ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« 2012年2月 | メイン | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

韓国の食を楽しむ

  所用で先日、韓国に行って来ました。

 行く度に楽しみなのは、やはり食事ですね。これでもかというほどの量が出てきますし、大きく外さない限りは、だいたいどこの店で食べても美味しい。韓国から帰国して東京で外食すると、どうしても出てくるものがみみっちく感じてしまうのですが、これは食文化の違いですから仕方ないですね。

 これは鐘路3街で食べたカムジャタン。じゃがいもと豚骨の鍋です。

Dsc_1321

続きを読む »

2012年3月27日 (火)

東京ソラマチ

 東京スカイツリー(5月22日開業)に併設する商業施設「東京ソラマチ」の概要が26日に発表されました。1000件以上の応募があった店舗数は都内最大級の312店舗で、店舗面積は東京ドームより約1割大きい約5万2000平方m。ツリーと同時オープンするソラマチでは限定商品が続々発売されます。

2

 これはベーカリー店ポンパドウルのツリー型バゲット。634メートルにちなんで63・4センチです。

続きを読む »

2012年3月21日 (水)

映画「311」

 オーディトリウム渋谷で公開中のドキュメンタリー映画「311」を観て来ました。オウム真理教を追った「A」「A2」などのドキュメンタリー作品で知られる森達也さんら4人が、一台の車で乗り込んだ東日本大震災の被災地。その惨状を映すと同時に取材者である彼ら4人が、被写体にもなっています。

http://docs311.jp/

Dsc_1288

続きを読む »

2012年3月20日 (火)

鰆(さわら)

 春分の日の東京は小春日和でした。

 私は、鰆の味噌漬け焼きを頂きました。

 魚へんに春と書いて「さわら」。旬というよりも、春先に産卵のために沿岸へやってくるため「春を告げる魚」という意味合いがあるそうです。

Dsc_1281

2012年3月19日 (月)

すみだ水族館

 5月22日開業予定の東京スカイツリーと同時にオープンする「すみだ水族館」の施設概要などが記者発表会が19日、発表されました。

 「東京」にこだわった館内には400種類1万点の生き物を展示。世界自然遺産の小笠原諸島の海を再現した「東京大水槽」を設置し、ほかにも東京湾や伊豆・小笠原諸島の固有種の生き物を過去最大規模で紹介するそうです。楽しみですね。

Img_9706

続きを読む »

2012年3月15日 (木)

市橋被告の控訴審

今日は市橋達也被告の控訴審(東京高裁)を傍聴して来ました。

前髪は目が隠れるほど伸ばし、終始うなだれたまま。涙声を震わせながら被害者家族に謝罪していました。

  一審では無期懲役。控訴したのは殺意を否定するためですが、遺族の感情を逆撫でしたようです。法廷での市橋の振る舞いを見ていた私の目には深く反省しているように見えましたが、遺族はそうは捉えていません。

両親や姉妹は出廷しませんでしたが、寄せられた意見書には激しい怒りが込められていました。

2012年3月14日 (水)

読者から頂いたお手紙

 スポーツ報知では、東日本大震災から1年となった3月11日、読者の方々からお寄せいただいた「伝えたいこと」を掲載させて頂きました。たくさんのお手紙を頂いた中で、私は茨城県土浦市からお寄せ頂いた主婦、宮下千暁さん(37)とお会いしてきました。

 福島県南相馬市の実家で祖母と2人で暮らしていた看護師の母・高橋英子さん(享年53)を亡くしました。遺体も見つからぬまま、昨年9月にお葬式をした悲しみはまだ癒えません。口ごたえばかりしてしまった後悔、亡くして気づいた母への感謝の気持ちを天国に届けたい。手紙をしたためたのは、その一心でした。

Img_9570

続きを読む »

2012年3月12日 (月)

自分に出来ることを背負う。

 3月11日付の紙面で、各界の著名人に書いていただいた被災地への「一文字メッセージ」を掲載しました。私がお願いしたのは登山家の野口健さんでした。書いていただいたのは「背」の文字。この文字を選んでいただいた理由を紙面で紹介できなかったので、野口さんから頂いたコメントを以下、紹介させて頂きます。

 「私には私にできることがある。みんなにもみんなにできることがある。日本中の人々が、それぞれ何か一つ、自分にできることを背負っていけば、時間はかかるかもしれないが必ず立ち直ると私は信じている」

Dsc_1212

2012年3月11日 (日)

震災から1年。

 あれからもう1年たったというのが本当に信じられない気持ちです。

 私は1770人の死者行方不明者が出た南相馬市で被災された方のお話をうかがっています。

 1年前、荒れ狂った津波で尊い命を奪った南相馬の海は、冬の厳しさを残していました。

Dsc_1233

2012年3月 8日 (木)

「私が吉本に入った本当の理由」

昨年吉本興業入りした前神奈川知事の松沢成文氏(53)が8日、新刊著書「私が吉本に入った本当の理由」(毎日ワンズ、1470円)の出版会見を行いました。

 本の中では吉本入りの狙いがタレント転身ではなく、若手芸人との連携で目指す地域活性化であることが説かれていて、昨年の東京都知事選を巡る石原慎太郎都知事とのドタバタ劇の真相もつづっています。

Img_9533

続きを読む »

甲斐毅彦

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.