ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« スカイツリーを照らし出す照明器具 | メイン | 緑のカーテンの敵 »

2011年6月16日 (木)

スカイツリーの巨大地下空間

 東京スカイツリーに併設されたビルの巨大な地下空間が16日、報道陣に公開され、私も行って参りました。地下20メートルにあるのは、冷暖房を管理する省エネシステムです。

Img_5429

 こちらは深さ16メートルの巨大地下貯水槽です。

 

 この貯水槽は容量約7000トン。夜間電力で稼動させ、夏は5度、冬は48度の水温にして施設内を循環させて、日中の空調に利用します。これにより電力ピーク時の電力消費量を4~5割削減できるそうです。

 7000トンは25メートルのプール17杯分。大規模災害のときには生活用水、消防用水として墨田区や消防庁に提供することになっています。

 Img_5424  

もう一つは地中熱利用システムです。

 地中温度は外気温よりも、夏は低く、冬は高い。

 この性質を利用して、エネルギー消費効率を向上させるシステムです。私は最初、地熱発電のことかと思ったのですが、全く違うようですね。

 地中に埋め込んだ熱交換用チューブ(高密度ポリエチレン)内に水を循環させ、地中熱と熱交換を行うことで、冷暖房の効率を上げます。

 大気に熱を放出させないシステムなので、ヒートアイランド(都市部の気温が上昇する現象)を抑制する効果もある。

 すでに大学やオフィスビルなどでは導入されているそうですが、スカイツリークラスの巨大建造物で取り入れられるのは初めてです。

 メディア向け見学会を主催した東武エネルギーマネジメントの話では、夜間電力と地中熱利用の併用により、約4割の消費電力が削減できるのだそうです。

 まったくおまけですが、取材の帰り道に浅草の「花やしき」の前を通りました。小学生の頃行った覚えがありますが、周囲が整然としていて驚きました。

 Img_5448

 

 スカイツリーを見上げて首が疲れた後、このゆる~い乗り物を見たら、心がホッとしました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/26642536

このページへのトラックバック一覧 スカイツリーの巨大地下空間:

コメント

 私も「花やしき」で国内最古のローラーコースターに乗って「違う恐怖感」を味わおうと思ったのですが、さすがに男一人で乗る気にはなれず、やめておきました(笑)

興味深いレポート、ありがとうございます。
スカイツリーが新技術を多用していることには改めて驚かされます。東日本大震災の最中、壊れていないのだからすごいですよ。
スカイツリーと中央リニア新幹線が日本の再起動の象徴になるでしょう。
新技術とはおそらく対極にある「花やしき」を持ってこられるあたり、甲斐さんのペンは絶妙の味ですよ。ただ「花やしき」のジェットコースター、あれはのどかでいいですが、違う意味で恐怖を感じるときがあります。ギシギシというあの金属疲労です。私は勤続疲労といわれそうですが?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.