仁田厚思い出の聖地・後楽園ホール最期のデスマッチ!!ストリートファイト トルネードバンクハウスデスマッチ」として行われ、大仁田は、“信者”の鷹木信悟(34)、KAI(34)と組んで、“最後の闘魂継承者”藤田和之(46)、ケンドー・カシン(49)、NOSAWA論外(40)組と対戦した。
 試合は場外乱闘から始まり、イス攻撃、机上パイルドライバーNOSAWAを攻めた大仁田だったが、カシンの赤い毒霧で顔を真っ赤に染められ、藤田のスラムで有刺鉄線ボードにたたき付けられ、有刺鉄線バットをたたきこまれ、ダウン。NOSAWAのギターを脳天から食らったが、続く有刺鉄線バット攻撃の寸前に、赤い毒霧で反撃。藤田にも赤い毒霧を浴びせ、イス攻撃で圧倒。NOSAWAにこの日7発目のサンダーファイヤーパワーボムを決め、16分48秒、エビ固めで大仁田がフォールして、有終の美を飾った。

 リング上でマイクをつかんだ大仁田は「おい、おい、おい、おい。すいません、こんな嘘つきに、こんな弱い男に、たくさんの応援、ありがとうございます。1つだけ大仁田のいいとこがあります。絶対にあきらめないこと。絶対に夢をあきらめるな。今日は、今日は、今日は、今日はありがとよ!」と叫んだ。 7年ぶり7度目の引退試合となる大仁田にとって、大々的な全国引退シリーズを経ての引退試合は1995年5月5日の川崎球場大会(ハヤブサに勝利)以来のこと。試合に先立って行われた引退セレモニーには元総務相の原口一博衆院議員(58)も激励にかけつけた。母・松原巾江さんがリングに上がっただけで、号泣した大仁田。「試合終わった後、暗くなると嫌なんで、今、10カウントゴングやらせてください」とあいさつし、10カウントゴングを聞いた。「ありがとよ」と言ってマイクをたたきつけた。
 12月3日には東京・新木場1stRINGでトークライブ「大仁田反省会」を開催し、11月12日には群馬・伊勢崎市第二市民体育館で開催されるミスター・ポーゴ追悼試合に駆け付けるなど、常に乱闘含みのイベント出演が続きそうだが、25日に還暦を迎えた大仁田厚だけに、今回ばかりはリアルな引退と信じたい。(酒井 隆之)

  ◆大仁田厚「俺は死ぬまでプロレスラー」宣言も「もう戻り道はないと思います」…引退試合後、全コメント

 元参院議員でプロレスラーの大仁田厚(60)が31日、東京・後楽園ホールで行われた「さよなら大仁田、さよなら電流爆破 大仁田厚ファイナルツアー」最終戦「大仁田厚ファイナル 後楽園ホール大会・引退式」で7年ぶり7度目の引退を果たした。
 試合後にグッズ売り場に直行し、試合前にさばき切れなかったファンの行列と記念撮影に応じた大仁田。最後のファンを送り出してから控え室前で囲み取材に応じ、しみじみと語った。
 以下、全コメント。
 「母さんが俺がプロレス辞めるまで、大好きな日本茶を飲まないで、ずっと、俺がリング下りるまで、我慢してくれて。今日は家帰ったら俺がお茶を入れてやろうかなって。本当にバカ息子で…」
 「プロレスに胸一杯になれたこと、俺は幸せです。もう戻り道はないと思います。ただ一つだけ、40何年間の中に、まだ馬場さんがそこにいて、俺が付き人で…。最後に一言、言うとしたら、俺は死ぬまでプロレスラーです。また誤解されるかな、こんなこと言うと。3日後は絶対にありませんので。全金返さないといけなくなりますので」
 「完全にチケットがなくなったのはみなさんのおかげです。一枚一枚のチケットがこんなうれしく重く素敵に感じたことは43年間の歴史で初めてですね。みなさん、どうありがとう」


 ◆大仁田 厚(おおにた・あつし)1957年10月25日、長崎県長崎市生まれ。59歳。1973年10月、全日本プロレスに「新弟子第一号」として入門。74年4月14日にデビュー。82年3月にNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座を獲得し全日本のジュニア戦線で活躍した。85年1月に左膝の負傷を理由に引退。タレント活動や飲食店を経営するも挫折し、89年10月にFMWを旗揚げする。ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチなど過激なデスマッチ路線で人気を獲得したが、95年5月に2度目の引退試合を行った。96年12月に現役復帰、以後、引退試合を復帰を繰り返す。2001年4月には明大政経学部経済学科に入学。同年7月には自民党から参院選に出馬し当選。10月31日の試合が「7度目の引退試合」となる。身長181センチ、体重100キロ。

2017年10月30日 (月)

東京ラーメンショー

Dsc_0258 東京・駒沢オリンピック公園で開催中の東京ラーメンショー2017(報知新聞社後援)に行ってきました。

台風明けで行列ができていました。最も長い行列は「最強とんからマーラー味噌ラーメン」です。今世紀最強タッグという「なんつッ亭」と「蒙古タンメン中本」のコラボで、赤ラー油と黒マー油に大判チャーシューが3枚というガッツリ系。中本の白根誠店主が店頭で記念撮影に応じていました。

 ガッツリの後はアッサリと、柚子香る“極”白出汁そば(麺LABOひろ×ラーメン大賞)を頂きました。残念ながらこれら第1幕の18ラーメンは31日まで。11月1日からさらに18ラーメンの第2幕が始まります(5日まで)。2日付のスポーツ報知レジャー面(東京発行版)で紹介します。

東京ラーメンショー「第2幕」が開幕…“史上最強のガッツリ系”が登場 

2017年10月28日 (土)

仮面貴族

Img_6465_2

 ミル・マスカラスが久しぶりに勇姿をみせてくれました。後楽園ホールで行われたSKY HIGH DRAGONを取材しました。75歳になったマスカラスには入場しか期待していませんでしたが、滞空時間の短いフライングクロスチョップ、そしてコーナー最上段からのダイビングボディアタックを見せてくれたのでした。

 75歳のマスカラスが華麗な空中殺法を披露、藤波、武藤との夢トリオが劇的勝利 

藤波辰爾がミル・マスカラス&武藤敬司と夢のトリオ結成…「スカイハイ・ドラゴンツアー」成績 

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.