ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月26日 (金)

鈴木みのるは2年連続で雪の札幌テロリストになるか…金曜8時のプロレスコラム

失ったばかりか、後藤洋央紀(38)にNEVER無差別級王座まで明け渡した男が、月をまたがずしてメインイベントでさらに格上のタイトルに挑む…。
 ランキング制度があったならば、あり得ない話だが、これは理不尽な鈴木軍の実力行使ならではというよりも、ファンが鈴木を求めているということだろう。ドームでは敗者だったはずが、リング上で自ら断髪してみせ男を上げた。勝った後藤よりも輝いていた。
 鈴木と棚橋は、2012年の1・4東京ドームで棚橋が保持していたIWGPヘビー級選手権を争っている。試合は棚橋が25分59秒、ハイフライフローからの片エビ固めで防衛。“エース”棚橋もさることながら、今年6月に50歳になる鈴木のタフさ、しぶとさ、憎まれっぷりには驚かされる。
 「新日本道場の鬼から生まれ、神様と呼ばれた男に育てられた」と言う鈴木。鬼とは藤原喜明、神様とはカール・ゴッチのことを意味する。ストロングスタイルの関節技をマスターしているということだが、藤原には“関節技の鬼”とは別に“テロリスト”という顔もあった。
 1984年2月3日に札幌中島体育センターで藤原喜明が、長州力の入場時に花道で襲い、大流血させて、藤波辰巳(現辰爾)とのタイトルマッチ(WWFインターナショナルヘビー級選手権)をぶち壊した“雪の札幌テロ”が歴史に刻まれている。
 昨年、鈴木はそのオマージュをやってのけた。昨年2月5日の「復活!雪の札幌決戦」(北海きたえーる)で、オカダ・カズチカ(30)の持つIWGPヘビー級王座に挑んだ鈴木は、前日の調印式でオカダを襲撃し、右膝を破壊した。試合は40分46秒、オカダのレインメーカーから片エビ固めで敗れたが、1年後も雪の札幌の挑戦者になってみせた。
 勝つことに期待していないと書けば怒られるだろうが、負けて輝く男の生き様は、かつての藤原喜明が見せた“やられの美学”に通じるものがある。いや、違う。鈴木にはタイトル強奪という波乱を期待させる風が吹いている。(酒井 隆之)

2018年1月23日 (火)

【ディズニー報知】4年ぶり大雪のTDR…リアル降雪「アナ雪」パレードは実現せず

 関東地区は4年ぶりの大雪に見舞われ、千葉・浦安市の東京ディズニーリゾート(TDR)も雪が積もった。TDRでは、冬のスペシャルイベントが開催中で、東京ディズニーランド(TDL)では、映画「アナと雪の女王」の世界をイメージした「アナとエルサのフローズンファンタジー」が展開されている。
 2015年から冬の恒例イベントになっている“アナ雪”だが、ここまで雪が降ったのは初めて。今年が最後の公演だけに、アナとエルサやクリストフ、スヴェン、オーケン、トロール、オラフ、スノーギース、マシュマロウ、ハンスが総出演するフローズンファンタジーパレードでの、“リアル降雪”パレードに注目されたが、22日の午前は雨のため中止。キャンセルグリーティングとしてアナ&エルサらがレインコートを着た顔見せのショートバージョンが披露された。降雪が確認された午後はキャンセルグリーティングも中止となった。
 夜は降雪で雪景色となり、ツイッターなどのSNSでは「エルサの魔法で幻想的な風景に」とつぶやくゲストもいた。
 23日は午前9時のオープンまでに、パレードルートやゲスト(入園客)の導線の雪かきは徹夜作業で終わっており、一部残雪はあるものの、通常通り営業。午前は“試運転”としてキャンセルグリーティングが行われた。
 TDRを運営するオリエンタルランドでは「パークのオープンまでに通常の清掃の一環として除雪をし、通常営業となっています」と話す。リアルな雪の世界は夜の一部と閉園時の深夜帯だけだったようだ。
 今年初登場したエルサの「氷の城」フォトロケーションやアナ&エルサがアイススケートを楽しんでいるデコレーション、オラフとスノギーズの雪山のデコレーションもあり、こちらは3月19日の最終日まで、“雪”が解けることはない。
 東京ディズニーシー(TDS)では、新企画「ピクサー・プレイタイム」が開催中で、こちらも23日は通常通りの運営。水たまりで滑る場所でのダンスを見合わせるなど、通常の雨上がり対応となっている。(酒井 隆之)

