ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« ドナルド誕生日 | メイン | 伝統の三冠戦、鶴田メモリアル、カシンVS船木もある全日本プロレスの底なし沼…金曜8時のプロレスコラム »

2018年6月14日 (木)

東京ディズニーシーに「アナ雪」「ラプンツェル」「ピーターパン」エリア導入発表…2022年度中に

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉・浦安市)を運営するオリエンタルランド(OLC)は14日、記者会見を開き、「東京ディズニーリゾートの将来計画」について発表した。
 会見には、OLCの加賀見俊夫会長兼CEO(82)、上西京一郎社長兼COO(60)、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングのボブ・ワイス氏(プレジデント)が登壇。加賀見会長がTDRの将来計画をVTRを交えて発表し、上西社長がOLCのビジネスモデル、業績イメージについて説明した。
 最大の発表は、2022年度中に東京ディズニーシー(TDS)に映画「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「ピーターパン」の世界をテーマにした3つのエリアが導入されること。TDS8番目のテーマポートとして、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」となる。同施設に隣接する5つ目のディズニーホテルも計画されている。拡張プロジェクトは、TDS開業以来最大の面積約14万平方メートルで、過去最多の約2500億円をかけての大規模なものとなる。
 さらにOLCではザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー(米国)とのライセンス契約を2076年まで延長することで合意したことを発表。会見にはミッキーマウス&ミニーマウスも登場し、フォトセッションで花を添えた。
 TDRでは現在、東京ディズニーランド(TDL)を中心に周年スペシャルイベント“Happiest Celebration!”を開催中で、2019年度にTDSにハンググライダー形のライドに乗って世界の絶景を空中観光する大型アトラクション「ソアリン(仮称)」がオープン。2020年春にはTDLに「美女と野獣エリア」、「ベイマックス」をテーマにした新アトラクション、ライブエンターテインメントシアターがオープンすることがすでに決まっている。さらに2024年までに計画を予告していた大規模開発が今回の発表だった。

 ◆値上げは?

 来年からどんどん進化していくわけだが、気になるパスポートの価格はどうなるのか。現在のTDL、TDSのそれぞれの1デーパスポートは、大人7400円、中人6400円、小人4800円となっている。2016年に3年連続となる価格改定(値上げ)があったが、ここ2年は据え置かれている。
 発表会見で、OLCの上西京一郎社長(60)は入園料の値上げについて聞かれ、こう話した。「今回のTDSの拡張プロジェクト、また2020年までにTDL、TDSで大きな投資をして参ります。これらの投資はゲストの方々の高い満足度を獲得できると確信しております。チケット価格を上げていく機会はあるととらえているところです。ゲストの方々の体験価値と、チケット価格は、ゲストの方々も非常に敏感なところがありますので、社内外の環境をふまえながら、適性に決めて参りたいと考えています」。

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.