ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 雅山関の結婚披露宴 | メイン | 太宰治検定 »

2009年6月14日 (日)

どげんかしてでも飲みたい酒。

 宮崎県の東国原英夫知事が14日、東京・台場のホテル日航東京で行われた「宮崎の本格焼酎と食のフェスタ」に特別ゲストとして出席し、宮崎の焼酎や、宮崎牛、メロン、マンゴーなどの特産物のPRに一役買いました。

 約200人が集まった会場には、宮崎県産の焼酎140種が展示されていました。

 1098

 宮崎の焼酎といえば、全国的にポピュラーな「黒霧島」をはじめとする芋ですね。

でも麦、米、そばもあり、栗焼酎やらとうもろこし焼酎なんていうのもあります。そのまんま東さんの話によるとピーマン焼酎やらカボチャ焼酎もあるそうです。

 話の種に飲んでみたいですね。ちなみに私は変わったところでは牛乳焼酎、珈琲焼酎、昆布焼酎などを飲んだことがあります。いずれも宮崎産ではありませんが。

 焼酎に限れば、私も東さん同様、芋派ですね。

 特に気に入っているのが宮崎県の「ひとり歩き」という銘柄の焼酎なんです。

 今日は展示されているのかな、と思いましたが、どうやらなかった模様。日南市の古澤醸造という蔵元が出していているんですが、東京では品薄ですね。

 多くの芋焼酎で原料として使われるのは「コガネセンガン」ですが、「ひとり歩き」は「ジョイホワイト」という比較的新しい品種が原料となっています。

 味を文章で説明するのは難しいですが、よく使われる言葉でいえばフルーティー。優しい甘さで芋焼酎が嫌いな方(特に女性の方)でも、ひょっとしたらやみつきになるかも。

 新宿でたまに顔を出すお店にキープしているのが「ひとり歩き」です。

確か、こんな噂が「ひとり歩きする」っていうのが、名前の由来だとか聞いたような気がします。

 飲み方は、そのまんま東さんと同様、私もそのまんま。ロック一筋です。

 水で割るようなお酒を飲むくらいだったら、ウーロン茶を飲んだ方がよっぽどいい。酒量がめっきり減った最近でも、そのスタンスは変わりませんね。

1095

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/20184813

このページへのトラックバック一覧 どげんかしてでも飲みたい酒。:

コメント

 HIRAIZUMIさん、コメントありがとうございます。私自身は麦焼酎をほとんど飲みませんが「百年の孤独」は美味しいですよね。これ、ガルシア・マルケスの作品の題名と同じですが、由来は何なんでしょう?

 先輩、八海山さんは多角化傾向で頼もしいですね。焼酎も美味しかったですよ。「八海山」でつけた梅酒、是非飲んでみたいです。

八海山本格米焼酎「宜有千萬(よろしくせんまんあるべし)」もよろしくね。梅酒も出したよ、「八海山の原酒で仕込んだうめ酒」
http://www.hakkaisan.co.jp/

barおいしいお酒を水割って飲むのはもったいないですね。
芋焼酎のほか、同じ宮崎産の焼酎「百年の孤独」をお勧めです。
皇太子様のご愛飲された焼酎として有名で、特約の店しか出さないらしいです。
ご興味がありましたら是非味わってください。bar

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.