ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« “NWF王座”を復活させた高山善廣の復活劇が始まった…金曜8時のプロレスコラム | メイン | K-1ヘビー級復活 »

2017年11月22日 (水)

格闘家RENAが“女優”デビュー…SB大会で伝説の女海賊演じる

 ◆SHOOT BOXING「GROUND ZERO TOKYO2017」(22日・東京ドームシティホール)


 大みそかのRIZIN女子スーパーアトム級初代王者決定トーナメント(さいたまスーパーアリーナ)に出場するシュートボクシング(SB)世界女子フライ級王者のRENA()=シーザージム=が22日、東京ドームシティホールで開催されたSB大会「GROUND ZERO TOKYO2017」のアトラクションで、“女優”デビューした。
 「パイレーツ・オブ・カリビアン」風の寸劇だ。RENAは海賊衣装に身を包み、剣を振り回して殺陣を披露。花道からリングインまで相手海賊を叩ききり、去り際にはセリフもあった。クールな表情で「世界の海賊の頂点に立つのは誰なのか。この目で確かめてやる」と演じた。
 オープニングでは、創始者のSB協会・シーザー武志会長(62)が、ジャック・スパロウ風にキャプテン・シーザーとして登場し「開会宣言」し、師弟競演となった。RENAは「試合とは違う緊張でした。セリフは間違えずに言えましたよ」と“女優”デビューを喜んでいた。

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.