ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2011年5月 | メイン | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

熱中症にご注意を

 都内ホテルで開かれた東電の株主総会取材に行ってきました。

 史上最長の6時間超えとなったわけですが、その間、ホテルの外で待機してお帰りになる株主の方々に中での様子をお聞きしていたのですが、軽い熱中症になってしまったようです。

 顔がほてって、頭が少し痛くなってきたので、コンビニで1リットルのスポーツドリンクをがぶ飲みにして応急処置をとりました。夜になってだいぶ落ち着きましたが、油断はできませんね。

 節電が迫られている影響か、今年は熱中症で病院に運ばれる方が昨年よりもケタ違いに多いようです。このまま影響が大きくなれば原発事故の「二次災害」と言われるようになりかねません。

 水分補給は忘れずに。暑いときはやせ我慢節電は控えるべきでしょうね。

Img_5966

2011年6月28日 (火)

節電大発明?

発明家のドクター・中松さんが27日に開かれた83歳の誕生パーティーで、節電の夏に向けて新開発した超節電エアコンを発表しました。消費電力はなんと既製品の100分の1。3平方センチで重さ4・6グラムという手のひらサイズで胸のポケットにも入ります。

その名も「ECON(イーコン」。通常のエアコンだと6畳の部屋を冷やすのに400ワット必要ですが、ECONなら4ワットで十分だそうです。

Img_59451_5

続きを読む »

2011年6月25日 (土)

遊牧民の「テーマパーク」

 ウランバートル市の西約45キロにある「モンゴル ノマディック」で馬に乗ってみました。

 今月オープンしたばかりの新しい施設。近代化以前の遊牧民の生活を再現しています。

 ジャンル的には「日光江戸村」などと同じようなテーマパークになると思いますが、広大な草原は本物ですから「テーマパーク」と呼ぶのも少し違和感がありますね。

 

Img_5549_2

2011年6月24日 (金)

ホスタイ国立公園

 モンゴルの首都ウランバートル市の南西約95キロにある国立公園。野生の馬「タヒ」が生息しています。

 夜の10時すぎに日が落ちると満点の星空です。北斗七星がくっきり見えて、人工衛星や流れ星が夜空に飛び交います。

 Img_5572

2011年6月23日 (木)

フブスグル湖

 モンゴル北部にあるフブスグル湖です。近くの小さな山の頂付近から撮影しました。

Img_57251

2011年6月20日 (月)

モンゴルに来ています。

 18日からモンゴルに来ています。

19日に首都ウランバートル市から西へ90キロ離れたホスタイ国立公園というところに泊まりましたが、携帯電話もPCも全くつながらない状態でした。

先ほど一時的にウランバートル市に戻り、これからフブスグル湖というロシア国境にある湖へ飛行機で移動します。

通信環境が極めて悪いので、後日まとめて報告するようにするつもりでおります!

Img_5494_3

2011年6月17日 (金)

緑のカーテンの敵

  節電のため「緑のカーテン」を作ろうと思って6月3日に購入したゴーヤの苗が伸びてきて、やっと蔓(つる)がネットにからみ出しました。

 ゴーヤが成るのが楽しみですが、難点は虫が発生することのようです。虫対策も考えねばなりませんね。

 Img_5452

2011年6月16日 (木)

スカイツリーの巨大地下空間

 東京スカイツリーに併設されたビルの巨大な地下空間が16日、報道陣に公開され、私も行って参りました。地下20メートルにあるのは、冷暖房を管理する省エネシステムです。

Img_5429

 こちらは深さ16メートルの巨大地下貯水槽です。

 

続きを読む »

2011年6月15日 (水)

スカイツリーを照らし出す照明器具

  東京スカイツリーのライトアップに使われる照明器具が15日、東京・有明のパナソニックセンターで公開されました。

 合計1995台、6種類のLED(発光ダイオード)照明器具は、すべてパナソニック電工が開発。100パーセントLEDでの省エネライティングとなります。

 頂点のゲイン塔用の照明器具に照らされて登場したのは、ソラカラちゃん。光漏れを遮断した設計になっているそうで、ご覧の通り、影がくっきりと浮かび上がりました。

 Img_5406

続きを読む »

2011年6月14日 (火)

自民党・谷垣総裁夫人の訃報

 自民党・谷垣禎一総裁のご夫人がお亡くなりになられたニュースに驚きました。

 ちょうど昨年の今頃、ご夫人にインタビューをお願いしてお断りされたことがあったのですが、実はあの頃からお体を悪くされていたのだろうな、と今になって気づきました。

 学生時代には一緒に法曹を目指されていたとのことで、仲の良いご夫婦とお聞きしておりました。それだけにお話をうかがってみたいと思っておりました。政権奪回を見届けることができなかったのは、さぞ無念だったことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

甲斐毅彦

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.