ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 鳩山代表が田植え | メイン | 雅山関の結婚披露宴 »

2009年6月 6日 (土)

佐賀の筋肉料理人。

 久々に食べ物の話。

6月4日付の弊紙のレジャー面で、こんな本を紹介させて頂きました。

1065

 「筋肉料理人の居酒屋ごはん帖」(藤吉和男著、宝島社 890円)

 著者の藤吉さんは、ちょっと変わった経歴の持ち主。佐賀県内で小さなガソリンスタンドを経営する傍ら生活のために居酒屋でアルバイトしている料理人です。

 勤め先で覚えた手作りの居酒屋料理を紹介するために2005年から始めたブログ「魚料理と簡単レシピ」が、話題を呼び、今年2月には累計アクセス300万件を超える人気ブログになりました。

 本の中ではこれまで藤吉さんがブログで紹介してきた酒のつまみのオリジナルレシピをカラー写真で紹介しています。

 まだ自分のお店を開く前に料理本を先に出版しちゃうっていうのは、ちょっとすごいですね。

下の写真の「ごまさば」を見ると、大相撲九州場所を思い出します。

1066_3 

 2001年から2005年まで大相撲担当だった私は年に1度、力士以上に気合が入る?のは11月の九州場所でした。何がうまいって魚が抜群にうまい! つまみがうまいから酒が進む。体質的には、強くない私が「酒飲み」のイメージを植え付けられた地は九州だったと思います。

 毎晩のようにお相撲さんたちと飲み歩いていましたからね。

 藤吉さんの地元、佐賀といえば私は呼子のイカを思い出しますが、福岡と近いからほぼ同じ食材がそろうでしょうね。本の中では肉料理のつまみも紹介されているけど、九州といえば、やはり魚。本の中では「ぶりのあら煮込み」「鯛しゃぶ鍋」なども紹介されています。1064  アジの捌き方も、このとおり図解入り。試してみたくなりますね。

 めっきり不景気になってからは外食よりも家で食事を済ます方が増えているようで、こういった料理本は、けっこう人気らしいです。

 相撲記者時代は毎晩、自宅に帰ってからも飲んでいたけど、つまみはほとんどコンビニで買ってきたモノで済ませていたような気がするなあ。

 でも、気まぐれなものでレシピを見ているとちょっとチャレンジしてみたくなるものです。

 最近はすっかり酒を控えるような生活に変わっているのに・・・。罪な本ですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/20073767

このページへのトラックバック一覧 佐賀の筋肉料理人。:

コメント

∩・∀・)こんにちは~
ご無沙汰しております、筋肉料理人です。
久しぶりにお邪魔させて頂きました。
過去記事が残っていて懐かしい気持ちになりました。
あれから3年経ち、新しいレシピ本を出版することになりました。
「筋肉料理人のかんたん!絶品おつまみ」です。
前作同様、おつまみ本ですが、
不況の中、遅くまでお仕事をして帰宅した後でも、
美味しいおつまみを作れる。を第一に考えて作りました。

前作から3年、また出版できるとは思っていませんでした。
続ける事って大事ですね。
それでは失礼します。

 筋肉料理人さま、こんにちは。まさかご本人からコメントを頂けるとは・・・(冷や汗)。ありがとうございました。
 本当ならば、東京にお見えになった機会にでも、お話を伺えればと思っておりましたが、間に合わずに先に紙面とブログで紹介する形になってしまいました。
 最近は料理が出来る男が、かっこいいと思うようになって来ました。私もまずは軟弱料理人を目指して頑張ります。

∩・∀・)こんにちは~
はじめまして、筋肉料理人です。
私の本を紹介して頂き、ありがとうございます。
生活の為にはじめた料理が何時の間にか楽しくなり、勢いがついてレシピ本になっちゃいました。
初めてつくった本ですので、至らない点が多数ありますが、心を込めて作りました。
私自身が酒飲みですので、おうち居酒屋を楽しみたい方の参考になれば嬉しいです。
ありがとうございました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.