ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 伝統の三冠戦、鶴田メモリアル、カシンVS船木もある全日本プロレスの底なし沼…金曜8時のプロレスコラム | メイン | 時差ボケ解消 »

2018年6月18日 (月)

中邑がAJにKO負けでWWE王座奪取ならず…夢の続きは両国2連戦で

 17日(日本時間18日)に米イリノイ州シカゴで開催されたWWEのPPV「マネー・イン・ザ・バンク」(MIT)で、中邑真輔(38)が、AJスタイルズ(40)の持つWWE王座に挑戦したが、王座奪取はならなかった。
 中邑がAJに挑むのは、4度目で、ラストマンスタンディング形式の完全決着ルールで行われた。両者は、手段を選ばない激しい攻防を展開。中邑はアナウンステーブル上でキンシャサを叩き込むと、さらに持ち込んだテーブルにAJスタイルズを叩きつけて主導権を握った。
 しかし、試合途中にヒザを負傷して劣勢となった中邑は隙を突いてAJスタイルズに金的攻撃。さらにキンシャサを繰り出すもカウント9。ダメージで動けない中邑だったが、それでも「カモーン」と挑発するとAJスタイルズはそれにこたえるように急所蹴り、さらにリングからフェノミナルフォーアームでアナウンステーブルごと中邑を吹き飛ばした。
 この攻撃で力尽きた中邑は立ち上がることができずに無念の10カウント。4度目の挑戦も及ばず、中邑は王座獲得を逃した。両者の王座戦は、29、30日に東京・両国国技館で開催されるWWE日本公演「WWE Live Japan」でも連戦で行われることが決まっている。

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.