ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

W杯の谷間でWWE取材

Img_9413_2

  サッカーW杯ロシア大会は1次リーグを終え、決勝トーナメントまで1日の谷間ができたので、両国国技館で行われたWWE東京公演を取材してきました。

 日本人スーパースター、中邑真輔の凱旋王座戦のはずでしたが、来日(帰国)前のアクシデントで出場が微妙に。久しぶりに現場生取材の緊張感を味わいました。残念ながら中邑は欠場となりましたが、時差ボケと中だるみ解消の栄養剤となりました。

中邑は欠場もWWE王座戦に乱入、アスカは反則勝ちで女子王座奪取ならず…東京公演2日目全成績  

中邑真輔、左足負傷は全治2週間「マンガみたいなことが起きた」WWE東京公演2日目も欠場へ 

AJスタイルズ、負傷欠場の中邑の代役ジョーを下しWWE王座防衛…東京公演初日全成績  

中邑真輔、松葉杖姿で欠場あいさつ「悔しいワン」…サモア・ジョー、AJと乱闘劇も 

中邑真輔がWWE東京公演欠場…王座戦予定キャンセル  

WWEの女帝アスカの凱旋帰国にピコ太郎が激励「米国では大谷翔平より有名」PPAP共演も  

2018年6月29日 (金)

中邑真輔、“警察犬騒動”乗り越え凱旋帰国! AJとのWWE王座戦のお膳立て?…金曜8時のプロレスコラム

 かつて新日本プロレスで激闘を繰り広げた中邑真輔(38)とAJスタイルズ(40)によるWWEスーパースターとしての“逆輸入マッチ”がいよいよ29、30日に東京・両国国技館で開催されるWWE日本公演「WWE Live Japan」で実現する。2016年1月4日、東京ドームでのIWGPインターコンチネンタル選手権(王者・中邑がボマイェ→エビ固めで防衛)以来の日本での対戦だ。

 両国決戦の両日ともメインイベントでAJの持つWWE王座をかけた2連戦となる。29日はノーDQ(ディスクオリフィケーション)形式(反則失格なし)の一騎打ち。30日はダニエル・ブライアン、サモア・ジョーも含めたフェイタル4ウェイ形式での王座戦となる。

 中邑がAJに挑むタイトルマッチは、今年4月の「レッスルマニア34」(米ニューオーリンズ)での対戦から、これまで米国とサウジアラビアで4度行われており、いずれもAJが防衛に成功している。この抗争の中で、中邑は急所打ちをフィニッシュブローにするヒールに転向したことも大きな動きだ。

 ヒールとしての凱旋には驚きだが、よくぞこの抗争が日本公演までたどりついてくれたと思う。しかしながら、ここに来て、微妙な流れになっているのも事実だ。今月18日(米国時間17日)に米イリノイ州シカゴで開催されたWWEのPPV「マネー・イン・ザ・バンク」(MIT)で、中邑はAJに4度目の挑戦。ラストマンスタンディング形式の完全決着ルールで行われた。中邑はAJに金的攻撃からキンシャサ(旧ボマイェ)のフルコースを見舞ったがカウント9。AJは急所蹴りからフェノミナルフォーアームで中邑をKOし、抗争に決着をつけたのだ。

 そして20日(同19日)にオハイオ州トレドでの「スマックダウン」でルネ・ヤングの公開インタビューを受けた中邑は「AJがまだ王者なのはレフェリーのカウントが早いからだ」と完全決着を否定したものの、13日(同12日)の前哨戦で急所打ちでKO(正式には反則負け)したUS王者ジェフ・ハーディとの因縁が再燃。ジェフが「中邑は王座戦に敗退したが、俺は先週の中邑との試合が忘れられない。中邑のあの反則攻撃で俺は開眼した!」と宣言すると、中邑は「ジェフが開眼したのなら、その目を俺が閉じてやる」と新たな抗争に乗り気になった。

 これと並行して、AJへの新たな挑戦者も誕生した。7月16日(同15日)のPPV「エクストリーム・ルールズ」でのWWE王座挑戦権を賭けてダニエル・ブライアン、ビッグE、サモア・ジョー、ザ・ミズ、ルセフの5人によるガントレット戦(勝ち残り戦)が行なわれ、ルセフが勝利した。

