ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 韓国で過ごした正月(2) | メイン | 110番できない携帯電話 »

2011年1月13日 (木)

菅首相夫人が講演

 菅直人首相(64)の伸子夫人(65)が12日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演しました。大勢の海外プレスで埋め尽くされた会場で、混迷する政権を統制しきれない夫に愛情を込めてゲキを飛ばしていらっしゃいました。

Img_3271

 歯に衣着せぬ話しぶりは、海外プレスの方々にも、受けがよかったようです。「私のことは、最初で最後の著書(あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの)を読んで頂ければ」と前置きして約1時間半の講演時間のほとんどが質疑応答になりました。

 伸子夫人は、菅さんが「消費税を含む税制や社会保障改革に強い意欲を示している」とした上で「(政策で)でき得ることをやってから玉砕するのは良いが、『支持率が悪いから辞める』というのはありえないと思う」と夫を厳しく叱咤しました。

 質問の中には「もう一度生まれ変わったら菅首相と結婚するか」なんていうのもありました。伸子夫人は「もう一度はしません。一回したのだから同じことをしても面白くないですから」と答えて笑いを誘っていました。

 妻としてのサポート態勢については「『あなたと家で口げんかするよりはまし』と言って国会に出かけさせることでしょうか」。伸子夫人いわく、菅首相は「攻めは強いが受けは弱い」。国会で糾弾されている夫を見て「もっとトレーニングが必要」と気丈におっしゃっていました。

 同じ日に開かれた両院議員総会では、昨年から続くまとまりのなさを露呈した民主党ですが、夫人のゲキを受けた菅首相はリーダーシップを発揮してくれるでしょうか。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/25749422

このページへのトラックバック一覧 菅首相夫人が講演:

コメント

 小生は管首相夫人のその歯に衣着せぬ物言いで中国の主席婦人のエイペックでのお買い物というよりウインドウショッピングを皮肉って欲しかったですね。

 税制と社会保障の改革~日本にとって最重要課題でしょう。しかし、その集中的検討を何たら諮問会議を作っておやりになるのにまたもやお身内同然の人たちばかりを召集する。これではご自分に都合のいい意見ばかりで問題解決にはならないのではと思います。管首相はお宅で奥様と会議ばかりやっておられるのでしょうか?もしその論理トレーニングが言い分けのトレーニングなら意味がありません。何より会議病は組織体を駄目にします。国会での質疑応答や演説を拝聴しても専門用語やら新語やらは連発されていますが、具体性や数値目標がありません。新政策をやるとおっしゃられるが漠然としすぎています。たとえば男女共同参画なんたらには地方を含め異常な予算をつけているようですが、どういう効果があるのかはまるでわかりません。TPPも同様です。だから、心に響かない。私は管政権の最大の弱点はこのリアリテイーのなさだと思います。40代、30代以下の世代には奥様を含めて受けが相当悪いです。エジプトが無政府状態になっても霧島連山が噴火しても、雪が降って道路が使えなくなっても、管内閣の閣僚は即応してくれません。前にも書きましたが政治家は予測し得ない緊急時こそ、その人間性や人生哲学が出てきます。


美濃部都政の国政大型版みたいな終わり方をして欲しくないです。後始末が大変ですから。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.