ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« ホスタイ国立公園 | メイン | 節電大発明? »

2011年6月25日 (土)

遊牧民の「テーマパーク」

 ウランバートル市の西約45キロにある「モンゴル ノマディック」で馬に乗ってみました。

 今月オープンしたばかりの新しい施設。近代化以前の遊牧民の生活を再現しています。

 ジャンル的には「日光江戸村」などと同じようなテーマパークになると思いますが、広大な草原は本物ですから「テーマパーク」と呼ぶのも少し違和感がありますね。

 

Img_5549_2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/26683488

このページへのトラックバック一覧 遊牧民の「テーマパーク」:

コメント

 テーミスの秤さん、レスが遅くなり申し訳ないです。

 テントのような移動式住居ゲルで寝泊りしました。キャンプ場のゲルは時間限定で電気がつきます。本当の遊牧民のゲルはカンテラなどを使用しているようです。モンゴルは原子力発電がなくても機能しています。

のどかで、いいですね。
近代化以前の遊牧民の生活がテーマですか?~そのまま自然公園じゃないかって思います。モンゴルの皆さんのおおらかさが出ていますね。夜の証明などはどうされているんでしょうか?後ろのテントのようなところが、気になります。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.