 そして、日本公演前最後となる「スマックダウン」が27日(同26日)に米カリフォルニア州オンタリオで開催されたわけだが、ここで中邑は、ジェフのUS王座に挑戦する予定だった。だが、このUS王座戦は、中邑の負傷欠場によって中止となった(王座戦は、エリック・ヤングが代理挑戦し、ウーソーズの乱入でノーコンテストに)。

 中邑の欠場は、公式には「負傷」とだけ発表されたが、米メディアは「WWEの従業員が警察犬に左足をかまれた」との情報を伝えた。もしその被害者が中邑だとすれば大変なことだが、中邑は28日に無事、帰国を果たした。負傷の程度は未知数のままだが、この騒動は、日本公演にとって、必ずしもネガティブなニュースとは限らないのである。

 中邑がUS王座挑戦をキャンセルしたことによって、時計の針が一時的に止まったのだ。つまり、中邑はUS王座ではなく、WWE王座のタイトルコンテンダーとしての立ち位置に戻り、AJとの抗争が現在進行形のまま日本公演を迎えるのだ。

 2日間だけの、両国国技館でのオアシスのようなWWE王座挑戦。日本公演は、たかがハウスショーと笑う向きもあるかもしれないが、日本のプロレスファンならば、この2日間に奇跡が起きることを夢見てもいいのではないだろうか。(酒井 隆之)

 【6月29日更新】

 WWEの日本人スーパースター中邑真輔(38)が東京公演2試合目終了後に松葉杖姿で入場し、リング上から欠場のあいさつを行った。中邑はメインイベントで、AJスタイルズ(40)とのノーDQ(ディスクオリフィケーション)形式(反則失格なし)によるWWE王座戦を行う予定だったが、まさかの早期登場に会場は騒然となった。

 左手で松葉杖をつき、左足を引きずる中邑は「帰ってきたぜトーキョー!」と叫び、大喝采を浴びたが、「2年ぶりに。この両国国技館でキング・オブ・ストロングスタイルのクリーンで正々堂々としたファイトをお見せすることができず…」と言ったところで「え~っ?」とブーイング。

 中邑は日本公演前最後となった米国時間26日(日本時間27日)の「スマックダウン」(米カリフォルニア州オンタリオ)でジェフ・ハーディーのUS王座に挑戦する予定だったが、負傷欠場。中邑の欠場は、公式には「負傷」と発表され、米メディアは「WWEの従業員が警察犬に左足をかまれた」と伝えた。中邑はあいさつの途中で「悔しいワン!」というジョークを入れて会場を笑わせた。

 そこへ、サモア・ジョーが入ってきてWWE王座挑戦の代役を宣言。「犬にかまれたのか? 俺が王座をとったらチャンスをやる」と挑発し、中邑を押し倒した。そこへ王者・AJも乱入。ジョーとAJが乱闘して大混乱となる中、中邑はリングを去った。

2018年6月22日 (金)

ハリウッド珠理奈のAKBトップ当選で待望されるプロレス総選挙の改選…金曜8時のプロレスコラム

 AKB48グループの第10回選抜総選挙(初の世界選抜)が16日、ナゴヤドームで行われ、“ハリウッドJURINA”ことSKE48の松井珠理奈(21)が自己最高の19万4453票を獲得し初の1位、そして初代世界女王に輝いた。2位はSKE48の須田亜香里(26)。優勝候補のHKT48の宮脇咲良(20)は3位に終わり、総選挙からの引退を表明した。

 SKEの1、2フィニッシュと騒がれたが、プロレスファンなら気付くはず。「豆腐プロレス」メンバーが1、2、3フィニッシュを果たしていることに。2位の須田亜香里は、オクトパス須田。3位の宮脇咲良はチェリー宮脇なのだ。「豆腐プロレス」とは、女子高生だけが参加できる(設定の)美しき格闘のステージWIP(ワールド・アイドル・プロレスリング)をテーマにテレビ朝日系で昨年7月まで放送されていたAKB48グループ出演のドラマ。興行としては、昨年8月29日に東京・後楽園ホールで、今年2月23日に愛知県体育館で「豆腐プロレス The REAL」として開催された。