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。詳細はオフィシャルウェブサイト(http://www.tokyodisneyresort.jp/)で。

 ◆ディズニー報知 オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(千葉・浦安市)の情報を浦安市在住記者がリポートします。(C)Disney

2018年1月19日 (金)

鈴木みのるの断髪で思い出す、36年前のラッシャー木村の逃走劇…金曜8時のプロレスコラム

 4日に東京ドームで行われた新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM12」で、私が最も熱視線を注いだのが鈴木みのる(49)と後藤洋央紀(38)のNEVER無差別級選手権試合だ。この試合は敗者髪切り&ノーセコンド・デスマッチとして行われた。
 元王者の後藤がタイトルを奪回するために、王者・鈴木の挑発に応じて、髪をかけて挑戦した。昭和のファンとしては、新日本の髪切りマッチと言えば、1982年9月21日に大阪府立体育会館で行われたアントニオ猪木VSラッシャー木村を想起せずにいられない。木村の“はぐれ国際軍団”に加担したストロング金剛が試合中にハサミを持ち出し、場外戦でアニマル浜口が猪木の髪を切るという暴挙に出た“事件”だ。
 激怒した猪木はイスで浜口、金剛をメッタ打ちし、木村に延髄斬りを見舞って完勝。流血した木村は国際軍団に抱えられるようにして花道を去って行った。当時はパンチパーマだった木村の“断髪式”がセッティングされようとする中、猪木は木村がいないことに気付き「木村どこ行った? 木村は?」とマイクをつかんで訴えた。逃げたことを知ると、鬼の形相で「てめぇら男の恥を知れ、コノヤロー!」と叫んで永久追放を宣言。このマイクアピールで“あわや暴動”の事態を収拾したのだった。
 そんな興奮を思い出しながら見たヘアマッチ。当時の国際軍団のように悪逆非道な鈴木軍が介入できないように、ノーセコンド・デスマッチとなった。フェンス内にセコンドなし、場外カウントなし、決着はリング上のみという完全決着ルール。鈴木がいきなり、裸締めで後藤を締め落とし、リングドクターが“介入”する波乱の幕開けとなったが、鈴木はドクターも蹴散らして、後藤を攻め続けた。
 息を吹き返した後藤は、雪崩式牛殺しなどで逆襲。鈴木軍のタイチがリングに入ろうとしたが、後藤はエルボーで撃退し、最後はGTRで鈴木から3カウントを奪った(18分04秒、GTR→エビ固め)。
 ここで鈴木軍が逃げた。TAKAみちのくらが、大将の断髪を阻止するため、控え室に連れて行こうと花道を下がったが、鈴木はそれを振り払って自らリングに戻った。用意されたイスを、自分で用意したイスで払いのけて腰を下ろし、自らバリカンを入れた。トレードマークの馬のたてがみのようなモヒカンヘアを自ら刈り、イスの上にその髪を置いて堂々と去っていった。
 バックステージで、鈴木は大荒れだった。ゴミ箱をぶちまけ、「撮んなよ」とポールを振り回してマスコミを遠ざけたが、“善行”の照れ隠しに見えた。王座を奪回した後藤は「潔く髪を切ったのは真の格闘家としての強さだと思う」と鈴木に敬意を表した。こんな後味の“良い”遺恨マッチの決着は、今の新日本プロレスのスマートさのなせる業だろう。
 36年前は次の大阪大会で猪木が国際軍団の寺西勇の髪をハサミで切り、“浪速っ子”の留飲を下げたが、木村は髪を切らずじまい。時代を超えて、鈴木が落とし前をつけたのだった。しかし、王者としてベルトをかけているのに、髪をかけるのは後藤だけで良かったんじゃないかと今さらながら思った。(酒井 隆之)

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.