ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 平成最後の世界最強タッグ開幕! ハンセン? ブロディ? そこには昭和があった…金曜8時のプロレスコラム〈100〉 | メイン | ミルカ“音譜の鳥”が海外へ飛ぶ…スイスで10年ぶり「日本のアール・ブリュット」展開催 »

2018年11月23日 (金)

“千の顔”ミル・マスカラスの最初の顔をドクトル・ルチャが発掘…金曜8時のプロレスコラム

 “1000の顔を持つ男”の異名を持つ、覆面レスラーのスーパースター、ミル・マスカラス(メキシコ)。年齢は76歳とされているが、それは“中の人”であって、いや、そんな言い方をするのも失礼なほど、マスカラスは永遠のヒーローだ。銀ラメに黒の鷲がはばたき、額に赤いMマークがあるトレードマークのマスク(通称・トレード)が有名で、その上にかぶる様々なオーバーマスクを脱いで、客席に投げ込む姿が日本ではおなじみだった。

 1964年にデビューし、リングネームが「千のマスク」だから、生まれながらにして、様々な顔を持つことが決まっていた。ならば、その第1号のマスクはどんな顔だったのか? これは、あまり知られていないというより、資料が存在せず、不明だった。プロレスファンの間では、謎めいたロマンだったが、それをこのほど発売された「国宝級マスク研究」(辰巳出版タツミムック、1600円+税)で発表されたのだ。

 このムック本は、プロレス専門誌「Gスピリッツ」で「“千の顔を持つ男”ミル・マスカラス 国宝級マスク大研究」を連載していたドクトル・ルチャが監修しているが、このルチャ博士こそ、元「週刊ゴング」編集長の清水勉氏(61)だ。「マスカラスのゴングか、ゴングのマスカラスか」と呼ばれたほどのゴング魂によるスクープだった。

 同書では、新たに発掘された未公開のマスクを加え、マスカラスの54年の歴史を網羅。さらに「初代タイガーマスク“虎の顔”50枚+α」やエル・サント、ドクトル・ワグナー、フィッシュマン、アニバル、カネック、ドス・カラス、マッハ隼人らのマスクを紹介。出てくるマスクの写真は、実際に本人が使用した本物ばかりというこだわりようだ。

 スクープは、締め切りの都合から編集後記にギリギリ間に合った形で、あまりクローズアップされていないので、ここでしっかり紹介しておこう。

 ドクトル・ルチャは、少年時代から50年にわたって、マスカラスのマスクのラインアップを調べてきた。だが、65年7月にマスカラスがメキシコでメジャーデビュー(アレナ・メヒコ)して以降は資料がそろったが、64年夏のグアダラハラでのローカルデビューからの1年間は、不明なことが多かった。初期のマスクは、4種類だったが、どれをデビュー戦でかぶったのか。

 2007年に休刊した「週刊ゴング」がたどりつけなかった史実を、清水元編集長は、ドクトル・ルチャに名を変えて、探り続けた。そして発掘した。廃刊した「KO」誌のバックナンバーをメキシコの弁護士事務所で発見。小さい記事の2枚のモノクロ写真からマスクが特定できたのだ。

 それは白いサテンに薄いピンクの縁取りのマスクだった。「マスカラスの源流の最初の一滴にたどりついた感動と興奮は忘れられません」とドクトル・ルチャは話す。

 マスカラスを生んだ専門誌「ルチャ・リブレ」にも載っていなかったネタだった。さらに「ルチャ・リブレ」誌でカラーグラビアになったそのマスクとコスチュームを紹介するという研究発表。「国宝級マスク研究」の書名にふさわしい、巻末スクープになった。もしマスク研究に学会があったとすれば、メダル表彰ものだろう。

 かつてプロレス週刊誌の黄金時代に過激な部数争いを行ったライバル、ターザン山本氏(72)は、プロレスのリングに上がって、大仁田厚(61)と乱闘する破廉恥ぶりを演じている。その一方で地道な調査報道を続けている清水氏に、記者として頭が下がる思いがした。(酒井 隆之)

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.