ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

ハイビスカスが香るリキュール

 先日、都内のタイ料理店で飲んだ「シャン」というリキュールが大変気に入りました。

 ハイビスカスとココナッツをミックスしたアロマの香が楽しめ、癒されます。南国リゾート地に来たような気分に浸れます。

Img_6782

続きを読む »

野田氏の物真似は難易度A?

社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」が民主党新代表決定を受けて29日、都内で緊急記者会見を行いました。

 投票結果は想定外だった模様で、ニセ野田佳彦新代表(福本ヒデ)は、ぎこちなく登場。前日までは海江田万里氏になりきっていたので、野田氏役の練習時間は2時間だけだったとか。低音美声を心掛けていましたが、キャラを引き出せませんでした。

 安倍晋三、麻生太郎、鳩山由紀夫と歴代首相を演じてきたニセ野田氏は「私がやった首相はすべて1年以内。今回も確実に短命です」と断言。ニセ菅直人首相(松下アキラ)は「私もスッカラ菅とか言われたが、すぐに『国民の答えはノーだ(野田)』とか言われますよ」とすねながら引き継ぎました。ニセ野田首相がやっと馴染んだ頃にはもう退陣、なんてことになりませんように。

Img_68071

 左から小沢氏、菅首相、野田新代表、前原氏、蓮舫氏に扮したメンバーの皆さん。写真でもお分かりだと思いますが、前原氏の完成度は高かったです。演じてらっしゃっる土谷ひろしさんも不発に終わって残念そうでした。

2011年8月29日 (月)

野田氏の逆転勝利

 決選投票では反小沢票が野田氏に流れての逆転勝利でしたね。

 馬淵、鹿野両氏には、やはり代価として大臣ポストが用意されるのでしょうか。国民的知名度が低い方が首相になることは、あまり好ましいとは思いませんが、個人的には投開票前の野田氏の演説には心に響くものがありました。金魚は美味しくないけど、ドジョウは美味しいですし、精がつきますよ。味のある精力的なリーダーを目指して、今度こそ長く務めていただきたいですね。時代小説では、私も藤沢周平の作品が好きです。

 特に応援していたわけではないですが、海江田氏は私の母校、都立鷺宮高校出身の数少ない有名人です。幸か不幸か、鷺高初の総理大臣は、誕生しませんでした。母校に問い合わせてみたら、来年は創立100周年で式典が催されるので、海江田氏を招待する計画もあるようです。

2011年8月23日 (火)

藤子・F・不二雄ミュージアム

 故・藤子・F・不二雄さんが生み出した漫画の世界を楽しめる「藤子・F・不二雄ミュージアム」(川崎市)が完成し、報道陣に公開されました。藤子さんは1996年に亡くなるまで川崎市にお住まいでした。

 オープンはドラえもんの誕生日の9月3日です。ドラえもんは2112年生まれだから来年は生誕前100周年になるんですね。

Img_6721_2


続きを読む »

2011年8月19日 (金)

「吉村昭が伝えたかったこと」

空いた時間を使って文藝春秋9月臨時増刊「吉村昭が伝えたかったこと」を読んでいます。

 吉村昭について改めて思うことは、作品テーマの幅広さはもちろん、その一つ一つに埋もれていた事実を掘り起こすという深さがあることです。

 足を使って現場へ行き、資料・文献にあたるときは古文書までひもとき、語られていない事実を掘り起こす。記録文学の醍醐味を感じさせられます。

 大学山岳部時代に、黒部第三発電所の壮絶な工事を描いた「高熱隧道」を読んで感動して以来、いくつかの作品を読み、今年は「三陸海岸大津波」を読み返して感銘を受けました。

Dsc_0216

2011年8月16日 (火)

暴走してしまった「まんべくん」

北海道長万部町のゆるキャラ「まんべくん」のツイッターが、太​平洋戦争にまつわる発言などに対して寄せられた苦情により閉鎖と​なりました。書き込んでいたのは商標権を持つ同町の職員ではなく​、委託されていた運営会社の29歳の男性社長でした。

  昨年10月にツイッターを開始して以降、毒舌を吐くゆるキャ​ラとして話題になり、男性も「町起こし」につながると思っていた​ようです。しかし、キャラクターのイメージとかけ離れた発言を連​発するようでは暴走と言わざるを得ません。やるのならば「まんべくん」に語らせるのではなく、ご自身のツイッターやブログでおやりになればいい。

 町長はHPで謝罪していますが、商標権を持っていながらも委​託した男性を野放しにしていた同町にも責任があるでしょうね。ゆるキャラ暴走​が話題になるという曲がった形ででも「町起こし」につながると目​論んでいたのだとすれば、寂しい話です。

 「まんべくん」のツイッター、閉鎖が発表された後は、拍車をかけるようにフォロワーが増えていますね。

2011年8月15日 (月)

終戦の日

 8・15を迎えるにあたり「真の独立への道」(マハトマ・​ガンジー、岩波文庫)を読みました。非暴力・非服従主義でイギリス植民地支​配からの独立を勝ち取った指導者の主著です。

  ガンジーが偉大だと思う点は日英同盟を結び、日露戦争を制し​て、西欧化して侵略戦争に突き進んだ日本帝国主義の過ちを当時、​すでに見抜いていたという点です。

 価値観が違う者同士が、どうすれば融和できるか。これから中国​をはじめとするアジア諸国が台頭する中で「憲法9条」を持つ日本​が歩むべき道をガンジーは示しているように私は思います。

51cbcmb1zhl_sl500_aa300_1

2011年8月13日 (土)

本当に旨いイタリアン(カジキ鮪の香草焼き)

 先日、この世で一番うまいと信じている吉祥寺のイタリアンに行ってきました。

 こちらは「カジキ鮪の香草焼き」。中を開くと松の実、レーズン、アンチョビ、ケッパー、レモン、ローリエ(月桂樹)が散りばめられており、芳醇な味わいです。

Dsc_0174

 これはメーン(second piatto)ではなくて、前菜(Antipasto)なんです。

続きを読む »

2011年8月10日 (水)

韓国の旅(江華島)

 韓国の首都、ソウルの北西約50キロにある江華島へ行ってきました。中心部から車で約1時間20分。

 1875年(明治8年)に日本と朝鮮の間で起こった武力衝突事件の舞台として知られていますが、現在はソウル近郊ののどかな観光地です。

Img_6607

 海岸では、家族連れの方々が潮干狩りを楽しんでいました。千葉の木更津にでも来たような錯覚に陥りました。

続きを読む »

2011年8月 7日 (日)

「日本中枢の崩壊」

 ベストセラーになっている経済産業現役幹部、古賀茂明氏の「日本​中枢の崩壊」(講談社)を読みました。日本を株式会社に置き換え​れば、とっくに会社更生法適用の対象となっている恐るべき現実が​、克明に記されています。

51dlnobniyl_ss400_1


続きを読む »

甲斐毅彦

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.