ブログ報知

スポーツ報知ブログ一覧

« ダイバーシティー東京プラザ | メイン | 「スカイツリー特別号」 »

2012年4月22日 (日)

明治時代の東京スカイツリー

東京スカイツリー開業1か月前となった22日、公式キャラクターのソラカラちゃんが、江戸東京博物館(墨田区)を初訪問しました。開催中の特別展「ザ・タワー~都市と塔のものがたり~」のキャラバン隊キャラクターとイベントで共演。終了後は常設展示室にある凌雲閣(高さ52m、12階建て)の10分の1模型と初遭遇しました。

 凌雲閣は明治後期の1890年に浅草に造られて、1923年の関東大震災で倒壊。8階までレンガ造りで、上部は木造でした。本邦初のエレベーターを備えたのもこの建物だったそうです。「明治の東京スカイツリー」だったわけですね。

Img_9902

 ちなみにこの「ザ・タワー展」は、けっこうお薦めです。

 バベルの塔からパリのエッフェル塔、浅草の凌雲閣、大阪の通天閣、東京タワー、そしてスカイツリーまで人類とタワーの歴史を貴重な展示品、資料を見ながら勉強することができます。

 江戸東京博物館での展示は5月6日まで。

 スカイツリー開業の前に人類とタワーの歴史を予習すると楽しさは倍増するかもしれませんね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/235990/28965181

このページへのトラックバック一覧 明治時代の東京スカイツリー:

コメント

 甲斐さん、パパさん族におすすめのいい企画ですね。ゴールデンウイーク、国内旅行は込んでいていやだという方にはまさにお勧めですね。お子さんたちにはゲームセンターよりもこういうところに行って頂きたい。パパさんたちもパチンコに車で行くのはやめて、休日くらい、お子さんを連れて博物館に散歩に行きましょう!

 松本様、ご指摘ありがとうございました。訂正しておきました。お恥ずかしい誤字でした。

奔放初のエレベーターを備えたのもこの建物だったそうです。「明治の東京スカイツリー」・・・・・・

失礼ですが「本邦初のエレベーター・・・」ではありませんか?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

甲斐毅彦

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます。Copyright © The Hochi Shimbun.