ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« カズ落選の教訓 | メイン | 大江氏が幸福実現党に入党 »

2010年5月13日 (木)

三宅雪子議員の転倒シーン

 自民党の小泉進次郎衆院議員の猛抗議もむなしく、12日に衆院内閣委員会で国家公務員法改正案が強行採決されました。与野党が紛糾する中、援軍として委員会室に狩り出された民主党の新人、三宅雪子衆院議員がもみ合う中で転倒。履いていたヒールが脱げ、30秒ぐらいうずくまって起き上がれませんでした。

 そして一夜明けた13日の本会議、三宅議員はなんと車椅子に乗って登場し、本会議では松葉杖をつきながら席に座りました。さらに驚いたことにその時、与党席からは拍手が巻き起こっていました。

 三宅議員は転倒した後、国会内の医務室で治療を受けたそうです。右ひざと顔面を打撲したとのこと。お帰りになるまで激しい痛みを訴えていたそうです。

 民主党は、この一件を「自民党の甘利明氏が押し倒したもの」と主張。甘利氏に対する懲罰を求めています。13日、甘利氏は取材に対し、強く否定していました。

 私はこの事故の時に現場におりまして、「ドテッ」と音を立てて倒れるまでの一部始終を見ておりました。私の目で見た限りは、サッカーの試合でいうところのシミュレーションのように見えましたね。審判の目を欺いて相手がファウルしたように装う反則行為。だって甘利さんと三宅さんの間には、他の男性議員が一人いましたよ。もみ合いのようになったけれど、触れているようには見えなかった。

 民主党は「けじめをつけろ」と甘利氏への懲罰を求めているわけですが、これはちょっといかがなものでしょうか。

 私は国会取材を始めて日が浅いですが、ちょっとこの一件には呆れてしまいましたね。

 進次郎氏は13日の本会議の後「これでけじめをつけろというのなら、民主党の中にはもっと他のことでけじめをつけていない方がどれだけいることか」と憤慨していましたが、まったくその通りでしょう。

 問題のシーンは動画サイトでも観られるようですから関心のある方はご覧になられてはいかがでしょう。ここではあえて添付しませんが。

 でも、包帯を巻かれた三宅さんの右足が本当に痛そうに見えたのも事実です。打撲ですんだのは不幸中の幸いですね。お大事になさってほしいと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/24134874

このページへのトラックバック一覧 三宅雪子議員の転倒シーン:

» 公務員試験 速攻の時事〈平成22年度試験完全対応〉 |資格試験研究会 トラックバック これ欲しい
公務員試験 速攻の時事〈平成22年度試験完全対応〉資格試験研究会実務教育出版 刊... [続きを読む]

コメント

懲罰動議の審議進んでないようですね

自民党 高木 毅氏のブログ

ttp://ameblo.jp/takagituyosi/entry-10539027787.html

>2010-05-19 15:34:13
>甘利議員への懲罰動議の今

>5月14日夕刻に提出された動議

>今その扱いは議運理事会に任されています(5月17日の記事をご参
>照下さい)

>一昨日の理事会では民主党の理事から「暴力のあったことは明らか
>で早く懲罰委員会に付託するように」と強い意見表明がありました
>が昨日そして今日の理事会では一切触れることはありませんでした

>出すには出したものの世間の雲行きなども考慮したのか民主党自身
>も扱いに悩んでいるようにも思われます

>三宅雪子議員は昨日は松葉杖が片方になりだいぶ良くなっているよ
>うです

転倒ばっかりに話いってるけど

問題はこの日強行採決された法案にあるのでは

もちろん甘利議員に冤罪被せられる事にも問題はありますが
動画の普及環境がなかったらと思うと…ぞっとします。

鳩山も小沢も三宅も、政治家としても人間としても必要ないと思います。

三宅さん、日本全国からブーイングが起こるような見事なシミュレーション、ありがとうございました。
心から軽蔑します。
今回これに便乗した民主党議員の声が多かったこともあり、民主党がこの国に必要ない党だとはっきりしました。
もう政治に関わらないでください。

今日の朝すっきり見てびっくりしました。電話がつながってて加藤さんとテリーさんにおこられてましたよ。ずうずうしくも電話でコメントしてさらに恥をさらしていました。何であんな人が議員なんですか?恥ずかしい。

