ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 節電大発明? | メイン | 「韓国は一個の哲学である」 »

2011年6月29日 (水)

熱中症にご注意を

 都内ホテルで開かれた東電の株主総会取材に行ってきました。

 史上最長の6時間超えとなったわけですが、その間、ホテルの外で待機してお帰りになる株主の方々に中での様子をお聞きしていたのですが、軽い熱中症になってしまったようです。

 顔がほてって、頭が少し痛くなってきたので、コンビニで1リットルのスポーツドリンクをがぶ飲みにして応急処置をとりました。夜になってだいぶ落ち着きましたが、油断はできませんね。

 節電が迫られている影響か、今年は熱中症で病院に運ばれる方が昨年よりもケタ違いに多いようです。このまま影響が大きくなれば原発事故の「二次災害」と言われるようになりかねません。

 水分補給は忘れずに。暑いときはやせ我慢節電は控えるべきでしょうね。

Img_5966

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/26702296

このページへのトラックバック一覧 熱中症にご注意を:

コメント

 テーミスの秤さん、ありがとうございます。今夏は私も保冷剤に頼ろうと思っています。最近は薬局でいろんなものを売っていますね。保冷剤は太股などの血管が太い部位に貼り付けると、冷たい血液が体に循環するので効果的だそうですよ。私も試してみようと思っています。

 甲斐さん、ご無事のご帰還何よりです。ところで暑い!おまけに節電で仕事がはかどらないっすね!今年は6月のこの時点で、真夏日が多いですね。気象庁が発表している気温(たとえば36度)は芝生の上で計測されたものらしいので、実際はアスファルトの上を歩くサラリーマン諸兄はそれより5度は高い(40度)ところを歩いているのだそうです。
 数年前に、ベスト(今はこの言い方はしないそうですね?)にアイスノンのような保冷材を背中にいれるというアイデア商品が売りに出されていたと記憶してるのですが。その後どこで販売されいるのか調べたのですがわかりませんでした。どちらかというと外で仕事をしている人向きのものですが、ワイシャツにも保冷材を装着してくれませんかね。難点は解けてくると背中が汗と水分でぬれてしまうくらいですか?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.