ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

震災で内定を取り消された方へ。

 東日本大震災の影響で、新卒者の内定が取り消されてしまう事例が相次いでいるようです。特に多いのは、企業も大損害を被った宮城や岩手。被災地のハローワークには、内定を取り消された学生さんが相談に訪れるケースが増加。企業にも個々の事情はあるにしても、何の責任もない学生さんたちもたまったものではないでしょう。 そこでお知らせをさせて頂きます。

続きを読む »

2011年3月29日 (火)

風評に悩まされる福島の農業

  福島市鎌田で、キュウリ農園を営む梅宮照彦さん(52)は出荷前のきゅうりを眺めながらため息をもらしていました。「原発なんて全く身近ではなかったのに…。これは防ぎようがない」。

 きゅうりは、政府が指示したホウレンソウなどの摂取制限の11品目に含まれてはいません。ですが、出荷しようにも「福島産」というだけで買い手がつかない状態になりつつあります。1日平均150を出荷して来ましたが、今やすべてが捨て値同然となってしまっています。

Img_39091

続きを読む »

2011年3月28日 (月)

被災地・相馬市の現状

 とにかく人影がありません。車で山形県から国道113号線沿いに相馬市に入りました。市内に入っても、車はたまにすれ違うものの、歩いている人はまったくといっていいほど見かけませんでした。事故を起こした福島第一原発からは約40キロ圏内。行政からの避難指示は出ていないが、県外へ避難する人が続出しています。

Img_3858

続きを読む »

2011年3月25日 (金)

再開した被災地の魚市場(塩釜市)

被災地・塩釜市の水産仲卸市場は22日から再開しました。朝6時から約140店舗のうち半分が営業を開始。約5000平方メートルの広い売り場が、にわかに活気づきました。マグロ専門の水上商店の店主、水上晃一さん(53)は原価1万6000円の大トロを5000円で売っていました。ご主人は「スーパーにも魚が並び始めたが、高すぎる。亡くなられたお得意さんもいるけど、生き残った人に少しでも喜んで欲しい」と話していました。

 写真はマグロ専門の小島商店です。

Img_38911_3

続きを読む »

2011年3月24日 (木)

原発事故からの避難所(山形)

 福島の原発事故以降、避難者が殺到している山形総合スポーツセンターでは、20代の妊婦さんが、静かに寝息を立てていました。横で寄り添っていた32歳の会社員の夫は「いつ生まれてもおかしくない状態。とにかく嫁さんをここまで連れてくることが一番大事でした」と南相馬市から避難して来るまでの経緯を話してくれました。

Img_3831_2

続きを読む »

2011年3月23日 (水)

被災者を癒やす温泉

 津波にのみ込まれ、100人以上の犠牲者が出た名取市の会社員、森清和さん(26)は、山形県の天童温泉で、震災以来初めてのお湯につかっていました。家族は全員無事でしたが、仙台空港の近くにあった自宅は、津波で流されてしまったそうです。「警報を聞いて家の車で必死に逃げました。20分遅かったら、ここにいなかったでしょうね」と露天の湯船で身を暖めながら恐怖体験を振り返りました。

 ご本人からご自身が無事であることを広めて欲しいとのご意向があったので、お名前も入れさせて頂きました。

 Img_3826_2

 

続きを読む »

2011年3月22日 (火)

元日本代表の柳沢が慰問

  約300人の遺体が発見された仙台市若林区。中でも壊滅的な被害を被った三本塚は、がれきまみれの沼と化した田んぼの中に、なぎ倒された松の大木が散らばっています。

 1100ヘクタール以上ある水田は、宮城でも知られる良質な米どころ。完全に海水に浸った田んぼをながめた農家Img_3880_3 の70代の男性に聞くと「5、6年かけたって元には戻らねえだろうなあ」と力なくつぶやきました。

続きを読む »

2011年3月20日 (日)

被災地・仙台のホテル事情

仙台市内のホテルは、11日の震災以降、ほとんどが営業を中止した状態が続いています。。高級、ビジネス問わず、入口には「震災のため」と張り紙が貼られ、閉ざされた状態。建物自体は無事でも、ボイラー設備の故障、重油不足などが主な理由のようです。

 それでも11日以降も、ごくわずかだが、営業を強行し続けているホテルもあります。市内に11店舗をもつグリーン・チェーンや、4店舗ある東横インなどです。

続きを読む »

2011年3月19日 (土)

仙台市のガソリン事情

 仙台市では、食糧は根気よく並べば買うことはできるようになりました。しかし、燃料は数時間並んでも手に入らない場合は少なくありません。

 仙台市近郊にある出光興産塩釜油槽所が17日から供給を再開しましたが、市内のガソリンスタンドへすぐに配送されるというわけではありませんでした。

 Img_3795_3

続きを読む »

2011年3月18日 (金)

被災地(塩釜市)

 マグロの水揚げ高で日本屈指の水産都市、塩釜市の状態です。

 Img_3780

続きを読む »

甲斐毅彦

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.