ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 手を組む自民党離党組 | メイン | 有馬理論 »

2010年7月19日 (月)

暑中お見舞い申し上げます

  19日は全国的に高気圧に覆われ、各地で35度超えを記録。今年一番の暑さとなったようです。

 猛暑続く折り、皆様のご健勝とお自愛をお祈り申し上げます。

 私は連休中の18日、ぶらぶらしていた横浜で偶然、花火大会と遭遇しました。

 天王洲アイルの会社から見える打ち上げ花火以外の花火を見たのは、たぶん10年ぶりぐらいです。

025

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/24714503

このページへのトラックバック一覧 暑中お見舞い申し上げます:

コメント

 著中お見舞い申し上げます。花火ですか?天王州アイルからなら絶景ですね。
 全国的に猛暑ですね。私は実験的に5本ほど植えているブルーベリーの実の収穫ですが、3月に消毒をしなかったせいでイラガが大量発生していて、よくそれに刺されています。イラガというのは緑色した毛虫でもみじの葉の裏なんかにつきます。抗生物質の入った軟膏が手放せません。ブルーベリーは南は今ぐらいから少しずつ北上する形でこれから実を結んでいきます。九州では熊本あたりが今ぐらいからでしょう。長野県あたりが8月下旬でしょう。パソコンを使う人が増えたので人気のある果物です。

 個人的に気になるのはミツバチが減っていて、反対にスズメバチなんかが全国的に増えていることですかね。最近は田舎だけではなくて都市部にいるのでびっくりです。テレビでも特集番組がありますが、スズメバチハンターの人たちの真似はしないこと!9月ごろになるとスズメバチは獰猛になります。
 
 本当は、スズメバチを倒すには、4月ごろまでに女王蜂をつかまえておくことなんですが、家の近所で何度も見かけるようでしたら、養蜂家の人たちが使うトラップで地道に捕まえていくしかありません。俗にスズメバチホイホイといいます。
 
 これは1・5リットル位のペットボトルの空容器にまず3センチ四方の扉式の穴をあけ、中にグレープジュースとカルピスと焼酎を2対1対4(個人差があります)の混合液をいれて、スズメバチを誘い込むもの。ペットボトルは透明で中の混合液を舐めようとして入ったスズメバチは複眼であることが災いして出られなくなりストレスで死んでしまいます。
 これを木の枝に2~3箇所ぶらさげておくと、だいたいどのボトルにも10匹前後のスズメバチさんが入っています。これで少しずつ殲滅していくしかないのです。差し迫った場合にはスズメバチ対策用の噴射スプレーがありますから、それをお使いいただいてもいいでしょう。
 
 家の玄関先などに巣を作られたら、個人で何とかしようとは思わないで、市役所などに相談してください。名古屋市などは対応してくれますし、全国だいたいどこの市町村でも環境課などが対応してくれると思います。

 ローカルネタですいません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.