 三宅議員の転倒の演技?に話題の中心が占められてしまっていますが、国家公務員法の改正がこれでよかったのかの議論が、この内閣委員会では不十分だったように思います。

 日本の国家公務員法はメリットシステム(資格任用性)を原則としています。プロを雇うのが原則で終身雇用です。そのかわり60歳の定年まで国は労働契約をしたのだから、定年前に退職勧奨をする場合は相応の年数、就労の機会を与えねばならない。これが天下りの問題です。ここをご覧になっておられる方々はこのようなことご存知かもしれませんが、行政学や行政法学ではこのシステムのほうが政権の右左に左右されない行政の中立性を確保できるとされています。一方、アメリカなどでは大統領制で、猟官制(スポイルズシステム)を幹部職の公務員およそ2000名に適用していますが、原則的にはメリットシステムなのです。猟官制では一般の民間企業のように公務員職の中途採用も可能になります。イギリスでも一時、スポイルズシステムが採用されていましたが、時の政権に媚びる人事ばかりになるので、メリットシステムに回帰していると思います。メリットシステムでは公務員の政治的中立性が求められるので、公務員の労働組合運動などには懐疑的です。そのかわり人事委員会などを創設して労使の調整をつけるのです。


 与党の民主党などが強行に採決した国家公務員法の改正は実質的にスポイルズシステムの導入であって、現行憲法秩序に適合していないのではないかという疑義があるにもかかわらず、あまり疑問の声が聞こえてこないのが奇妙です。行政法の学者先生とか行政学の教授先生の意見がテレビで紹介されることもなく、ただこの転倒偽装?の懲罰動議問題からほかの話題に流れていってしまったことに残念な思いが残ります。天下り問題(私個人は渡り問題が一番大きいと思いますが)を解決したいと思うのなら、議論の本筋はここにあると思うのですが?

そもそも、この人別にその場にいなくてもよかった人なんでしょ
そんな人が、そこに呼ばれた人のじゃましたんだから
突き飛ばされても文句言えないんじゃ…

ほんと冤罪ものですね。
万が一真実だとしても、政治のプロというプライドあるのならば
怪我を誇張させるようなスカートでの露出、松葉杖での登場は
ありえません。
こういう方が政治の世界にいる事を残念に思います。
同じ女性として軽蔑します。政治に「女」という武器を使うな!

なぜTVでは転ぶ直前をカットしたりと恣意的な編集をするのでしょうね?
残念ながら、民主党の支持率低下とともにTV離れも進むことでしょう

動画を見ましたが、どうみても甘利議員のせいで三宅議員が転んだようには思えませんでした。三宅さんご本人はそういう嘘をついて良心の呵責を覚えることはないんでしょうか?だとすれば恐ろしいことです。

フジTVの(編集)映像は見ていませんが、それが事実ならまたやったか!と呆れるばかりです。私はフィギュアスケートが好きですが、フジの放送はいろんな意味で本当に酷いものです。
そういえば三宅さんは元フジTV社員だとか(今回初めて知りました)。あんな会社で働いていた人なら、さもありあん、という感じもしますね。

甲斐記者には正直に見たまま、感じたままを書いていただき感謝しています。今後も「事実」のみを書いてください、お願いしますね。

久しぶりに記者と報道の良心を見せて頂きました。

ここのサイトこれから月一回は見ますね
甲斐さんとやらが、民主党に国会出入り禁止措置取られないかを確認するために
出入り禁止措置をとられたら、事ある毎に民主党の悪事としてネットで語らせて貰います

こりゃひどいね。完全な当り屋のチンピラの手口じゃん。

本来、三宅議員は内閣委員会の委員ではないのですから、傍聴席にいて委員の行動を妨害しない所にいるべきなのです。
野党議員が委員長席に行こうとするのを妨害して、ちょっと押されたて大げさに転倒して、懲罰動議するなんて許せない感じですね。

http://www.youtube.com/watch?v=l3y39-zlLug&feature=player_embedded#at=134
民主党の電話の酷い電話対応です。
国民の声にやくざのような口調で受け答え。
国民の声を聞く気のない民主党の体質がはっきりしています。

