ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 「民主の敵」 | メイン | 清水GKコーチ、真田さんの急死 »

2011年9月 6日 (火)

「オヤジ狩り」のうちに入らないと思います。

タバコ増税に対して、野田新首相は首相就任前に「オヤジ狩りはいかがなものか」と発言しています。

 しかし、狩る、狩らないというよりも、世の中でどこかの層を切り捨てなくてはいけない状況になったら、真っ先に切り捨てられても仕方がないのが「オヤジ」ではないでしょうか。

 例えば船が沈没して、救命ボートに乗せられるのはあと2人という状況。小さい子と女性とオヤジの3人が溺れていたら、そのオヤジには申し訳ないけど子どもと女性に助かってもらうしかないと思います。私も「オヤジ」の範疇に入るとしたら、もちろん例外ではないと思っています。

 それにしても、小宮山厚労相が発言したようにタバコは一箱700円ぐらいしても良いと個人的には思います。ノルウェーは1400円ぐらい、ドイツは700円ぐらいだそうですし、それが世界標準になっていくでしょう。総理になられたのを機に、新首相にも煙草をお辞めいただきたいと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/27043771

このページへのトラックバック一覧 「オヤジ狩り」のうちに入らないと思います。:

コメント

TASPOでは?

 テーミスの秤さん、ありがとうございます。

 ガム税というのは面白いアイディアですね。私は煙草は全く吸いませんし、ガムをかむのは長時間車を運転する時以外にはかみません。口の中でクチャクチャする行為が、私は昔からあまり好きではありません。

 禁煙される方は代替品としてガムをかむことがあるそうですが、ガムにも税金を課せられたら嘆く方も出てきそうですね。しかし、嗜好品ですし、課税の対象として考えてもよいと私も思います。

甲斐さんのご意見に基本的には賛成なんですが、タバコ増税政策は基本的に愛煙家の健康問題を置き去りにしていると思います。
タバコの値段のかなりの部分は地方税と国税になります。
最近ではがんとの因果関係もかなりはっきりしてきているのに、そのままこの商品をJTは売っています。JTはTAPOSとかいうカードを作っています。未成年者のタバコ問題を解決するために、このカードで販売規制をかけました。私はタバコの販売価格の3~5%は愛煙家のがん保険料に拠出したらいいのではと思います。TAPOSカードで愛煙家の情報を集めているのですから、それぐらいできるでしょう。製造物責任のひとつとしてJTおよび国にその責任があると思います。最近ではがんだけではなくて肺気腫という病気もたばこの因果関係が言われています。タバコの値段を上げるというのであれば、まず愛煙家の健康問題~がん保険は次善策でしかありませんが~をクリアーしてからでしょう。健康に影響がある商品を国が税の財源確保のために1世紀以上やってきた事実を考えれば、当然です。

税の財源を考えるというのであれば、与謝野さんが言われていた携帯電話税とかパチンコ税もありうるでしょう。私はガム税~たいした財源にはならないですが~もありうると思います。不法に遺棄されたガムの駅の公衆トイレや階段での除去作業。公道での清掃。莫大な公的経費がかかっているはずです。嗜好品の中で他社の迷惑ということを考えるとタバコの次はガムもありかなといつも思います。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.