ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

ダイハツの試乗会

 ダイハツ工業の新型軽乗用車「ムーヴ コンテ」の試乗会に参加するため、1泊2日で小田原へ行って参りました。

 私はふだん車にあまり関心がないのですが、「居心地の良さ」をテーマにしたこの新型車の「売り」は体感することができました。資料によると、空間消費志向やシンプル志向などの多様化するニーズをとらえ、自分らしくいられる「居心地の良さ」をテーマに開発。ムーヴの高い基本性能を受け継ぎながら、洗練されたスクエアスタイルに居心地の良さを追求した機能・装備が充実・・・・となっています。

846

続きを読む »

2009年2月22日 (日)

ビールを飲んでも痛風は治る

 飲み食いを生き甲斐としている人を悩ませる「痛風」という病気があります。現代人の「ぜいたく病」ともいわれる病気ですが、ストレスが溜まる過度の節制はむしろ逆効果だそうです。

 宝島社さんから「ビールを飲んでも痛風は治る」(監修 納光弘、定価780円)という本が出ました。実際に痛風になってしまった痛風の専門医、納光弘さんが、闘病記と撃退法をまとめた一冊です。一日に飲める許容目安量、プリン体の多い食品・少ない食品などが図解されており、酒好きな人にとっては健康管理の参考になるでしょう。

844_2

続きを読む »

2009年2月19日 (木)

映画「剣岳 点の記」

 6月20日に全国ロードショー予定の山岳映画「剣岳 点の記」(木村大作監督)の試写会に行ってきました。

 1907年(明治40年)、古来から前人未踏の「死の山」といわれてきた北アルプスの名峰・剣岳(2999m)に、不屈の闘志、献身の心、仲間の絆(きずな)を信じて挑んだ男たちの物語。山岳小説の創始者ともいわれる新田次郎作品(文春文庫になっています)を映画化したものです。監督は「鉄道員(ぽっぽや)」などを撮影してきた撮影技師の木村大作氏。50年の映画人生すべてをかけて取り組んだ初めての監督作品とのことです。

 高校・大学と学生時代は山岳部に所属していた私としては、四季を通じて合宿の主戦場だった剣岳。何よりも撮影がさぞ大変だっただろうと想像しつつ、美しい映像をみながらタイムスリップしました。

834

続きを読む »

2009年2月18日 (水)

江東区女性殺害事件判決

 昨年4月、東京都江東区のマンション自室で2部屋隣に住んでいた会社員女性(当時23)を殺害し、遺体を切断して捨てたとして殺人などの罪に問われた元派遣社員の男(34)の判決が18日、東京地裁でありました。この事件は事実関係に争いはなく、死刑か無期懲役かの量刑判断が争点でしたが、判決は無期懲役(求刑・死刑)でした。

 犯行に計画性がなく、残虐性が過大評価できないことなどを理由に「被害者が一人」の場合のこれまでの判例を踏襲した形での量刑判断となりましたが、強い処罰感情をお持ちのご遺族の方々にとっては受け入れがたい判決だったようです。

続きを読む »

2009年2月17日 (火)

酒は人間の本性を暴く。

 今、読んでいる本は、起訴休職外務事務官、佐藤優さんの「交渉術」(文藝春秋)です。外交官、インテリジェンスの専門家として外交の第一線の場で様々な交渉をして来た著者の体験に基づく実用書。出世作となった「国家の罠」(新潮社)以来、佐藤さんの本もだいぶ読んできましたが、今回の本は日々の取材活動にも即応用できそうなところもありそうです。

 時すでに遅しですが、第4章「酒は人間の本性を暴く」は、17日に閣僚を引責辞任されてしまったあの方にも、読ませてあげたかった・・・・。

続きを読む »

2009年2月15日 (日)

森達也さんのインタビュー

 2月16日付紙面で初めて書評を担当させて頂きました。紹介した本はオウム真理教信者の日常を追ったドキュメンタリー映画の監督として知られる森達也さんの初の本格的小説「東京スタンピード」(毎日新聞社、税別1600円)。舞台は2014年の東京。ささいなことを契機に市井の人々が暴徒化して、やがて大量虐殺へとスタンピード(集団暴走)していく・・・というストーリー。1月に森さんご本人をインタビューした記事です。ぜひ本紙をご覧下さい!

 818

続きを読む »

2009年2月12日 (木)

一度でも土俵に上がれば元力士

 24年前に大相撲の幕下力士だった男(43)が、結婚詐欺の容疑で警視庁高輪署に逮捕されました。1級建築士を語り、デートでは運転手尽きのリムジンを借りるなどで“セレブ生活”を装った上で、結婚を約束した女性から現金730万円をだまし取った疑い。同署は他にも詐取された女性が3~4人いるとみて余罪を追及中。本人は容疑を認めているとのことです。

 この男性は84年春場所に初土俵を踏み、翌85年の春場所で廃業しています。土俵生活は20年以上前で、しかもわずか1年だけ。それでも新聞上は「元力士」の見出しが立ってしまいます。

続きを読む »

2009年2月10日 (火)

裁判官のわいせつ犯罪

 現職の裁判官が、わいせつ行為で現行犯逮捕されるという困った事件が8日、起こりました。

 福岡発宮崎行きのJR高速バス車内で眠っていた宮崎県内の女子短大生の下半身を触ったとして、宮崎県警都城署が、準強制わいせつの現行犯で福岡高裁宮崎支部判事(52)を逮捕。この判事はかつて自分が担当したわいせつ事件で元教員と元警察官にそれぞれ有罪判決を言い渡したことがあります。

 この判事は容疑を否認しているとのことですが、一般人と違い人を裁く側の立場にある人が、どのように裁かれるか。事件に呆れるだけで終わらず、国民としては結末までをきちんと見届けるべきでしょう。

続きを読む »

2009年2月 7日 (土)

古今遊園地事情

 米国ハリウッド映画のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のアルバイト募集に志望者が殺到しているというニュースが入りました。不況の影響からか応募者数は昨年の倍以上。選考の倍率は3倍近くになるとのことです。それでも約1200人を採用する予定とのことですから雇用環境が悪化の一路をたどる中で頼もしい話です。一方で東京・日野市にあるモータースポーツをテーマとした遊園地「多摩テック」が9月いっぱいで閉鎖するという報道がありました。

 奇しくも同じ日に報道された2つのニュースですが、新旧遊園地の事情を対照的に物語っているように感じました。

続きを読む »

2009年2月 5日 (木)

ブログ炎上

 お笑い芸人・スマイリーキクチさん(37)のブログに、殺人事件の犯人であるかのような書き込みをしたとして、警視庁中野署が5日までに名誉棄損の疑いで17~45歳の男女18人を書類送検する方針を固めました。もちろん全くの事実無根の中傷。ブログ炎上で一斉摘発というのは珍しい事例のようですが、今後もこういう嫌な事件が増える可能性はあるようです。

続きを読む »

甲斐毅彦

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.