民主党のやり方に嫌気がさしてきました。
映像を見ただけでは、そんなにひどい怪我になるはずがなさそうなのですが

そんなつまらない争いを国会でしないで、ちゃんと政治をしてほしいです、本当に。

このような狂言で懲罰動議を行う政党って、ジャーナリストからみてどうなのですか?
与野党問わず、真実を追究するのがジャーナリズムだと思いますが。

TVは肝心なシーンをカットして放送しているし、
日本はどういう国なんでしょうね。

動画を見たが

そもそも、甘利が民主党の鹿野さんを押さなければ、三宅さんがコケる事も無かった
甘利は、何度も激しく押している

三宅さんは、それを避けようとして転んだ

例えて言うなら

電車待ちをして
後ろから押され、押された人が更に前の人にぶつかり
その先頭の人がホームに落ちて電車に轢かれた

この場合は、
そもそも、はじめに押した奴が殺人罪として問われる事になる

甘利は、傷害罪で逮捕されても仕方が無い

みんな演技だ、直接押してないなんて言ってるけど。

一方向からしか映ってないし、足元ほとんどどうなってるかわからんし。

直接三宅議員を押してないけど、三宅議員の前にいる男性議員はこけそうなぐらい押されてるし、あんなに込み入った場所でそうゆうことが起これば不安定な立ち位置にいた場合こけると思うよ。

満員電車で押されたらとんでもないことになるのと同じだと思うんですけどね。

呆れたとか、情けないで済まさないでください。
少なからず、一般人よりも、世間への配信チャネルをお持ちである以上、
追及しなければ、価値がありません。

もし国会出入り禁止とか不可解な措置をとられたら、ただちに記事にしてくださいね。

5月11日に自ら階段から転んだとの事実、全マスコミを通しご本人からの釈明が無ければ、この騒ぎ到底おさまりつかないと思います。

民主党は、もともと些細な事でも懲罰動議を提出する。昔の中国の文化革命に似ている。中国共産党よりたちが悪い。
国民の事など眼中にない。全て、自分たちの都合のいいように考え、事を進めていく。無能無策で虚偽、自己保身のみである。解散総選挙しか未来はない!

確かにサッカーのシミュレーションっぽいですが、この転び方をサッカーのフィールドでやったら、審判も敵味方も観客も一瞬沈黙の後、大爆笑、カード提示になります。マラドーナ(古い)はじめ演技のうまい方に指導を受けましょう。

 もしもあの瞬間、カメラが向いていなかったら・・・と考えると、とても恐ろしいです。

 痴漢の冤罪と同じで、罪のない人が犠牲者になっていたと思うと強い憤りを感じます。
 
 今までなら、国民ひとりひとりの声など、もみ消されてしまう世の中だったと思いますが、インターネットの力は凄いと感じました。

 国民の思いを記事にしてくれてありがとう!

動画を何度か見てみると、甘利さんに押された民主党議員の足に踏まれてこけたようにも見えなくもないですね。
だとすると、一応は、自演ではなく事故だったのかもしれません。

ただ、どっちにしろ、その後のこの事故の利用の仕方といい、テレビでの報道(主にフジテレビ)での動画の編集といい、いろんな意味で醜くてうんざりします。

こんなヤ○ザのやるような「当たり屋」同然の行為をやる人が国会議員なんて、情けないやら呆れるやら。
「痛くて松葉杖が必要」なはずの足を下にして足を組んでましたね。
こんな下劣な人は、もう議員辞職すべきです。

せめて三宅議員がコメントで「次回からは負けないよう踏ん張れるスニーカー履いてきます」くらいの事を言ったなら、
この女性議員に好感を持ち、逆に突き飛ばしたとされる議員が非難されたと思います。
女性であるが故の弱さを臆面もなく出して
周りから同情をひこうと必死な被害者面が痛々しく、転倒の仕方といい嫌気がさしました。
どこの党であれ、この議員への投票はしたくありません。

同じ女性だからこそ、「か弱い女性」を武器にしているようなやり方は心不快です。
こんな「お手柄」で、三宅議員が執行部から目をかけられて、他の小沢ガールズが我も我もと同じことをやり出したらたまりません。きちんと真相が解明されてくれることを望みます。

