ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 立松和平さんを偲ぶ会 | メイン | 「初代 竹内洋岳に聞く」 »

2010年3月28日 (日)

中国語検定

 午前中に新宿で中国語検定を受けてきました。外国語を趣味とする私にとっては第4外国語。英語に続く第2外国語はロシア語でしたが、その後は韓国語の習得に病みつきになり、現在一番得意なのは韓国語になっています。

 何とか中国語も同じぐらいのレベルにまでできれば・・・と思い、2年くらい前から少しずつやっているのですが、なかなかハングルのようにはいきません。

 誰に聞いたか忘れたけど、東アジアの言語を習得する上で、こんな話を聞いたことがあります。

 泣いて入門して、笑って卒業できるのがロシア語。 

 笑って入門して、笑って卒業できるのが韓国・朝鮮語。

 笑って入門して、泣いて卒業するのが中国語。

 つまりロシア語はアルファベットも英語と違い、文法も複雑なので、最初は取っ付きにくいけど、ある程度習得してしまうと意外と易しく感じるということ。

 韓国・朝鮮語は日本語と文法がそっくり。ハングル文字は李氏朝鮮時代の1446年に考案されたのですが、もともと民族の識字率を高めるために作られた文字なので、理にかなっていて意外と易しい。日本語を母語とする人にとっては一番易しい外国語であることは間違いないでしょう。

 で、笑って入門して、まもなく泣き出す中国語。今、実感しています。

 笑って入門するのは漢字語だからなのでしょうが、実際に言語として運用するとなると、とても難解です。まず第一にアクセント(四声)、発音(ピン音)を身に付けるのが、なかなか大変なことです。一つひとつの漢字ごとに覚えていかなくてはいけないわけですから。

 腰をすえて勉強してないからですが、私はいまだに四声が、きちんと習得できていません。ひたすら繰り返して頭にすり込んでいくしかないのでしょうか。誰か良い方法をご存じの方がいらしたら是非伝授していただきたいです。

 で、今は中国毒餃子事件の容疑者(36)が捕まったことが話題になってますね。

「正社員にしてもらえず、待遇に不満だったから」と供述しているとのこと。

何で逮捕までに2年もかかったのか。

何で容疑者は犯行に使った注射器をもっと分からないように処分しなかったのか。

何で妻や親戚には「自分がやった」と打ち明けていたのか。

 不可解な点が多く、不自然な気がするのは私だけではないでしょう。

中国に詳しいジャーナリストの富坂聡さんにもお話を伺いましたが、中国政府には、今回の逮捕をもってこの事件にはフタをしてしまいたいという意図があるようですね。

 実はこの男性、スケープゴートにされたのではないか・・・。と思ってしまうのは邪推でしょうか。

 中国語を習得できたらこういった取材もしてみたいものです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/23723214

このページへのトラックバック一覧 中国語検定:

» ビジネスマナー検定 トラックバック ビジネスマナー検定
ビジネスマナー検定についての情報です。 [続きを読む]

コメント

いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

 ブログご覧頂きありがとうございます。語学は本気でやろうとすると金がかかりますね。でも一番大事なのは根気よく続けることでしょうね。中国語の次はアラビア語がやりたいです。

 ネモさん、ありがとうございます。共産主義思想はこういった矛盾をなくすことが原点だったはずなのに、中国はもろに資本主義の矛盾が噴出している気がしますね。

 私はタバコの煙がとても苦手なので、受動喫煙対策はもっと進めて欲しいと思っています。

語学がお得意なんですね。

無料で中国語の講座を勉強できるサイトなど、色々ありますよね。
http://fchi.web.fc2.com

語学の習得には時間と費用がかかりますから大変ですよね。
勉強頑張って下さいね。scissors

>「正社員にしてもらえず、待遇に不満だったから」と供述しているとのこと


 秋葉原の事件を思い出してしまいます。ここだけ読むと日本の派遣の人たちの話かと勘違いしますね。
 
 中国は共産主義の国家体制なのに、こういう不満があるんですね。
ギョーザ事件は製造物責任の絡む問題です。そして何より、三公社五現業のひとつだった日本たばこ産業(JT・旧日本専売公社)の製造物責任の問題です。中国サイドでの刑事責任の追及は今後もきっちりとしていただくとして、安易に生産拠点を、人件費が安いからといって海外に移してしまう企業にも問題が残ります。自由主義経済のルールを教えていく責任が日本の企業側にもあると思います。
 
 日本たばこさんにはきついことを言わせてもらいます!タバコはもう斜陽産業でしょう。やるべきことがほかにあると思います。それはタバコの常習喫煙者に対するがん保険などの保険料負担です。健康を害する商品を政府系企業が売っているのだから、まずは受動喫煙の被害者救済も当然ですが、タバコを買ってくれるお客さんの保護でしょう。
 
 TASPOなる購入カードの登録者には年間1%でもいいからがん保険の保険料をJTが負担すべきですし、財務省は値上げをするくらいならその分をそちらにまわすべきでしょう。それができなければタバコは製造中止にすべきも?健康を害するので吸いすぎに注意しましょうなんてパッケージに印刷するくらいなら、そちらに回すべきでは?あの意味不明のCMをやるくらいなら、また何億も出してイギリス?のタバコ会社を買収するくらいなら、常習喫煙者のがん保険の保険料にまわすべきでしょうね。どうせ、タバコと癌との因果関係は不明だとか何とか拒絶理由を言うでしょうが?

 冷凍食品もタバコ事業の斜陽化の中での異業種参入のひとつでしょう。薬までやろうとしているのはもうお笑いですよ。こういうことに気がつかないから、あるいは気がついていてもやろうとしないから、生産管理のお瑣末な食品を市場に出すことになり、ほかの冷凍食品会社から馬鹿にされるのです。もちろん、こういう企業風土であれば中国の関係者からも舐められているでしょう。


>笑って入門して、泣いて卒業するのが中国語。

 こういうことがわかっておられても、なおチャレンジされる姿勢、甲斐さん、さすがにお見事です。小生は、根性がないから、語学はまったくだめです。まずやる気がおきません。語学の必要性が今のところないためですが、情けないです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.