ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 昭和の呪縛を解き、平成の夢をかなえたIWGPインMSG…金曜8時のプロレスコラム | メイン | 平成元年のCCはJ鶴田の三冠統一だった 平成最後は三冠王者・宮原健斗が王手をかけた…金曜8時のプロレスコラム »

2019年4月19日 (金)

前田日明を「この野郎!」とにらみ返した名物記者…金曜8時のプロレスコラム

 今年50周年を迎えたテレビ朝日系「ワールドプロレスリング」(毎週土曜深夜2時)で新日本プロレスの米MSG(マジソン・スクエア・ガーデン)初進出興行「G1スーパーカード」(日本時間7日)が13日に放送されたが、解説を務めたのがプロレスTODAY編集長の柴田惣一さん(60)だった。元東京スポーツ運動部長と言った方がわかりやすいか。

 メインイベントのIWGPヘビー級選手権、ジェイ・ホワイトVSオカダ・カズチカのゴングが鳴ってすぐ、実況のテレビ朝日・野上慎平アナウンサー(35)が「柴田さん」と問いかける。かつて古舘伊知郎アナウンサーが当時の東京スポーツ運動部長・桜井康雄さんに「桜井さん」と言って取材の引き出しを開けていく、安定した掛け合いが懐かしい。これが新日本プロレスを「ワールドプロレスリング」というワンダーランドに仕立てて、視聴者を興奮させてきた。

 この昭和からの伝統が令和の時代へ続くことをMSG中継で感じられ、うれしくなった。柴田さんは、「解説は以前は毎週のようにありましたが、今は月1回程度です。あくまでもテレビ朝日さんからの仕事で新日本プロレスさんから出演料をもらっているわけではありません」と記者として団体と一線を引いていることを強調する。東スポを辞めてからは「ヅラではありません。引っ張ってみてください」と盛ったような自身の頭髪をネタにしたり、「1000のネクタイを持つ男」と自称して、ミッキーマウスなど派手なネクタイを自慢するキャラクターになっているが、決してレスラーに媚(こ)びない記者魂の持ち主だ。

 私が柴田記者を初めて見たのは、1990年10月25日の大阪城ホールの控え室だった。前田日明氏(60)の新生UWFでの最後の試合となった船木誠勝(50)戦の直後だった。大学時代に今はなき「週刊ファイト」(新大阪新聞社)のアルバイトとしてコメント取りの手伝いをしていたのだが、UWFの解散前夜で現場はピリピリしていた。

 記者に囲まれて質問を受けていた前田(現役時代の回想のため以下敬称略)は、柴田記者を見つけるなり「おい、ウソばっかり書きやがって。東スポはウソばっかり書くからな」とかみついた。柴田記者はひるむことなく、「それは私個人に対してですか、会社に対する抗議ですか」とにらみ返し、会社批判なら聞き捨てならない、という毅然たる態度を取った。

 前田は「終わりだ」と言って囲み取材を打ち切って、報道陣を追い払った。レスラーとプロレス記者はある種のなれ合いのような関係だろう、と高をくくっていた学生記者にとっては、衝撃的な場面だった。スポーツ報知の記者になってからも、たまにしか来ない他社の記者である私に、柴田さんはいろんなことを教えてくれた。

 前田との関係が濃密だったからこそ、平気でぶつかり合えることを知った。前田と柴田記者は1958年度生まれの同学年。学習院大卒の柴田記者の記者1年目の1982年には前田は英国武者修行中で、翌83年にIWGPヨーロッパ代表として凱旋帰国してから密着取材。「越中詩郎もそうですが、同学年ですから特に思い入れのある選手ですよ」という。

 「蹴られて前歯が飛びましたし、バックドロップで死にかけたこともあります」私が目撃したあの丁々発止の前に、もっと衝撃的な体験をしていたのだ。旧UWF時代の1984年に横須賀市総合体育館で前田の襲撃を受けたという。記事を見てカチンときて突っかかってきた前田に、柴田記者も「何だ、この野郎!」と食ってかかった。その瞬間、ハイキックを浴びてダウン。「前歯が2本飛んでいくのがフラッシュバックのように見えました」と今だから笑える話だ。

 さらにその和解のために、同行したグアム合宿でもぶつかる。プールサイドで遊んでいた時に、前田が柴田記者を抱えてプールにバックドロップで投げ込もうとした。その時、前田の足が滑ってしまい、プールサイドのコンクリートの上に落下。「生まれてからの思い出が走馬灯のように見えました。本当に見えるんですね」と述懐する。前田は「俺がとっさに、腕で頭をガードしたから助かったんだよ」と自慢げに笑っていたという。

 「武道経験どころかスポーツ経験もありません」という小太りの柴田記者。当時が老けていたのか、30年前と変わっていないような気がする。頭髪は増えているようにも思える。今でも番長キャラを隠せないダンディーな前田日明氏と、腕力ではかなわいないが絶対に引き下がらず番長から一目置かれる秀才キャラの柴田記者。還暦になっても、この関係は変わらない。一流レスラーと番記者という名コンビも、プロレス文化を醸成してきた大切な要素だと思う。(酒井 隆之)

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.