ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 山の日 | メイン | 小泉進次郎氏インタビュー »

2010年4月30日 (金)

酔っ払って入った家は・・・。

 29日は祝日で国会もお休み。何か事件はないものかと思っていた矢先に、珍事件の一報が入りました。

 プロレスラーの鶴見五郎(61)さんの神奈川県茅ヶ崎市の自宅に、泥酔状態で侵入したとして、県警茅ヶ崎署が29日深夜、横浜市南区の会社員の男(42)を現行犯で逮捕しました。鶴見さんと25歳の長男が約30メートル離れた路上で確保。男は容疑を認めているが「なぜ侵入したのか覚えていない」などと話しているそうです。70年代から国際プロレスなどで活躍して来た往年のプロレスラー宅であることも知らなかったようです。

005_2

 

 一報を聞いて、早速茅ヶ崎へ。

 鶴見さんは、夜が明けるまで警察の聴取に協力したそうで「眠いよ」と嘆きながらも取材に応じてくださいました。私が全日本リングで見ていた80年代はバリバリの悪役でしたが、本当に人柄のよい方でした。

 酔客が忍び込んだその家は、はぐれ熊の異名を持つプロレスラーの自宅。29日午前2時頃、眠りについたばかりの鶴見さんが「ガタン」という物音で目を覚ましました。「誰だ」と言うと、そのまま立ち去る足音。鶴見さんより一足先に、ウエートリフティングで体を鍛えた25歳の長男が、追跡しました。

 男を確保したのは30メートルど離れた自宅裏手の路上。長男が男を押さえつけた後、鶴見さんが男の左手首をきめ、警察に通報。猛者2人の前に身長170センチ7程度でやせ形のd男は小声で「すみません、すみません」とだけつぶやくだけだったそうです。得意のバックドロップやスープレックスを繰り出すまでもなく、ヒール時代に必須アイテムだった竹刀も不要でした。

 被害が特になかったことが幸いですね。

 茅ヶ崎署の調べによると、男からの呼気から検出されたアルコール濃度は0・45㎎/Lで、酒気帯び運転基準の0・15㎎/Lをはるかに上回る濃度だったそうです。自宅裏の工事中のブロックから侵入し、鍵のかかっていなかった窓を開け、部屋には入らずに立ち去ったとのこと。「会社の同僚とビール2杯、焼酎5、6杯を飲み、職場の駐車場にある車の中で寝ようと思っていた。なぜ侵入したのか分からない」などと供述しているそうです。

  国際プロレス解散後は、全日本リングにも上がり、タイガー・ジェット・シンや上田馬之助とともにヒールとしてにらみを効かせた鶴見さんは、還暦を超えた今も現役レスラーです。

  最近では2008年12月に後楽園ホールで行われた「昭和プロレス」でグラン浜田と組んで、大仁田厚&栗栖正伸組を破っています。それ以来試合には出ていないが、今年7月に予定されるDDT両国国技館大会にゲスト参戦するそうです。

 サンダー杉山や剛竜馬ら同時代にしのぎを削ったライバルレスラーは先に亡くなっていきましたが「まあ元気なところが見せられればね」と鶴見さん。自分が小学生の頃に見ていたプロレスラーが、まだまだ元気だと思うと、嬉しくなります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/24012855

このページへのトラックバック一覧 酔っ払って入った家は・・・。:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.