これぐらいのことが平気で出来るから、
成りあがれるんじゃないの、、、。
会社でも偉い奴は、たいがい性格は悪いよ。

自民党、馳浩議員の5月13日の日記の中で、議員会館のエレベータの中での三宅議員らとの会話で、「昨日の内閣委員会の強行採決で転んじゃって・・・」「運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい・・・・」と三宅議員が言っていた旨書いてありますが…。これが真実なら「懲罰動議」を出した議員はどう釈明するのでしょうか?
しっかり真相を解明してもらいたいものです。

三宅議員、一歩間違えば…
世の中で…身体の負傷による痛みや苦しみにたえ、車椅子や松葉杖での不自由な生活を余儀なくされている方々への
世間一般の目や心に最大の誤解をまねきかねない出来事だと思いますが…
負傷翌日に車椅子姿で未治療?傷の公開や、未調節?松葉杖での転倒…
こんなに危険極まりないこと…どなたが許可なされたのでしょう…
さらには、患側を下に足組など…
整形外科治療の領域にも波紋を投げかけてしまいかねません。

とても嘆かわしく不可解なことだと思わざるを得ない者の一人です。

こんな人、公認するのもどうかと思うけど、
変な議員が一人、たまたま紛れ込んでしまったとして、他の与党議員があの演技に便乗、
国会の場でくだらない議論をしているのを見て、この党は救いようがないと思いました。

他にもっとやることあるだろう!小学生の学級会よりひどい。
情けない! 

鳩山由紀夫・首相の答弁を聞きながら足を組む民主党の三宅雪子氏。もう痛くないの?!
http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/policy/100513/plc1005131909018-p4.htm

※画像:
・もう痛くないの?!13日午後、国会・衆院本会議場(酒巻俊介撮影)
http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/policy/100513/plc1005131909018-p4.jpg

・以下は、馳浩衆院議員の日記より。
−−−<以下、引用>−−−
 議員会館のエレベーターに、民主党の三宅雪子さん、松葉づえ姿で乗り込んでくる。
 えらいものものしい。
 「どないしたの?」
 「昨日の内閣委員会の強行採決で転んじゃって・・・」
 と、痛々しい包帯姿。
 「運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい・・・・」
 と三宅さん。
 「強行採決は与野党阿吽の呼吸でやるもんだけどね。 新人はまだ要領がわからないんだね・・・」
 と、同乗の共産党の宮本たけしさんと世間話。
−−−<引用終わり>−−−
 http://www.incl.ne.jp/hase/schedule/s100513.html

自民・甘利氏に懲罰動議=民主
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010051400882

でっちあげで人を陥れる恐ろしさ。
足利事件を出汁にして、冤罪がどうこうと検察批判した連中が。

山岡が、美人で可愛い三宅議員を突き飛ばすのはひどい、とか行っていたらしいね。
じゃあ、ブスで可愛げのない女性議員ならどう扱おうが問題無し、ということ?

大丈夫ですよ。
三宅さんの足は頑丈にできていますので^^

http://sankei.jp.msn.com/photos/politics/policy/100513/plc1005131909018-p4.htm

怪我した足に片方の足を思いっきり乗せて足を組んでいます。

記事を読んでスカっとしました。
わざとらしく車椅子で登院なんて、国会議員としてどころか
人間としてはずかしい行為だと思います。
複数の動画サイトにも証拠が挙がっているので、ぜひ
知らない人もどんどん見て欲しいと思います。
こういう訴え方しかできない議員など不要ですね。

このブログ、2ちゃんねるに転載されてますよ。転載の許可はあったんですか?

