ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月16日 (火)

【ディズニー報知】イヌ年還暦のOLC上西社長が9年連続カストーディアルに…アルバイトねぎらうサンクスデー

 東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランド(OLC)が、年に1回、アルバイト(準社員)キャストをねぎらう「サンクスデー」が16日、東京ディズニーランド(TDL)で開催された。
 今年で19回目となるサンクスデー。TDL閉園後の午後8時15分に、メインエントランスで、上司である役員や社員が出迎える中、いつもはもてなす側のキャストが、ゲストになって特別な夜を過ごした(午後10時45分まで)。
 OLCの上西京一郎社長(60)は、年男で15日に還暦を迎えたばかり。とはいえ、イヌ年のコスプレではなく、例年通りカストーディアルと呼ばれる清掃担当キャストの衣装で登場した。社長就任以来9年連続の使命だ。トイブルーム(ほうき)とダストパン(ちりとり)を持って、ゴミを収集。だが、閉園時にはカストーディアルがしっかり清掃をすませており、ダストはほとんどなく、キャストとの記念撮影に追われた。
 シンデレラ城前では、サンクスセレモニーが行われ、フロートに乗って上西社長と加賀見俊夫会長(82)が登場。今年はミッキーマウスらディズニーのキャラクターは他の場所でグリーティングしており、同行しなかったが、大いに盛り上がった。
 上西社長は「今年TDRは35周年という大きな節目を迎えます。パークはさらに進化を続けていきます。私たちのホスピタリティーもさらに進化していかないといけないと思います。これまで以上にゲストの笑顔あふれるパークを作っていきましょう」とあいさつし、キャストと一緒に「ウィー・クリエート・ハピネス!」と高らかに宣言。シンデレラ城では「アナと雪の女王」のキャッスルプロジェクション「フローズン・フォーエバー」が上演された。(酒井 隆之)

 ◆メモ 東京ディズニーリゾート(TDR)はJR京葉線・武蔵野線「舞浜」駅下車すぐ。冬のスペシャルイベント開催中。詳細はオフィシャルウェブサイト(www.tokyodisneyresort.jp/top.html)で。

 ◆ディズニー報知 オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート(千葉・浦安市)の情報を浦安市在住記者がリポートします。(C)Disney

2018年1月12日 (金)

プロ野球よりも、大相撲よりもプロレス総選挙が面白かった…金曜8時のプロレスコラム

 テレビ朝日系「ファン1万人がガチで投票! プロ野球総選挙」が8日に放送され「歴代スター選手番付」野手部門はマーリンズからFAになっているイチロー外野手(44)、投手部門はエンゼルス入りした大谷翔平投手(23)がトップ当選を果たした。
 番組では野球ファン1万人にアンケートを実施し、「歴代スター選手番付」を作成。野手部門、投手部門でベスト20が発表されたが、3月12日放送の「現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票!プロレス総選挙」(ベスト20)、7月31日の「力士・親方70人&ファン1万人がガチで投票!大相撲総選挙」(ベスト30)に続く第3弾だ。
 芸がないと言われることを承知で、3大選挙結果を列挙してみよう。

 ◆プロ野球総選挙
 ▽野手部門BEST20
 〈1〉イチロー、〈2〉王貞治、〈3〉長嶋茂雄、〈4〉大谷翔平、〈5〉松井秀喜、〈6〉落合博満、〈7〉野村克也、〈8〉バース、〈9〉金本知憲、〈10〉内川聖一、〈11〉秋山翔吾、〈12〉稲葉篤紀、〈13〉掛布雅之、〈14〉菊池涼介、〈15〉クロマティ、〈16〉衣笠祥雄、〈17〉新庄剛志、〈18〉阿部慎之助、〈19〉古田敦也、〈20〉秋山幸二
 ▽投手部門BEST20
 〈1〉大谷翔平、〈2〉野茂英雄、〈3〉稲尾和久、〈4〉金田正一、〈5〉田中将大、〈6〉江川卓、〈7〉江夏豊、〈8〉ダルビッシュ有、〈9〉上原浩治、〈10〉桑田真澄、〈11〉黒田博樹、〈12〉佐々木主浩、〈13〉岩瀬仁紀、〈14〉工藤公康、〈15〉村田兆治、〈16〉岩隈久志、〈17〉斎藤雅樹、〈18〉伊藤智仁、〈19〉松坂大輔、〈20〉山本昌