 今回の総選挙は「豆腐プロレス」以後の初開催だった。昨年までは、AKB総選挙にまったく興味がなかったが、後楽園ホール大会を取材した立場として、今年は気になった。クイウチ松村は何位だろうか…、ボイス山田はランク入りできるのか…など。フジテレビの生中継で、徳光和夫アナウンサー(77)が順位を読み上げるのを聞いて、これは聞いたことがあると引っかかる名前があることがうれしかった。

 年がいもなく、リングネームと照合して抽出してみたので、以下に紹介する。

 ◆第10回AKB世界選抜総選挙(6月16日・ナゴヤドーム)

 ▽1位 松井珠理奈(ハリウッドJURINA)

 ▽2位 須田亜香里(オクトパス須田)

 ▽3位 宮脇咲良(チェリー宮脇)

 ▽6位 横山由依(ロングスピーチ横山)

 ▽13位 向井地美音(ブラックベリー向井地)

 ▽15位 古畑奈和(サックス古畑)

 ▽17位 松村香織(クイウチ松村)

 ▽18位 高柳明音(バード高柳)

 ▽20位 白間美瑠(道頓堀白間)

 ▽22位 岩立沙穂(さっほー岩立)

 ▽28位 荒井優希(バブリー荒井)

 ▽30位 加藤美南(バトンかとみな)

 ▽31位 福岡聖菜(左上せいちゃん)

 ▽33位 谷口めぐ(ヤバクネ谷口)

 ▽36位 加藤玲奈(キューティーレナッチ)

 ▽37位 中井りか(MAX中井)

 ▽41位 川本紗矢(モーモー川本)

 ▽52位 込山榛香(シャーク込山)

 ▽60位 小田えりな(ディーヴァおだえり)

 ▽62位 太田奈緒(エブリバディ奈緒)

 ▽91位 山田野絵(ボイス山田)

 ▽97位 馬嘉伶(オッタマゲ・マ)

 ▽100位 大家志津香(ミラクルしづか)

 これ以外の「豆腐プロレス」メンバーは、10人が圏外で、5人が卒業していた。イケメン百花(木下百花)、ユンボ島田(島田晴香)が引退(卒業)していたのは残念だった。MAX中井(中井りか)の“文春砲”発言は、「豆腐プロレス」での“小ズルい”キャラとしては、さもありなんか。ドラマ内のトーナメントでは、JURINAから敵前逃亡もしているのだった。

 それにしても、ハリウッドJURINAのトップ当選である。「いかにもプロレス的」と批判されたりもしているが、松井珠理奈は昨年3月にテレビ朝日系で放送された「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」に出演し、プロレスファンのハートをつかんでいる。改選となる次回の「プロレス総選挙」は残念ながら、いつになるかも決まっていないという。

 ハリウッドJURINAの快挙で「プロレス総選挙」熱が再燃することを願いつつ、前回の「プロレス総選挙」をおさらいしておくと。

 ◆プロレス総選挙「本当にスゴいプロレスラーBEST20」

 ▽1位 アントニオ猪木

 ▽2位 ジャイアント馬場

 ▽3位 初代タイガーマスク

 ▽4位 オカダ・カズチカ

 ▽5位 力道山

 ▽6位 棚橋弘至

 ▽7位 ジャンボ鶴田

 ▽8位 獣神サンダー・ライガー

 ▽9位 三沢光晴

 ▽10位 スタン・ハンセン

 ▽11位 長州力

 ▽12位 武藤敬司

 ▽13位 小橋建太

 ▽14位 天龍源一郎

 ▽15位 ケニー・オメガ

 ▽16位 橋本真也

 ▽17位 蝶野正洋

 ▽18位 ハルク・ホーガン

 ▽19位 真壁刀義

 ▽20位 アンドレ・ザ・ジャイアント

 当時は「ジャンボ鶴田が“神7”入り」とAKB風に書いたことで批判のコメントを受けたが、今や棚橋、ライガー、真壁ら新日本プロレスの面々が、松井珠理奈の総選挙に激励ツイートをしている時流だ。相乗りした企画はあってもいいと思う。それほど順位に変動はないかもしれないが、内藤哲也と藤波辰爾の名誉回復は早い方がいい。(酒井 隆之)

 
 

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.