嘆かわしい事件です・・・
ネットがない時代だと動画サイトなどで国民が検証できなかったので、こういう冤罪が何件も通っていたのかと思うと女性議員の必要性に疑問を感じてしまいます

三宅氏はさすがテレビ局出身だけあって、「転倒?」シーンは勿論のこと、翌日の色鮮やかなスーツとそして包帯を
隠すことなくミニスカートに松葉杖と「見せる技術」は国会でも指折りの存在と言えるでしょう。
 これで「小沢ガールズ」と一括りにされていたポジションから一気に頭を抜け出してきましたね。
唯、今後残りの「ガールズさん」も三宅さんに負けじと我も我もとハイヒールで野党議員に近づいては絶叫と共に
倒れて苦悶の表情を競い合うことにならなければと懸念する次第です。
 案外「今日はカメラ廻ってないよ!」って言われるや、シャキと立ちあがってくれるかもしれないですが・・・
 小沢忖度政治の申し子のような彼女たちにはなぜ国会審議が混乱するのか、野党時代「数の横暴だ」と猛反発
していたことと今現在の民主党の姿はどう違うのか、よく考えて頂きたいと思います。

嘘を嘘で固める民主党

党として、懲罰動議をかけるとの事!
嘘づくしの民主党は、党利党略しかなく、極めて危険です。
懲罰動議は、容疑者:三宅雪子に対し、行わなければなりません。
中国共産党以上の嘘と情報統制、全体主義、秘密主義の民主党を証明するニュースです。
他の野党が認める病院にて、診断書を書かさなければ、嘘の診断書がまかりとおる事になる。
許してはならない大嘘です。


参考:
自民・甘利氏に懲罰動議―民主
時事通信2010年5月14日(金)18:03

スローで見てなくても初めて見たときに違和感を感じた
問題の転倒シーン。スローで見たら明らかに自分から倒れてる。
こんな恥ずかしい真似する人が議員だなんて悲しいですね。

馳浩衆議院議員の日記では自分で転んだって言ってるようですが・・・。
twitterでは突き飛ばされたって言ってるし・・・。
一体どうなってるんでしょう!?

(以下、馳衆議院議員の日記より)

議員会館のエレベーターに、民主党の三宅雪子さん、松葉づえ姿で乗り込んでくる。
 えらいものものしい。
 「どないしたの?」
 「昨日の内閣委員会の強行採決で転んじゃって・・・」
 と、痛々しい包帯姿。
 「運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい・・・・」
 と三宅さん。
 「強行採決は与野党阿吽の呼吸でやるもんだけどね。 新人はまだ要領がわからないんだね・・・」
 と、同乗の共産党の宮本たけしさんと世間話

http://www.incl.ne.jp/hase/schedule/s100513.html

真実を伝えてくださってありがとう
これからもそのジャーナリスト魂を持ち続けてくださいね

この問題は、相変わらず一部信者(民主党)では擁護されてますね。
三宅さん可哀想!!って。

ところで、これ自演ならば健康保険を使っての診療は詐欺になりますよ。大丈夫なのでしょうか?そこの所は。

痴漢冤罪を思い出しました。

三宅さんのおかげで、満員電車で女性が困った雰囲気
だしてても、絶対助けるのをやめる決心がつきました。

三宅議員もある意味被害者かもしれませんね。
山岡国対委員長あたりから転べって指令が出ていたのを
忠実に実行して、車椅子・松葉杖も民主党が用意していた
物にのっかただけかもしれません。それで一生「当たり屋」
の名前が付いてくる。
 怖いのはこの党の体質で、全てトップの云うとおりに行動
し、党の矛盾だらけの政策を詭弁で擁護している議員の姿
からは、かつてのオウム真理教信者を思い出し、マインドコ
ントロールされているのではないかと、空恐ろしくなります。

三宅議員が転倒、車いすで登場したことに話題が集まり、国家公務員法が強行採決によって改正されたことにだれも注目しなくなっていることは、民主党の大勝利と言っていい。

どうせテレビ局各社は画像の検証などせず、倒れる瞬間をカットして倒れた後だけを放送することによって、自民党は暴力的、民主党は被害者という印象操作を行うのだから、三宅の演技が下手だろうとなんだろうと関係ない。

懲罰要求だって、具体的な話になる前に引っ込めればいいだけ。

ジャーナリストさんがこういうことをしっかり追求してください。そうしないと民主党に騙された国民はいつまでも気がつきません。

こんな連中が国民を代表する”代議士”とは思いたくないですね。

民主党から「けじめをつけろ!」の声って(笑)
その声をなぜ鳩山・小沢・小林・石川に言わないんですか?

テレビでは甘利さんが悪いような伝え方をしている番組もあったのですが
こちらのブログで本当の所を知る事ができて良かったです。
ありがとうございました。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.