ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月23日 (金)

70歳・タイガー戸口の“レスラーぶり”を武藤敬司が絶賛…金曜8時のプロレスコラム

 16日に後楽園ホールで行われた「PRO―WRESTLING MASTERS」でタイガー戸口(70)が約7年ぶりにリングに上がり、その存在感を見せつけた。

 戸口は、グレート小鹿(75)、百田光雄(69)と214歳トリオを結成し、越中詩郎(59)、青柳政司(61)、斎藤彰俊(52)の平成維震軍を撃破した。何よりファンを沸かせたのは戸口のでかさだ。パンフレットに記載されている193センチ、125キロは決してサバを読んだ数字ではない。

 プロレスラーは、でかくて、強くて、すごいヤツというイメージを見事に体現。和歌の世界では、男らしさを表現する益荒男(ますらお)ぶりという言葉があるが、戸口の“レスラーぶり”はハンパない。プロデュースした武藤敬司(55)が「感動したよ。70歳なのに何であんな体が作れるんだってね。存在感あったし、今のプロレスの中でもやれんじゃないのか」と絶賛。それを本人に伝えると「試合をするからにはと体を仕上げていったからね。やはりプロは体を見ればわかってくれるんだね」と喜んだ。

 本名は、戸口正徳。東京・葛飾区生まれで、修徳高柔道部から67年に日本プロレスに入門。在日韓国人2世であることからキム・ドクを名乗り、大木金太郎と韓国師弟コンビを結成し、76年と77年に全日本プロレスでジャイアント馬場、ジャンボ鶴田組からインタータッグ王座を奪取。81年に新日本に移籍し、キラー・カーンと組んで出場した82年のMSG(マジソン・スクエア・ガーデン)タッグリーグ戦ではアントニオ猪木、ハルク・ホーガンの日米スーパースターコンビに、敵役として挑み、準優勝した。その後はタイガー・チャン・リーとして米WWF(現WWE)など海外を主戦場とし、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「レッドブル」(88年)に出演するなどアジア系悪役俳優としても活動した。

 今回の試合は足を仕上げ切れなかったと、赤いロングタイツだった。かつては星条旗風のタイツもあったが、私にとっては、戸口のイメージカラーは緑だ。グッズ売り場ではチームフルスイングが製作した緑のトートバッグ(通販あり)が売られていてうれしくなった。ヘッドバットやチョップは本物の音がした。昭和のプロレスラーは平成の次の時代にも通用しそうだ。(酒井 隆之)

2018年2月16日 (金)

「ディズニー報知」復活

Dsc_0499

 東京ディズニーリゾート(TDR)が4月15日に開園35周年を迎えるにあたって、16日からスポーツ報知の紙面で「ディズニー報知」が復活しました。

 「ディズニー報知」は別媒体でなく、コーナーの見出しで、WEBでは展開してきましたが、2年ぶりに紙面に復活です。毎週金曜日付の「L」(Lady Life Love)で数週にわたって連載します。お楽しみに。

ディズニー報知WEB版はこちら

まるでWWE王者!「レッスルマニア」メインイベンターの中邑真輔との対戦権かけてAJら5人が決定戦…金曜8時のプロレスコラム

 以前、このコラムで「中邑とAJが『レッスルマニア』で激突! WWE内IWGPに期待」と書いたが、その夢がかなわない可能性が出てきてしまった。
 元IWGPヘビー級王者の中邑真輔(37)が、米国時間1月28日(日本時間29日)にウェルズ・ファーゴ・センターで行われたWWE「ロイヤルランブル」(30人参加の時間差バトルロイヤル)で、日本人として初の優勝を飾り、4月8日(同9日)に行われる世界最大のプロレスの祭典「レッスルマニア34」(メルセデス・ベンツ・スーパードーム)で、WWE王座(世界ヘビー級選手権)に挑戦することが決定したことは間違いないが、その時の王者が、AJスタイルズ(40)である保証がなくなったのだ。
 今月13日(14日)にベーカーズフィールドで開催されたスマックダウンで、新たな因縁が勃発し、3月11日(同12日)のPPV「ファストレーン」(ネーションワイド・アリーナ)で行われるAJのWWE王座防衛戦は、ケビン・オーエンズ、サミ・ゼイン、バロン・コービン、ドルフ・ジグラーが挑戦する5WAYマッチとなることが決まった。
 「レッスルマニア」でWWE王座に挑戦する中邑だけが、メインイベントに出場することが決まっており、その相手を5人で争うというわけだ。AJが王者であることには違いないが、まるで中邑への“挑戦権”をかけて5人が争う決定戦のような図式になっている。
 日本人としては誇らしい限りだが、新日本プロレスで激闘を繰り広げた中邑とAJの王座戦となる可能性が5分の1になってしまったことになる。ただの防衛戦なら2分の1だったのに、よりによって5WAY戦になろうとは。
 以前のコラムでは、2016年1月4日に新日本プロレスの東京ドーム大会「レッスルキングダム10」でのIWGPインターコンチネンタル選手権(王者・中邑が、24分18秒、ボマイェ→エビ固めで防衛)の再現が世界最高峰の舞台で行われるとし、WWE対IWGP、レッスルマニアVSレッスルキングダム、そしてキンシャサではなくボマイェが炸裂すると期待をあおった。
 ここに来て新たな流れになってしまった。中邑とAJが織り成すハイレベルなジャパニーズスタイルを、エンタメ色が強いWWEが求めているのだろうかという疑念がどうしてもつきまとう。いや、ここは王者AJの底力に期待しようではないか。(酒井 隆之)

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.