ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 925の日 | メイン | 曙と花田虎上が再会「今夜解禁!ザ・因縁」 »

2018年9月28日 (金)

貴乃花“2度目の引退”の衝撃からすれば許容できる大仁田“7度目復帰”…金曜8時のプロレスコラム

 元横綱の貴乃花親方が2度目の“引退”会見を開いた。25日に「私、貴乃花光司は本日、年寄を引退致します」と表明した。本来なら親方が日本相撲協会を去ることは引退とは言わない。力士が現役を退く時は引退だが、親方が協会を辞める時は、退職と呼ぶ。だから、貴乃花親方の「引退届」は受理されず、芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が「書類に不備がある」と説明したのだった。

 引退届が受理されなかったことで、スポーツ報知の1面見出しは、引退でも退職でもない、「廃業」という言葉を使った。そもそも相撲の世界では「廃業」という言葉は死語と化していた。かつて、廃業という言葉は、相撲協会を去ることを意味し、力士の引退と親方の退職のどちらにも使用されていた。だが、元小結・旭道山(現実業家)が、衆院選挙に出馬するため、協会に別れを告げた時(1996年)に、「廃業」では語感が悪いため、協会が使わない方針を示した。

 しかしながら、貴乃花親方の退職は、“廃業”という言葉を甦らせるに相当する衝撃的な出来事だった。平成の大横綱が定年を全うせずに角界を去ることが平成のうちに起きようとは、2003年初場所の引退原稿を書いた記者としても、想像できなかった。

 「武士に二言はない」ということから、一度、引退(退職)を届けたならば、二度と復帰(復職)することができないのが角界の厳しい掟(おきて)だ。元大関・小錦(現タレント・KONISHIKI)が引退した97年九州場所では、師匠が場所中に引退意向を明かしただけで、千秋楽を待たずに引退せざるを得なくなったことがあった。

 それを考えるとプロレス界は何度引退しても、何度復帰してもいい。大仁田厚(60)は、昨年10月31日に、後楽園ホールで7年ぶり7度目の引退をしているが、1年たったここにきて、7度目の復帰のにおいがしてきた。27日に、東京・新宿FACEで開催された「TCW世界インディー連合」(ジミー鈴木プロデュース)の興行で、大仁田のハロウィーン限定キャラ、でびる・にた男が登場したのだ。

 当初は大仁田がレフェリーを務めることが発表されていたが、にた男がリングに上がり、レフェリーながら、毒霧攻撃などやりたい放題。化身が復帰して観衆が沸いたからには、大将・大仁田が出て来ないわけがない。もう、好きなようにやってもらおうじゃないの。引退原稿を何度も書かされてきた記者としては、そう思わざるを得ない。

 大相撲とプロレスを比較することはナンセンスだが、そもそもプロレスは、大相撲を廃業した元関脇・力道山が日本に根付かせたもの。東富士、輪島、双羽黒、曙と廃業した歴代横綱を受け入れてきた許容の文化がある。だから、レスラーが何度引退してもいいし、何度もリングに復帰することに対して寛容だ。ファンも「また、大仁田か。しょうがないなぁ」と言って受け入れる度量がないと務まらないのである。貴乃花親方が知る必要のない世界ではあるが。(酒井 隆之)

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.