ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 東京ドーム開幕祭が開幕 | メイン | 花見バトル 靖国神社~両国国技館 »

2019年3月29日 (金)

「馬場さん追善興行」で流れなかった天龍と越中のテーマ…金曜8時のプロレスコラム

 以前、このコラムで「懐かしのスーパー・ファイターのテーマが国技館に響いた」として、「ジャイアント馬場没20年追善興行~王者の魂~」「アブドーラ・ザ・ブッチャー引退記念~さらば呪術師~」(2月19日・両国国技館)で流れたレスラーの入場テーマを紹介したところ、大反響を頂いた。

 当日流れた入場曲は、馬場さんが使用した日本テレビ「全日本プロレス中継」のオープニングテーマ「スポーツ行進曲」、そして晩期に使用した名曲「王者の魂」、ブッチャーの「吹けよ風、呼べよ嵐」、ミル・マスカラスの「スカイハイ」、ザ・ファンクスの「スピニング・トーホールド」、スタン・ハンセンの「サンライズ」、新日本プロレスからは、アントニオ猪木の「炎のファイター」、坂口征二の「燃えよ荒鷲」など、決定盤としてアルバムになってもいいほどの、昭和を思い起こさせる高貴な旋律が、国技館に響いた。

 「これを機に“プロレス入場テーマ総選挙”をネットで論争していただきたい」と書いたことで、様々なコメントを頂いたが、それらを集約するように浮かび上がったのが、昭和のアルバム「ウエスタン・ラリアット」(バップ、1982年)だった。

 「全日本プロレス夢の祭典プロレステーマ曲集」というサブタイトルで、収録曲は、「日本テレビスポーツテーマ」、「王者の魂」(ジャイアント馬場)、「ローリング・ドリーマー」(ジャンボ鶴田)、「サンダー・ストーム」(天龍源一郎)、「ギャラクシー・エキスプレス」(NWA世界ヘビー級チャンピオンのテーマ)、「スカイ・ハイ」(ミル・マスカラス)、「サンライズ」(スタン・ハンセン)、「スピニング・トー・ホールド」(ザ・ファンクス)、「ライディーン」(リッキー・スティムボート)、「移民の歌」(ブルーザー・ブロディ)、「チョーキング・ダウン」(夢の祭典のテーマ)…。

 冒頭では「こちらは超満員に膨れ上がりました格闘技の殿堂、東京・蔵前国技館です。さあこれより豪華な全日本プロレス夢の祭典、選手入場式がリング上で行われます」という日本テレビ・倉持隆夫アナウンサーの実況が入り、会場にいるような雰囲気が味わえた。

 ハンセンが新日本プロレスから全日本プロレスに引き抜かれ、大旋風を巻き起こしたことからアルバムのタイトルがハンセンの代名詞でもある必殺技「ウエスタン・ラリアット」(西部の投げ縄)になった。新日本プロレス時代はテレビ朝日の古舘伊知郎アナウンサーが「ウエスタン・ラリアート」と表現しており、昭和のプロレス少年は、アームタックルのことを「ラリアート」と信じ込んでいたが、アルバムのジャケットに「WESTERN LARIAT」とスペルを書かれれば「ラリアート」と読めようはずがなかった。そういう意味でも画期的なアルバムだった。

 「馬場さん追善興行」は、この名盤の要素を体現していたが、残念だったのは、天龍の「サンダー・ストーム」が流れなかったこと。2015年に引退した天龍源一郎氏(69)は、当初はこの大会の実行委員に名を連ねていたが、直前に退任。「各団体の協力も仰げ、無事に立ち上げの役目を終え、全日本プロレス出身の元プロレスラー天龍源一郎として陰ながら応援させて頂きたいと思います。ひと時ではありましたが実行委員として馬場さんのご恩に少しでも報いる事が出来、感謝しております」とのコメントを発表した。

 実行委員会と天龍プロジェクトの契約が成立しなかったということだが、天龍の「サンダー・ストーム」は1月30日に後楽園ホールで鳴り響いていた。越中詩郎(60)のデビュー40周年記念大会「侍祭り~平成最後の平成維震軍~」だった。この大会では、「馬場さん追善興行」で流れなかった“未収録曲”をフォローしていた。

 試合に出場した藤波辰爾(65)の「ドラゴン・スープレックス」、セレモニーに登場した長州力(67)の「パワー・ホール」は、新日本プロレスの歴史に欠かせない名曲だ。そしてクライマックスが天龍の「サンダー・ストーム」と越中の「SAMURAI」。

 花束を持ってセレモニーに登場した天龍は、腰が悪く歩行も困難だったが、長州に手を借りながらリングイン。「越中選手、40周年おめでとうございます」天龍の滑舌の悪い早口に場内は大爆笑。「お客さんは越中のヒップアタックを喜んでましたが、一言言わせてもらえれば、(バックステージの)寒い階段で45分も待たされて、お客さんは喜んでましたけど、もういいよ」と天龍は皮肉を込めたあいさつをかました後、笑顔で越中と握手した。

 この2人のテーマが「馬場さん追善興行」で流れなかったことに、昭和から平成にかけての“反骨のプロレス史”を感じずにはいられない。天龍は1976年に、越中は1978年に馬場さんの全日本プロレスに入門した直弟子だが、ともに“鎖国時代”の全日本から飛び出した。越中は85年に新日本プロレスに、天龍は90年にSWSに移籍。2人とも里帰りは果たしており、当時のわだかまりは霧消していることは承知の上で、不器用な昭和の漢(おとこ)の生き様を感じてしまうのだ。

 この全日本プロレス出身の2人が、シングルマッチで新日本プロレスのメインイベントを戦った1992年12月14日の大阪府立体育会館大会は、忘れられない。昭和プロレスが凝縮された平成の名勝負だった(20分47秒、パワーボムで天龍の勝利)。

 ところで、「馬場さん追善興行」と「越中40周年大会」のそのどちらにも鳴り響いたテーマ曲があった。それは、武藤敬司(56)の「HOLD OUT」だった。新日本プロレスのエースから全日本プロレスの社長にもなった男は、化身のグレート・ムタ以上の多面性で、平成のプロレス史を彩った。そこには、昭和の名曲とはまた違った響きがある。歌は世につれ、世は歌につれ-。間もなく新たな元号が発表されるが、プロレス・スーパー・ファイターのテーマは、いつの時代も心を奮い立たせるものであってほしい。(酒井 隆之)

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.