 ◆大相撲総選挙BEST30
 〈1〉千代の富士、〈2〉貴乃花、〈3〉大鵬、〈4〉白鵬、〈5〉北の湖、〈6〉稀勢の里、〈7〉朝青龍、〈8〉双葉山、〈9〉初代若乃花、〈10〉舞の海、〈11〉初代貴ノ花、〈12〉3代目若乃花、〈13〉輪島、〈14〉千代の山、〈15〉寺尾、〈16〉宇良、〈17〉栃錦、〈18〉曙、〈19〉高安、〈20〉小錦、〈21〉柏戸、〈22〉魁皇、〈23〉北の富士、〈24〉2代目若乃花、〈25〉日馬富士、〈26〉高見盛、〈27〉遠藤、〈28〉武蔵丸、〈29〉千代大海、〈30〉若島津

 ◆プロレス総選挙BEST20
 〈1〉アントニオ猪木、〈2〉ジャイアント馬場、〈3〉初代タイガーマスク、〈4〉オカダ・カズチカ、〈5〉力道山、〈6〉棚橋弘至、〈7〉ジャンボ鶴田、〈8〉獣神サンダー・ライガー、〈9〉三沢光晴、〈10〉スタン・ハンセン、〈11〉長州力、〈12〉武藤敬司、〈13〉小橋建太、〈14〉天龍源一郎、〈15〉ケニー・オメガ、〈16〉橋本真也、〈17〉蝶野正洋、〈18〉ハルク・ホーガン、〈19〉真壁刀義、〈20〉アンドレ・ザ・ジャイアント

 いずれも世代によって異論が噴出している。プロ野球でもレジェンドと比べて実績が乏しい大谷への異論がある。日本最速165キロの球速が1位の理由としてクローズアップされたが、球速が落ちるベテランになってからの技巧、生き様など投手力は球速だけで計れないものがある…などと議論させている時点で番組制作サイドの勝利である。大相撲でも異論が噴出し、元祖のプロレスでも藤波辰爾が入っていないのはおかしいなどと、話題になった。
 それにしてもプロレス総選挙はおもしろかった。スタジオにリングが組まれ、ランク入りレスラーが入場テーマに乗ってリングインする演出があったからだ。コスチューム姿でリングに上がりながら照れ笑いを浮かべるオカダ・カズチカのオフな表情も良かった。プロ野球や大相撲には、そのような演出がなかった。
 さらに野球や相撲は、個人記録が明確化されているが、プロレスは団体や王者が乱立し、一くくりにするのが難しい中、ランク付けしたのは画期的だった。トップ4の猪木、馬場、初代タイガー、力道山は動かしてはいけないので、次回は現役とレジェンドに分けてBEST20をやってほしいものだ。(酒井 隆之)

2018年1月11日 (木)

マグロ部屋とサバ駅長

Img_7642_2

  山響部屋で行われた異例のマグロ解体ショーを取材しました。元幕内・巌雄で日本相撲協会理事の山響親方は同世代の関西人で現役時代から手が合う仲でした。お世話になっている地元にマグロを振る舞い、地域を明るくす相撲部屋の役割は好感が持てました。

 夜には東京ドームふるさと祭りの前夜祭(プレスプレビュー)で青森・八戸のサバ駅長と再会しました。

山響部屋、近隣住民にマグロ丼400人分振る舞う「部屋の若い衆の顔を覚えてもらえれば」  

ピンチ救った殿丼「八戸銀サバトロづけ丼」の沢上弘駅長、ちょっといい話…東京ドーム「ふるさと祭り」12日開幕  

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.