ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 空港内にテーマパーク | メイン | ザ・ニュースペーパー »

2010年10月28日 (木)

進次郎議員が仕分けられた!?

 27日は久々に国会へ行ってきました。

 衆院内閣委員会の質疑で、自民党の小泉進次郎衆院議員(29)と蓮舫行政刷新担当相(42)が初対決。国民的な人気が高い与野党ホープ同士が激しくつばぜり合いを見せました。

 、事業仕分けを巡る論戦中には蓮舫氏が「ぜひ同じ党で仕分けをやりたいな」とラブコールを送り、進次郎氏が「誘惑に乗らないようにやらないと」と応戦する一幕も。

 初対決後、蓮舫氏の受け答えに老獪さを感じた進次郎氏は「簡単に仕分けられちゃった」ともらしていました。

 池袋での事業仕分け第3弾の開会式を終えた蓮舫氏は、国会へ直行。駆け付けた内閣委員会の質疑で、自民党の若手論客を「仕分け」ました。

 仙谷由人内閣官房長官に対して、閣僚らの一部給与返納を取り上げ「政務次官の給与の%を返すべきだ」と追及していた進次郎氏が、攻撃の矛先を蓮舫氏に向けたところで舌戦に火がつきました。

  余裕の表情で応じた蓮舫氏。「小泉さんが人気があるのが非常に分かる的確な質問を頂いております」と、まずは持ち上げてから「(質問の時)人を指さすのはやめた方がいい」と指摘。さらに「やらないとは言っていない。検討をさせて頂いている」と上から目線で回答をしました。これには進次郎氏も熱くなって応戦。「今の答弁では、なぜ蓮舫さんに人気があるのか分からない。蓮舫さんの口から『検討する』なんて言葉は聞きたくない!」

 
 民主党が事業仕分けを進めれば、民主党マニフェストのメッキが自ずとはがれてくるとみる進次郎氏は、蓮舫氏から事業仕分けでの目標について言質を取るのが狙いでした。「事業仕分け4日間で出す結論は?」「廃止ゼロということはあるか?」端的な質問をしても、蓮舫氏は応答するよりも、むしろ仕分け人を務める時の上から目線でした。

 「埋蔵金の定義をどう取られていますか?」と逆質問をしたかと思えば「もう少し質問を整理して」「小泉議員もだんだんお分かりになっているようですが…」。さらには「よく調べている。ぜひ同じ党で仕分けをしたいな」と余裕のラブコールまで送った。これには進次郎氏も「誘惑には負けないようにしないと。厳しく行きます」と意地で突っぱねていました。しかし質問は空転気味。本筋には迫りきれないようでした。

  進次郎氏は「当たってくだけた感じ。はねかえされたのは私の未熟さでしょう」と苦笑い。「仕分け人」の壁は思った以上に厚かったようです。「新聞の見出しは進次郎、蓮舫に仕分けられるでいいんじゃないですか」と開き直っていました。
++++

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/25314159

このページへのトラックバック一覧 進次郎議員が仕分けられた!?:

コメント

 事業仕分けの前の内閣委員会での小泉議員と蓮舫行政刷新担当相のやり取り、評価は分かれるようですが、私は小泉議員が負けた振りして、しっかり、イメージ的には勝っていると思いました。特に議論とは関係のない指差しの件なんかは、反論の材料が乏しいからでしょう。


 それよりも、蓮舫行政刷新担当相には事業仕分けがいかなる法的根拠に基づいているのかを説明していただきたかったですね。甲斐さん、根拠法が何かお分かりですか?私には良くわかりません。そもそも国家戦略室(局)の位置づけからして国家行政組織法上、いかなる位置にあるのかがわかりません。そして行政刷新会議のワーキンググループもその設置根拠法がなんという法律なのかがわかりません。日本は法治行政=法律による行政の原理、の国だからです。
 まず、内閣府設置法37条、国家行政組織法8条は審議会という範疇のものを定めているのですが、行政刷新会議は政策提言型の審議会なのですかねえ?内閣総理大臣が議長であるのに位置づけがあいまいです。明らかに電波監理審議会や運輸審議会などのような事案処理型の審議会ではないし、情報公開・個人情報保護審議会のような不服審査型の審議会でもありません。民主党の議員さんさえ事業仕分けの決定は法的な拘束力はないとおっしゃいます。
 
 一体こんな組織を作って、民主党の皆さんは何をやりたいのか?さらに、事業仕分け人ですが国会法39条では国会議員は任期中は首相・閣僚・副大臣・政務官などを除いては公務員を兼ねることはできないと規定されています。何人かの民主党議員が出てきて事業仕分けで発言されていますが、内閣行政各部の各種委員や顧問・参与に議員が就任する場合は衆参両院の議決の一致が必要なはず。
 私からすると蓮舫行政刷新担当相や枝野さんがやっていることは何?ということになるのです。内閣府設置法などの法的根拠のないところで議論の空中戦をやっていても、あれは行政機関を拘束するものではありません。行政刷新会議は厳密には行政機関?

 前座として小泉議員と蓮舫行政刷新担当相のやりとりはそれなりに見ものでしたが、参議院の予算委員会で森まさこ議員に絞られていたあとなので、仕分けの女王様が噴火しただけでしょう。


初めてコメント致します。今までの進次郎議員について書かれたものと明らかに論調が変わったような気がしたのですが…。

ネットでちゃんと二人のやり取りをご覧になられたでしょうか…

大筋としては進次郎議員の質問にレンホーさんが答えられずにはぐらかしていたにも関わらず、記者からコメントを求められると謙遜したのか、あるいは自己に厳しい評価をしたのかなという印象でした。

これまで他のメディアに比べて公平な視線で書かれていて素晴らしいと思っていましたので、残念でなりません。

圧力でもかかったということでしょうか…

甲斐さん
プチおひさぁ〜。(^○^)
久しぶりの政治ネタですねぇ〜。

ブログでは政治ネタを避けていたように感じたんだが、おいらの気のせいかなぁ〜。

仕分け、仕分けと騒いでいるのはマスコミ・テレビ局くらいなもんですよ。

おいらの回りの人達、仕分けの話題しないし。(笑)
大多数の国民は民主党の仕分け茶番劇に気がついて冷めた目でみているように感じるんだけどねぇ〜。

うーん、この質疑を見た多くのインターネットユーザーとは意見がズレてますね。
小泉さんの民主党の本質を突いた質疑に対して、レンホーさんは全てはぐらかしの逃げ答弁にしか感じませんでした。
自分の顔を保つ為の上から目線の答弁には誠意が感じられず、不快でさえありました。
いろんな委員会を見てますが、民主党の閣僚は全て話のすり替え、はぐらかし、開き直り答弁ばかりです。
一言で言えば政権を担当する能力が皆無だというのが実情でしょう。国の為には早急な衆院解散が望まれます。

あの質疑見て、レンホーさんに対する印象が変わりました。中身がない人ですね。残念です。

甲斐様、今晩は。

あれは開き直りには見えませんでした。
先輩という立場に敬意を払ったように見受けられました。
若いのに大人。
それから民主党の府会議員にまで「レンホウさんの負け」
と書かれてしまうなんてちょっと気の毒ですが、
下を読むと同情出来ませんね、レンホウさん。

《蓮舫氏、委員会の継続中に「このオヤジ!」と人を指さす》
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/1865338/

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.